サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

未分類

自分のベルトを締める(se serrer la ceinture)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

現代の日本で、ダイエットは国民的関心事の一つと言ってもよいでしょう。老若男女を問わず、美容のため、あるいは健康のため、多くの日本人が自身の体型と体重、摂取カロリー、血糖値や中性脂肪やコレステロールを気にかけて生活しています。

かく言う私もその一人で、若いころはダイエットとリバウンドを繰り返していましたが、40代半ばに夕飯だけ炭水化物を抜くようにしたところ、半年程度で10キロ以上痩せて、その後はずっとその体重を維持しています。

ダイエットの醍醐味は、努力すればしただけ、必ず報われるということです。プロボクサーレベルならいざ知らず、一般人は我慢して食事を減らせば、必ず体重も減るでしょう。毎日体重計に乗って、自分の体重が少しずつ、でも確実に落ちていくのを確認することは、貯金通帳の残高が日々増えていくのを確認するのと同じように、ある種の充実感をもたらします。そこにあるのは、自分が「世界」を支配しているかのような感覚です。

人生において、入学試験も就職も、恋愛も結婚も仕事も昇進も、努力したからといって成功するとは限りません。むしろ、どんなに努力しても、希望どおりに行かないことの方が多いでしょう。平凡な人間にとって、人生で自分の思い通りになるものと言ったら、自分の体重ぐらいしかないですねw。

  •      ※      ※

さて、「痩せる」ことに関連して言えば、フランス語には、“se serrer la ceinture(自分のベルトをぎゅっと締める)”という表現があります。ここで“serrer”は「締め付ける」、「ぎゅっと締める」、「さらに引き締める」というニュアンスです。

例のごとく「ウィクショネール(https://fr.wiktionary.org/wiki/se_serrer_la_ceinture)」で検索してみると、“ne pas manger à sa faim(お腹いっぱい食べない)”、“par extension, être contraint de réduire ses dépenses, son train de vie(転じて、支出を削減するよう、生活水準を下げるよう強いられる)”とあります。念のために他のサイトも見ると、“s’alimenter peu, faute de moyens(お金がないため、ほとんど食事を取らない)”、 “se priver pour économiser de l’argent(お金を節約するために生活を切り詰める)”。つまり、原義としては「貧乏なのでお腹いっぱい食べられない」、そこから転じて「生活を切り詰める」、「窮乏生活を送る」という意味になったのです。 語源を調べてみると、十分な食料がないため痩せてしまい、その結果ウエストが細くなって、ベルトを留める穴の位置が変わる、ということのようです。日本語だと「締める」のは「財布のヒモ」ですが、フランス語では「自分のベルト」なのですね。

個人だけではなく、国や自治体の財政、会社の財務についても用います。たとえば、収入が減ってしまった人は、“Je dois me serrer la ceinture(私はベルトをぎゅっと締めなければならない=私は生活を切り詰めなければならない)”と言うでしょう。同様に日本の財務省や政治家たちが「政府は財政再建に努めなければならない」と言うときは、“il faut que le gouvernement se serre la ceinture(政府はベルトをぎゅっと締めなければならない)”ですね。

  •      ※      ※

私は低額所得者(économiquement faible=経済的弱者)ですが、住宅ローンの返済が終了し、いくぶん生活が楽になったことは、以前ここにも書きました。とは言え、かなり無理をして繰り上げ返済を続けたために、私にはほとんど貯金がありません。「老後資金2000万円問題」も論議を呼んでいる中、私もまだ当面は(てか、永久にw)、「ベルトを緩める(desserrer)」ことはできそうにありません。

-未分類

執筆者:

関連記事

学校のパーティー

11月25日レコールドフランセの学校で「アット・ホームパーティー」(11/21のupdate!)

レコール・ド・フランセの学校でアット・ホームパーティーを開催します 11月25日(土)19時~ 生徒の皆様へ、 来週の11月25日土曜日19時から、学校でアットホームなパーティを開きます。 参加費用は1人1,000円、その他、各自でお好きな食べものをお持ちください。 飲み物は学校で用意しますので、お持ちにならないでください。 参加希望の方は、以下の内容を記入して次のアドレスにメールを送信してください。 lecoledefrancais@gmail.com 現在21名予約が入っています。 しゅうまい、餃子、ケーキ、Cake Salé、サラミ、ラタトゥイユ、餃子、たこ焼き、スナック類(チップス等)、カマンベールチーズは持ってくる人がいます。それ以外でお願いします。   ……………………………… お名前 : ご持参いただけるお料理 : (飲み物以外で) お酒を飲みますか?(ワイン,ビール):  ……………………………… お飲み物は学校でご用意します。何かご希望のお飲み物があればお知らせください。 ご協力ありがとうございます。 では、次の25日土曜日、学校でお待ちしております! レコール・ド・フランセ 東京都新宿区高田馬場 4-2-29 ヴィラデステ 102号 03-3363-6603

ベルギービール・ウィークエンド東京2017

「ベルギービール・ウィークエンド東京2017」で懇親会!

