サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog

金魚の記憶力(une mémoire de poisson rouge)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

「ニワトリは三歩歩くと忘れる」と言います。小学校五年生のときの担任がユーモアのある先生で、何かの機会に教えてもらったように記憶しています。
祖母がニワトリを飼っていて、私は日常的にニワトリと接していたので、それを聞いたときは奇妙に納得したものでした。実際、庭にいるニワトリを私がイタズラでw追いかけると、追いかけている間は必死に逃げるのですが、私が追いかけるのをやめるとニワトリも逃げるのをやめ、何もなかったかのように悠然とした態度を取るのです。他の動物や鳥だったら、追いかけるのをやめても、まず安全な場所まで逃げるでしょう。「ニワトリは三歩歩くと忘れる」というのは比喩ではなく「事実」であって、バカな生き物の代表としてニワトリが選ばれるのは、私にはすごく自然なことのように思われたのでした。
※      ※      ※
さて、フランス語ではバカな生き物の代表は、ニワトリではなく金魚です。
「金魚の記憶力(mémoire de poisson rouge)」という言い回しがありますが、いつものように「ウィクショネール(https://fr.wiktionary.org/wiki/mémoire_de_poisson_rouge)」で検索してみると、“mémoire courte(忘れっぽさ←短い記憶力)”、“très mauvaise mémoire(非常に悪い記憶力)”と出てきます。多くは動詞“avoir(持っている)”と共に用いられ、たとえば、“il a une mémoire de poisson rouge(彼は金魚の記憶力を持っている)”で、「彼は忘れっぽい」、「アイツは物覚えが悪い」。あるいは、子供が宿題をしなかったり、部屋を片づけなかったりしたとき、親が「何度言ったらわかるの!」という意味で、“Tu as une mémoire de poisson rouge(お前は金魚の記憶力を持っている)”と言ったりするようです。
上のサイトの“Étymologie(語源)”の箇所には、「俗説(idée reçue)によれば、金魚の記憶は5秒を超えない」とあります。別のサイトでは「3秒」です。社会通念(idée reçue)上、金魚は記憶力が弱いとされていて、それ故、忘れっぽい人、物覚えが悪い人のことを「金魚の記憶力を持っている」と言うわけですね。
金魚
他方で、さまざまな科学的研究が反対のことを示しているそうです。たとえば、あるサイトには「金魚を訓練して、レバーを押すとエサがもらえることを覚えさせた(entraîner des poissons rouges à pousser un levier pour récupérer leur nourriture)」とあります。記憶5秒説は単なる「俗説」で、金魚の記憶力は本当はそれほど悪くはないのです。
では、なぜそんな「俗説」が出来たのでしょうか。ヤフー・フランスの質問コーナーに、なかなか興味深い「回答」が寄せられていました。それによると、「ものを考える動物を小さな金魚鉢の中に閉じ込めておくとしたら、それはあまりにも恐ろしいことだ(il serait trop horrible de laisser un animal pensant enfermé dans sa petite boule)」。一説によれば、金魚がストレスを感じることなく生活するためには、少なくとも50リットルの水が必要だそうです。小さな金魚鉢の中に閉じ込めて、「金魚はバカだから何も感じないはずだ」と、人間が自分を安心させるために、この「俗説」が作られたというのです。
※      ※      ※
先日のことですが、ある本を探して、書斎の読み終わったFolio(←フランスの文庫本)を置いてある棚をガサガサやっていたら、カミュ(Albert Camus)のLettres à un ami allemand(『ドイツ人の友への手紙』)とL’envers et l’endroit(『裏と表』)が出てきて、ひどく驚きました。私はそれらの本については「未読」だと思っていたからです。開いてみると、赤のボールペンで重要箇所にチェックが入っています。読んだ本の内容を忘れるならまだしも、読んだという事実そのものを忘れるとは!!!
私もあまり、ニワトリや金魚をバカにすることは出来ないようですねw。

-blog

執筆者:

関連記事

喉にネコがいる

私の喉にネコがいる(J’ai un chat dans la gorge)

こんにちは。バゲットです。 昨年、日本国内のペット飼育数の調査で、初めてネコがイヌを上回ったことは、マスコミでも大きく報道されたので、ご存知の方も多いでしょう。改めて確認してみたところ、2017年の時 …

花粉症

花粉症(rhume des foins/allergie aux pollens)

こんにちは。バゲットです。 2011年3月、東日本大震災のニュースは、フランスのテレビでも、連日トップで報道されました。ある日、国営チャンネルFrance2の夜のニュースで、福島原子力発電所からの放射 …

サン=ミシェル

フランス語学校の ブログ悪魔の尻尾を引っ張る(tirer le diable par la queue)(2)

こんにちは。バゲットです。 前回書いたように、フランス語には「悪魔の尻尾を引っ張る(tirer le diable par la queue)」という表現があります。「ひどくお金に困っている」という意 …

プワソン・ダヴリル=四月の魚

エイプリルフールと四月の魚(le poisson d’avril)

こんにちは。バゲットです。 私は、自己意識のレベルではとても正直で誠実でウソなんかめったに言わない人間なのですが、反面、サーヴィス精神が旺盛なので、目の前にいる人を喜ばせようと、いつの間にか話が事実か …

死者の日

「諸聖人の日」って何?(Qu’est-ce que la Toussaint ?)

こんにちは。バゲットです。 一ヶ月ほど前に書きましたが、フランスでは国民の祝日は年間11日あって、うち6日がキリスト教に関連したものです。再度記しておけば、それらは「復活祭の月曜日(移動祝日、2018 …

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。