サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

未分類

自分のベルトを締める(se serrer la ceinture)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

現代の日本で、ダイエットは国民的関心事の一つと言ってもよいでしょう。老若男女を問わず、美容のため、あるいは健康のため、多くの日本人が自身の体型と体重、摂取カロリー、血糖値や中性脂肪やコレステロールを気にかけて生活しています。

かく言う私もその一人で、若いころはダイエットとリバウンドを繰り返していましたが、40代半ばに夕飯だけ炭水化物を抜くようにしたところ、半年程度で10キロ以上痩せて、その後はずっとその体重を維持しています。

ダイエットの醍醐味は、努力すればしただけ、必ず報われるということです。プロボクサーレベルならいざ知らず、一般人は我慢して食事を減らせば、必ず体重も減るでしょう。毎日体重計に乗って、自分の体重が少しずつ、でも確実に落ちていくのを確認することは、貯金通帳の残高が日々増えていくのを確認するのと同じように、ある種の充実感をもたらします。そこにあるのは、自分が「世界」を支配しているかのような感覚です。

人生において、入学試験も就職も、恋愛も結婚も仕事も昇進も、努力したからといって成功するとは限りません。むしろ、どんなに努力しても、希望どおりに行かないことの方が多いでしょう。平凡な人間にとって、人生で自分の思い通りになるものと言ったら、自分の体重ぐらいしかないですねw。

  •      ※      ※

さて、「痩せる」ことに関連して言えば、フランス語には、“se serrer la ceinture(自分のベルトをぎゅっと締める)”という表現があります。ここで“serrer”は「締め付ける」、「ぎゅっと締める」、「さらに引き締める」というニュアンスです。

例のごとく「ウィクショネール(https://fr.wiktionary.org/wiki/se_serrer_la_ceinture)」で検索してみると、“ne pas manger à sa faim(お腹いっぱい食べない)”、“par extension, être contraint de réduire ses dépenses, son train de vie(転じて、支出を削減するよう、生活水準を下げるよう強いられる)”とあります。念のために他のサイトも見ると、“s’alimenter peu, faute de moyens(お金がないため、ほとんど食事を取らない)”、 “se priver pour économiser de l’argent(お金を節約するために生活を切り詰める)”。つまり、原義としては「貧乏なのでお腹いっぱい食べられない」、そこから転じて「生活を切り詰める」、「窮乏生活を送る」という意味になったのです。 語源を調べてみると、十分な食料がないため痩せてしまい、その結果ウエストが細くなって、ベルトを留める穴の位置が変わる、ということのようです。日本語だと「締める」のは「財布のヒモ」ですが、フランス語では「自分のベルト」なのですね。

個人だけではなく、国や自治体の財政、会社の財務についても用います。たとえば、収入が減ってしまった人は、“Je dois me serrer la ceinture(私はベルトをぎゅっと締めなければならない=私は生活を切り詰めなければならない)”と言うでしょう。同様に日本の財務省や政治家たちが「政府は財政再建に努めなければならない」と言うときは、“il faut que le gouvernement se serre la ceinture(政府はベルトをぎゅっと締めなければならない)”ですね。

  •      ※      ※

私は低額所得者(économiquement faible=経済的弱者)ですが、住宅ローンの返済が終了し、いくぶん生活が楽になったことは、以前ここにも書きました。とは言え、かなり無理をして繰り上げ返済を続けたために、私にはほとんど貯金がありません。「老後資金2000万円問題」も論議を呼んでいる中、私もまだ当面は(てか、永久にw)、「ベルトを緩める(desserrer)」ことはできそうにありません。

-未分類

執筆者:

関連記事

新年明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます!

      Chers étudiants, chères étudiantes, Bonne année à tous ! Il y a 10 ans, en janv …

ベルギービール・ウィークエンド東京2017

「ベルギービール・ウィークエンド東京2017」で懇親会!

こんにちは。バゲットです。 もう15年以上も前のことですが、フランス語教授法の研修会に出席するため、夏休みのまるまる一ヶ月を、フランス北部の都市・カーンで過ごしたことがあります。 比較的ベルギー国境に …

学校のパーティー

11月25日レコールドフランセの学校で「アット・ホームパーティー」(11/21のupdate!)

レコール・ド・フランセの学校でアット・ホームパーティーを開催します 11月25日(土)19時~ 生徒の皆様へ、 来週の11月25日土曜日19時から、学校でアットホームなパーティを開きます。 参加費用は …

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。