こんにちは。バゲットです。 もう15年以上も前のことですが、フランス語教授法の研修会に出席するため、夏休みのまるまる一ヶ月を、フランス北部の都市・カーンで過ごしたことがあります。 比較的ベルギー国境に近いせいか(関係ないかもしれませんがw)、カーン大学のカフェテラスには、ベルギービールが何種類か置いてあって、私もよく飲んだものでした。私はフルーティな香りのビールが好きだったのですが、ベルギービールって、実は1500種類以上も銘柄があったんですね。 さて、8回目となる「ベルギービール・ウィークエンド東京」。今年も9月14日(木)~9月18日(月)、107種類のビールが参加して、六本木ヒルズアリーナで開催される予定です(↓)。 https://belgianbeerweekend.jp/2017/ja/tokyo 皆さまもこの機会に、いろいろな香りのベルギービールを味わってみませんか。 ※       ※      ※ レコール・ド・フランセでは、ベルギー出身のパスカルが中心になって、「ベルギービール・ウィークエンド東京2017」にて懇親会を開催します。詳細は次の通りです。 集合時間 9月16日(土)、18時15分 集合場所 JR高田馬場駅ビッグボックス前の交番付近 会費   3,100円 参加なさる方は、電子メールまたは口頭で、レコール・ド・フランセまでお申し込み下さい。その際、当日、集合場所に来られるか、または直接会場に行かれるかを、お伝え下さい。 なお、前売り券を購入する(↓)と、景品として「BBWオリジナル・コインポーチ」がもらえます。 https://belgianbeerweekend.jp/2017/ja/ticket/tokyo ただし、キャンセル・返金はできないとのことですので、ご注意ください。

(お知らせ)新型コロナウィルス感染症への対応について

(お知らせ)新型コロナウィルス感染症への対応について

新型コロナウイルス感染防止につきまして、当校では、1レッスン時間単位につき学校にお入りいただける生徒さまの数を5人までと上限を設けることにいたしました。この対応は、当校では7割以上のクラスが個人レッスンであり、私どもの当初からのコンセプトである、フレックスタイムスケジュールと、毎日朝から晩まで開講していることから、容易に実現可能なものとなっております。 セミプライベートレッスンにつきましては、通常は1クラスにつき3人までのところ、今後は2人までのレッスンとさせていただきます。さらに、皆さまの安全と、公共交通機関利用削減のため、全ての生徒さまにスカイプでのレッスン受講を可能といたします。セミプライベートレッスンであっても受講料は変わりません。 当校は、自由にオンラインで予約ができるプライベート及び少人数セミプライベートレッスン(最大3人まで)での自由予約システムを原則として、開校当初から運営しております。その結果、当校では、1クラスの人数を最小限に抑えながら、生徒の皆さまの都合に合わせて自由にレッスンを受講いただくことができます。

イチゴを持ち帰る(ramener sa fraise)

