サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog

ネコを鞭打つ(fouetter un chat)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

2018年8月のネット記事によれば、フランスには1,350万匹のネコと730万匹のイヌがいるそうです(https://particulier.sollyazar.com/actualites/les-chiffres-cles-des-chiens-et-chats-en-france)。日本では、やはり2018年の統計で、ネコが965万匹、イヌが890万匹ですから、フランスの人口(6700万人)が日本の半分程度であることを考慮すると、人口比でいえばフランス人は日本人の2.6倍のネコと1.5倍のイヌを飼っていることになります。
別の統計(←ちょっと古いのですが)によれば、ネコとイヌに、ハツカネズミ、ハムスター、鳥と魚を加えると、フランスには6,000万匹のペット(animaux de compagnie)がいるそうです。ほとんど人口一人当たりに一匹の計算になりますね。
※      ※      ※
さて、フランス語にはペットの名前を用いた慣用句がたくさん存在します。このブログではそんな言い回しをいくつか紹介してきましたが、今回紹介したいのが、“avoir d’autres chats à fouetter(=他に鞭打たなければならないネコがいる)”。ご参考までに英語に直訳すれば、“have others cats to whip”。“à fouetter”は、英文法風に言うと「to 不定詞の形容詞用法」です。
他に鞭打たなければならないネコがいる
ネコを鞭でひっぱたくとは、虐待するみたいで穏やかな話ではありません。ネコ好きの方の中には、「何てことをするのだ!」と怒髪天をつく(?)方もいらっしゃるかと思います。でも、この表現はあくまでも比喩であって、実際にネコをいじめるわけではないのでご安心くださいませ。
いつものように「ウィクショネール(https://fr.wiktionary.org/wiki/avoir_d’autres_chats_à_fouetter)」で調べてみると“avoir d’autres préoccupations(=他に心配事がある), avoir quelque chose à faire de bien plus important(=もっとずっと重要な、しなければならないことがある)”、と出てきます。別のサイトでも“avoir des préoccupations plus importantes(=もっと重要な心配事がある)”とあります。要するに、「他にやらなければならないことがある」ということですね。
他人から何かを頼まれたり、勧められたりしたとき、“J’ai d’autres chats à fouetter(=私には他に鞭打たなければならないネコがいる)”と言えば、「他にしなければならない用事があるから、私には出来ない」という意味。部下や同僚から提案があって、「その前にもっと優先しなければならない仕事があるだろう」と却下するときは、“Nous avons d’autres chats à fouetter(=私たちには他に鞭打たなければならないネコがいる)”と言えばよい。
さて、それにしても、なぜネコを鞭で打つのでしょう。さらに調べてみると、フランス語には、過失など否定的な出来事について「たいした失敗ではない」、「それは重大なことではない」という意味で、“Il n’y a pas de quoi fouetter un chat(=ネコを鞭打つほどのことでもない)”という言い回しがあるそうです。そこから派生した表現のようですね。
※      ※      ※
現在、千葉の私の実家では、ネコを二匹飼っています。3年ほど前にどこかからオスのクロネコがやって来て、母がエサをあげたら居着いてしまい、翌年さらにケガをしたメスの子ネコ(←恐らく近くの山の中に捨てられた)がやってきて、それをクロネコが「受け入れた」ため、実家で飼うことになったのです。
二匹とも、ときどき帰省する私のことは怖がって、近づくと逃げてしまいます。私はネコ好きなので、ちょっとショックです。十日くらい実家にいれば、私にもなついてくれるのでしょうが、仕事があって、なかなかそうもいきません。何か、短期でネコをなつかせる名案はないものでしょうか。
「マタタビでもあげてみるかw」とヒラメいたので、冗談半分にネットで検索してみると、なんと、ネコ用の「マタタビ」がいくつもヒットするじゃないですか!!!
今度の週末、渋谷で探してみることにしますw。

-blog

執筆者:

関連記事

バカロレアの写真

前回についで、大学入試資格試験・バカロレア

バカロレアについて(2) こんにちは。バゲットです。 前回についで、大学入学資格試験・バカロレアについて、書きましょう。 さて、合格率90%超はいいとして、どのくらいの割合のフランス人がバカロレアを受験するのでしょう。 2017年の受験者数は、約72万人と報道されました。フランスの18歳人口が分らないのですが、2006年の出生数は、約83万人です。1999年の出生数がそれを同程度だとすると、86.7%という数字が出てきます。 あるいは、2012年の18歳バカロレア取得率が76.7%で、その年の合格率が84.5%。そこから逆算すると、90%超の18歳がバカロレアを受験していることになります。 無論、18歳でなくてもバカロレアを受験することはできる(註)わけで、上記の数字はそうした人たちを計算に入れていませんが、いずれにしても、80%台後半から90%の若者がバカロレアを受験するのでしょう。 逆に言えば、18歳のフランス人の90%が受験し、その90%が合格するのなら、80%超の若者がバカロレアを取得している計算になります。取得率は1980年には25.9%、90年には43.5%でしたから、親たちの世代と比べるとずっと増加していることがわかります。 これを好意的に見れば、高等教育へのアクセスが「民主化された(démocratisé)」ということになるのでしょうが、バカロレアの価値が「下落」したことは否めません。 さて、2012年の統計では、普通バカロレアの受験生の内訳は、科学系52%、人文系16%、経済・社会系が32%となっています。この「系列(filière)」は、高校2年生になる時点で選択しなければなりません。 日本の大学入試でも、理系から文系に変えることはできても、文系から理系に変えるのはかなりの困難を伴います(短時間では「不可能」に近いと言ってもいい)。それと同じで、進路を決めあぐねている高校生が、取りあえず科学系を選択し、どの学部に進学するかは、大学に入学するときに考える、ということではないでしょうか。 補足しておけば、取得したバカロレアの種類にかかわらず、進学する学部は自由に決められます。極端な話、人文系のバカロレアで、医学部に進学することも可能です。ただし医学部は、2年生に進級するときに厳しい選抜があって、9割以上の学生が不合格になるそうですが。 (この項、続く) 註・バカロレアは飛び級して受験する人もいますし、中年・熟年になってから受験することも可能です。

フランス人作家ピエール・ルメートル(Pierre Lemaitre)の『その女アレックス(Alex)』

『その女アレックス(Alex)』

こんにちは。バゲットです。 ミステリー小説の「本場」とされるのは一般に英米で、フランスのミステリーは、ガストン・ルルー(Gaston Leroux)の『黄色い部屋の謎(Le mystère de la chambre jaune)』やモーリス・ルブラン(Maurice Leblanc)の『奇岩城(L’aiguille creuse=空洞の針)』など、少数の例外(註)を除いて、日本ではあまり読まれてはいないようです。 そんな事情ですから、2014年、フランス人作家ピエール・ルメートル(Pierre Lemaitre)の『その女アレックス(Alex)』(原著2011年)が翻訳出版されて、「このミステリーがすごい」海外編一位、「週刊文春ミステリーベストテン」海外編一位等、6冠に輝き、一般の読者の間でも絶大な支持を集めたことは、私にとってはちょっとした「快挙」でした。フランスの小説が日本でこれほど話題になったのは、一体、何十年ぶりのことでしょう。 そこで、内容を紹介すると・・・ 主人公はパリに住む非常勤の看護婦、アレックス。30歳の美しい女性です。一つの契約が終了し、しばらくは自身の個人的な「計画」に集中しようと考えています(この「計画」が、問題なのですが・・・)。 ところがある夜、彼女は帰宅途中に中年の男に襲われて、拉致されます。連れて行かれたのは、無人の倉庫。全裸にされた上、拷問用の、木製の小さな檻に閉じ込められてしまいます(原作の表紙↓の状態です)。 アレックスは男に尋ねます、「なぜ『わたし』なの」。男は答えます、「『おまえ』がくたばるところを見たいからだ」と。 さて、ある通行人が誘拐の場面を目撃し、警察に届け出ていました。通報を受けたパリ警察は直ちに捜査を始めますが、犯人や監禁場所はおろか、誘拐の目的や被害者の身元さえ分かりません。アレックスは、無事、救出されるのか・・・。 と、そこまではまだほんの「序章」です。「彼女は助かるのか?」という当初の興味は、物語が進むにつれて「この女は一体誰なんだ、何をしたんだ、何をしようとしているんだ?」に変わっていきます。 ミステリー小説なので、物語の詳細に触れることは避けますが、二転三転するストーリーはスリリングで、意外性に満ちて、独創的。 文庫の帯にあった「あなたの予想はすべて裏切られる!」というのは、本当です。 さらに、パリ警察の名警部、身長145センチのカミーユと上司の巨漢ル・グエン。カミーユの部下で資産家の御曹司、美男のマリアーニ。同じくドケチのアルマン。警察側4人組のやり取りも、ユーモラスで、ときに知的で、興味を引く。 噂に違わぬ、第一級のエンターテイメントだと言えるでしょう。お薦めですよ。 註) フランスのミステリーで、『週刊文春・東西ミステリーベスト100』(←ガイドブックとして有名)海外編でランキング入りしているのは、『黄色い部屋の謎』(28位)、『シンデレラの罠』(41位)、『わらの女』(53位)、『奇岩城』(92位)の4作品のみです。

ピンクのチョコレート

ピンクのチョコレート(le chocolat rose)

