サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog

クスクスはいかが?(Veux-tu du couscous ?)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。
明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

さて、すでにお気づきの方も多いでしょうが、私は料理が下手です。極端に下手です。常軌を逸して、下手です。もしも料理の下手さを競う全日本選手権があったら、私が優勝するのではないかと、密かに思っているほどですw。
たとえば、普通に料理の下手な人は、包丁を使うと指を切りますが、私は耳や鼻を切りますww。子供のころ読んだマンガには塩と砂糖を間違えるギャグがよく出てきましたが、私は味噌とミルクを間違えます(共に「ミ」で始まるからかもしれませんwww)。舌が鈍感なことも人間離れしていて、グレープジュースのつもりでガブガブ飲んでいたら、実は醤油だった、などということもありましたwwww。
・・・・・・と言うのは、もちろん全て真っ赤なウソですが、まあ、そのくらい私は料理については何も知らないと思ってください。
そんな私でも、料理はします。低額所得者(économiquement faible=経済的弱者)なので、外食をするお金がないからです。で、最近、私が凝っているのが、今回のテーマ、「クスクス(couscous)」なのでした。
※      ※      ※
念のため簡単に記しておけば、クスクスは小麦粉から作られた粒状のパスタに、肉と野菜を煮込んだスープ(bouillon)を付け合わせたもので、もともとはモロッコ、アルジェリアなどのマグレブ(Maghreb)諸国の料理です。ウィキペディア・フランス語ヴァージョンによれば、ラブレー(François Rabelais)の『パンタグリュエル』(1532年)にも出てくるそうですが、一般のフランス人に知られるようになったのは20世紀以降のこと。フランスがその地域を植民地にしていた関係で、移民たちやアルジェリア独立後の帰国者たち(pieds-noirs)を介して、広まったそうです。
クスクス
以前も紹介したサイト(https://www.smartbox.com/blog/plats-preferes-des-francais/)によると、クスクスは2017年の調査で、フランス人の好きな料理第三位にランクする人気料理です。20年くらい前に見た同様のランキングでも三位でしたから、クスクスの人気は一時の流行ではなく、フランスの食文化に根付いたものなのでしょう。
私がクスクスに凝り出した切っ掛けは、最近、近所のモロッコ料理店(restaurant marocain)に2回行ったところ、2回とも閉まっていたこと。「それなら自分で作るか」と思いたった次第です。
まず、三茶キャロット・タワーのKALDI(カルディ)でクスクス粒をゲットします(500グラムで400円ぐらい)。次に、クックパッドとmarmiton(https://www.marmiton.org/)でレシピ(recette)を研究しましたが、調味料の名前等、よくわからない上に、手間が掛かりそうなので、ザックリと自己流で作ることを決意。要するに、カレーを作る要領で肉と野菜を煮込んで、スープに味をつければいいんだろ、と。
初回は、西友の「皆さまのお墨付き/18種類の野菜ジュース(低塩)」と固形のコンソメで、ラタトゥイユ(ratatouille)風に作ってみましたが、かなりイケます。次に、コンソメと塩・コショウで味付けすると、これもウマイ。三度目は、味の素の「鍋キューブ/鶏だし・うま塩」を試してみると、これもイイ。「アリッサ(ハリッサ/harissa)」(←これもKALDIで売ってました)という唐辛子のペーストを加えると、さらに美味しさが引き立ちます。
クスクスは、いろいろな具材、いろいろな味付けで食べられますから、連日食べても飽きません。私でも作れるくらいですから、簡単です。皆さまも試してみたらいかがでしょう。

-blog

執筆者:

関連記事

私のウサギちゃん

私のかわいいウサギさん(mon petit lapin)

大学1年の冬だったように記憶しているのですが、アーネスト・ヘミングウェイ(註)の『誰がために鐘は鳴る』を読みました。スペイン内戦(1936~1939)を舞台に、義勇兵として参戦したアメリカ人の青年ロバ …

トリュフ

トリュフを食べたことはありますか?(Vous avez mangé de la truffe ?)

こんにちは。バゲットです。 「恵まれない階層(classe défavorisée)」に属する(?)多くの男性がそうであるように、私は料理のことはほとんど何も知りません。 ところがこのことには意外なメ …

自分の桃を割る

自分の桃を割る(se fendre la pêche)

こんにちは。バゲットです。 今回も「桃」のお話です。クレープについて二回連続で書き、桃についても二回連続なので、クレープも桃も嫌いな方(←もしいればw)は「もう、うんざり(J’en ai ras le …

キャベツ

キャベツを植えに行く(aller planter ses choux)

こんにちは。バゲットです。 若い方は聞いたことがないかもしれませんが、私が子供の頃(1960~70年代)、漫画やテレビドラマで、「ニワトリでも飼って余生を過ごせ」というセリフをよく目/耳にしました。 …

ホウレン草にバターを入れる

ホウレン草にバターを入れる(mettre du beurre dans les épinards)

こんにちは。バゲットです。 今回はホウレン草について書きましょう。 私の実家の周囲には果樹園と小さな畑があって、畑では今でも母がいろいろな野菜を栽培しています。そうした野菜の中で、私は子供のころからホ …

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。