こんにちは。バゲットです。   もう30年近くも昔、私が初めてフランスに滞在したときのこと。ある日、日本人の友人が、カフェのカウンターで「アン・ショコラ・ショ、スィル・ヴ・プレ(s’il vous plaît)」と言いました。何のことか分からなかったので、聞いてみると、「ココア」だと答えます。「chocolat chaud=ホット・チョコレート」ですね。私はちょっと驚きました。そのとき初めて、フランス語ではチョコレートとココアの区別がないことを、はっきりと意識したからです。 そんなことを思い出して、調べてみると、チョコレートはもともとアメリカ大陸原住民の飲み物で、16世紀にヨーロッパに伝わったということです。「チョコレート」の語源は、諸説あるようですが、要するに「不詳」。19世紀半ばにイギリスで初めて固形のチョコレートが考案されるまで、「チョコレート」と言えば飲み物だった。ということは、「ココア」(=飲み物)の方が本家だったのですね。 ※      ※     ※ さて、昨年、スイスの製菓会社が世界で初めてピンクのチョコレートを開発したことは、フランスではちょっとしたニュースになりました。保守系高級紙「フィガロ」の電子版でも紹介されています(chocolat rose)。フランスのテレビ局TV5で、フランス語学習用教材にも使われましたから、そちらでご存知の方もいらっしゃると思います。 上の「フィガロ」の記事によれば、「上海にて、スイス企業バリーカレボーが新製品ルビーを発表しました(C’est à Shanghai que l’industriel suisse Barry Callebaut a présenté son dernier-né : le Ruby)」。それは「バラ色であるという特徴(la particularité d’être de couleur rose)」を持ったチョコレートで、コートジボワール、ブラジル、エクアドルの「遺伝子組み換えではない(qui ne sont pas génétiquement modifiées)」カカオ豆を用いて、「秘密の技術的方法によって(grâce à un procédé technique gardé secret)」、「香料も着色料も添加せずに(sans ajout d’arôme ni de colorant)」作られたそうです。 つまり、遺伝子組み換えで特殊なカカオ豆を作ったわけではないし、着色料でピンクに染めたわけでもない。新技術の開発によって、通常のカカオ豆からピンクのチョコレートを作り出した、ということです。 個人的に、同じくらい驚いたのは「ホワイトチョコレートの誕生から80年後(quatre-vingts ans après la naissance du chocolat blanc)」とあったこと。私は、ホワイトチョコレートは着色料で白く染めたと固く信じていたのですが、とんでもない誤解でした。 記事には去年の「9月5日(5 septembre)」とあります。それではこのピンクのチョコレート、もう日本でも売っているのでしょうか。気になる方は、問い合わせてみたら、いかがでしょう。

海を飲む(boire la mer)

こんにちは。バゲットです。 この記事に着手した日(7月29日)、関東地方でも梅雨が明けました。アップされるころには、夏休みを取って海や山に出かけている方も多いでしょう。 私は房総半島の山の中で育ちましたから、家の近くに海はありませんでした。生まれて初めて間近に海を見たときのことは、今でも微かに覚えています。すごく幼いころ、家族で外房に旅行に行って、鴨川の港を訪れたのです。遠くは真っ青で、でも足元の水は透明で、小さな船がたくさん係留されていました。 生まれて初めて海水浴に行ったときのことも、何となく覚えています。叔父が運転する車で、母と弟と私とで内房の海岸に行きました。幼い弟は波打ち際でバシャバシャするだけで、私は叔父に手を引かれて海の中を歩きました。波が顔にかかって海水が口に入り、飲み込んだら塩っぱくて気持ち悪くて、全然、楽しくありませんでした。      ※      ※ さて、フランス語に、“Ce n’est pas la mer à boire”という表現があります。英語に直訳すれば“That isn’t the sea to drink”、「海を飲み干すわけじゃないよ」という意味です。いつものように「ウィクショネール(https://fr.wiktionary.org/wiki/ce_n’est_pas_la_mer_à_boire)」」で調べてみると、“Ce n’est pas difficile(それは難しくない)”、“Ce n’est pas si contraignant(それはそれほど面倒ではない)”と出てきます。念のために別のサイトも調べてみると、“Ce n’est pas impossible(それは不可能ではない)”とあります。「海を飲み干すことは不可能だけど、別にそうしろと言ってるわけじゃないよ」ということですね。 海 具体的にどんなケースで使うのでしょう。たとえば、教師が学生に課題を出して、何人かの学生が「そんなの無理ですよ~」と文句を言ったとき、教師は“Ce n’est pas la mer à boire”=「海を飲むわけじゃないですよ(=出来ないことはないでしょう)」と答えればよい。同様に、上司が部下に仕事を命じるときにも使えますね。 親が子供に言うこともあるようです。いつも部屋を散らかしている子供に、母親が「片づけなさい、何度言ったらわかるの、“Ce n’est pas la mer à boire”=海を飲めって言ってるわけじゃないのよ(=そのくらいのこと、難しくはないでしょう)」と。 あるいは、尻込みしている友人を応援するときや、他人に何かを勧めたいときにも使えます。たとえば、あなたの友達はフランス料理が好きで、フランス語会話を習おうかと考えている。でも、勉強はあまり得意ではなくて、「ボク/アタシには無理かなぁ・・・」と迷っています。そんなときは、「“Vas-y ! Ce n’est pas la mer à boire”=やってみればいいじゃん、海を飲むわけじゃないし」と言って、励ましてあげましょう。      ※      ※ さて、近場の海水浴場は実家から車で一時間もかからなかったので、小学生のころ、私は毎年のように海水浴に行っていました。でも考えてみれば、それほど楽しかったような記憶はありません。真っ赤に日焼けしてヒリヒリ痛いし、ほとんど毎回、海の水を飲んで気持ち悪いし、一体なぜ、人間は海水浴になんか行きたがるのでしょう。 詳述はしませんが、サルトル(Jean-Paul Sartre)の『存在と無』(L’Être et le Néant)に、ヒントになりそうな箇所がありました(←実話)。ちょっと読み返してみましょうか。海水浴に行ってダブダブの身体を人目にさらすよりw、私にはそっちの方がずっと似合っているように思います。

フランスの祝日

フランスの祝日(Fêtes et jours fériés en France)

こんにちは。バゲットです。 日本は「国民の祝日」が年間16日もあって、世界で三番目に多い国だそうです。日曜日と重なったときの「振替休日」や、「祝日」に挟まれた平日を休日とする「国民の休日」も考慮すれば、順位はもっと上がるのかもしれません。 私が10代のころは年間11日~12日だったのですが、働き過ぎの是正とか観光業の振興とかいろいろあって、「祝日」の数はどんどん増えました。今のところ六月には一日もありませんから、近いうちにもう一日増えるのではないかと期待している方も、いらっしゃるのではないでしょうか。 では、フランスの「祝日(jours fériés)」事情は、どうなっているのでしょうか。 ウィキペディア・フランス語ヴァージョンの「フランスにおける祝祭日(Fêtes et jours fériés en France)」の項目によれば、フランスの祝祭日は年間に11日あります。「世俗祭(Fêtes civiles)」と「宗教祭(Fêtes religieuses)」に分類され、「世俗祭」は、「元旦(Jour de l’An=1月1日)」、「メーデー/労働の日(Fête du Travail=5月1日)」、「第二次世界大戦戦勝記念日(Fête de la Victoire=5月8日)」、「革命記念日(Fête nationale française=7月14日)」、「第一次世界大戦休戦記念日(Armistice=11月11日)」の5日です。 「元旦」は単に一年の始まりというだけですが、フランス革命で1日、世界大戦の終戦で2日と、歴史上極めて重要な日が祝日になっています。個人的に興味深いのが、「メーデー」。19世紀の末、アメリカの労働組合(後の「AFL/アメリカ労働総同盟」)が、一日8時間労働を求めてストライキを開始した日だそうで、現在ではOECD(経済協力開発機構、フランス語ではOCDE)加盟国のほとんどを含む、80以上の国で祝日になっているそうです。 一方、「宗教祭」は「復活祭の月曜日(Lundi de Pâques=移動祝日、18年は4月2日)」、「キリスト昇天祭(Ascension=移動祝日、同じく5月10日)」、「聖霊降臨祭の月曜日(Lundi de Pentecôte=移動祝日、同じく5月21日)」、「聖母被昇天祭(Assomption=8月15日)」、「諸聖人の祝日(Toussaint=11月1日)」、「クリスマス(Noël=12月25日)」の6日です。 当然、すべてがキリスト教の祭日です。お恥ずかしいことに私はかなり年齢を経るまで知らなかったのですが、イエス・キリストが刑死したのが金曜日で、復活したのが日曜日。それを祝うのが「復活祭」で、翌日が休日になるのですね。 ※      ※      ※ 以上のように、フランスの祝日はそのほとんどが、歴史的・宗教的に重要な意味を持った日です。ひるがえって、ここ日本では、「みどりの日」、「山の日」、「海の日」など、休日を増やすためだけに作ったとしか思えない祝日もありますし、「建国記念の日」(=紀元前660年、神武天皇が即位したとされる日)のように、「ちょっとヤバそうw」というか、国民の間で意見が分かれそうな祝日もあります。 まあ、日仏はそれぞれ異なった歴史と国内事情を抱えているわけで、「どちらが良い」という問題ではないわけですが、改めて「お国柄の違い」を感じますね。

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。