こんにちは。バゲットです。 前回も書いたように、私が子供のころ、私の家では周囲の畑でいろいろな野菜・果物を栽培していました。野菜は多くが自家消費用で、余った分は近所の家にお裾分けしていました。その代わり、近所からはその家で作っている野菜や鶏卵、あるいはもらい物(親戚が送ってきたリンゴとか)の余りなどをもらっていましたから、今考えてみれば一種の「物物交換」です。他方で、果物については事情は少し違います。五~六アールの果樹園(+家の前と後ろの山の斜面)に柿、栗、梅の木がたくさんあって、それらの収穫物は市場で売ってそれなりのお金になっていたようです。また畑でも、いくつかの果物を販売用に栽培していました。私がよく覚えているのは、トウモロコシ(「果物」ではありませんが)とイチゴ。前者は立ったまま収穫できますから、祖父母も手伝っていましたが、イチゴはしゃがんで選別しながら摘むので、かなりの重労働です。そのため、当時はまだ20代だった母親の仕事になっていて、私も母親についてよくイチゴ摘みを手伝ったものでした。もっとも、たいていはテントウムシ(bête à bon Dieu/神さまの虫)などを捕まえて遊んでいたので、ほとんど役には立ちませんでしたが。⦁ ※      ※      ※さて、フランス語で「イチゴ/fraise」を用いた表現としてまず思いつくのは、“ramener sa fraise/自分のイチゴを持ち帰る”。いつものように「ウィクショネール」(https://fr.wiktionary.org/wiki/ramener_sa_fraise)で調べてみると、三つの語義が挙げられています。まず“survenir à l’improviste/不意にやって来る”。次に“venir ; s’approcher/来る、近づく”。どちらの語義も例文を読むと、あまり良い意味ではないようで、「じゃまな人、来て欲しくない人が来る」というニュアンスです。しかし、この原稿を書くにあたって実際に三人のフランス人に尋ねてみたところ、三人がともにこの表現の意味として挙げたのは第三の語義、“intervenir dans une discussion sans y être invité/招かれもしないのに(他人の)会話に口を出す”です。別のサイト(http://www.linternaute.fr/expression/langue-francaise/637/ramener-sa-fraise/)でも、「ある人物について、“彼/彼女は自分のイチゴを持ち帰る”と言うは、会話の内容がその人とは関係ないにもかかわらず、あるいは意見を聞かれていないにもかかわらず、その人がしばしば会話に口を出すときである」とある。ここで「イチゴ」とは「顔」のことだそうで、意味は少し違いますが日本語で言う「首を突っ込む」と、発想は似ているかもしれません。 « Ramener sa fraise » 具体的な使い方としては、たとえば、すごくおしゃべりで、いつも他人の会話に割り込んでくる人、皆で話しているときに他人の話を聞かず、会話を独占しようとする人、聞かれてもいないのに、自分の知識をひけらかしてベラベラしゃべる人などについて、“Il ramène toujours sa fraise/彼はいつも自分のイチゴを持ってくるね”のように言うようです。あるいは、プライベートなことを話しているときに第三者が興味を示してきたら、“Ne ramène pas ta fraise/イチゴを持ってこないでよ=キミには関係ないことだよ”と言うこともできますね。⦁※      ※      ※私の家では母が腰を痛めてしまったこともあって、イチゴを栽培していたのはほんの数年間でした。しかし、母の実家ではかなり長い間作っていて、母は実家に行くとしばしばイチゴを持ち帰っていました。本物のイチゴです。他方で私の祖母はむやみにおしゃべりで、私の友人たち(←小学生のとき)が家に遊びに来ると必ず話しかけ、どうでもいい質問を、推測を交えながら矢継ぎ早に投げかけるのです。そのため友人の一人は辟易してしまい、「お前の婆さん、ホントにうっとうしいな」などと言っていました。祖母はイチゴの生産には全く携わっていませんでしたが、それでもやはり、彼女は彼女なりの仕方でw、「いつもイチゴを持ち帰っていた/Elle ramenait toujours sa fraise」と言うことができるかもしれませんww。

サラダを語るのイラスト

サラダを語る(raconter des salades)

こんにちは。バゲットです。 何度も書いたように私の実家は元農家で、私が子供のころはJA職員だった父を除いて、毎日、家族総出で農作業をしていました(私は動物たちと遊んでいただけですがw)。家の周囲には大きくはありませんが畑があって、いろいろな野菜を作っていました。売っていたのは栗、梅、ミョウガ、シソ、山椒など一部だけで、多くは自家消費用です。そのため、家族の食卓はいつも野菜であふれかえっていました。毎日、野菜の煮物が三~四品(!)は必ずあって、サラダも毎日出てきて、自家製の漬け物も二~三品が並びます。「こんなに野菜ばかり食べさせられて、明日の朝、目が覚めたら、オレはキリギリスになってるんじゃないかw」と、私はいつも心配で心配でたまりませんでした(←ウソですww)。 ※      ※      ※さて、私より皆さまの方が詳しいかもしれませんが、フランス人もたくさん野菜を食べています。コース料理だとオードブルに生野菜のサラダ(crudités)を食べますし、ラタトゥイユ(ratatouille)やニース風サラダ(salade niçoise)のように、野菜が主体の(有名?)料理も存在します。ポトフ(pot-au-feu)やシュークルート(choucroute)でも大量に野菜を使いますね。あるいは、フランス語教育研修で私が派遣されたカーン大学(Université de Caen)のレストランでも、毎回6種類の野菜(ライス[←野菜の一種!]、ジャガイモ、ニンジン、ホウレン草、エンドウ豆等)から一品を選び、お皿一杯に盛り付けることができました。そんな事情ですから、フランス語には「野菜」に関係する表現がたくさん存在します。その中から今回紹介したいのは、“raconter des salades/サラダ(菜)を語る”。いつものようにネットで検索してみると (https://www.expressio.fr/expressions/raconter-des-salades)、“raconter des salades”は、19世紀にできた表現で、“raconter des mensonges, des histoires/ウソ、作り話を語る”を意味します。この言い回しの「由来(origine)」としては、「サラダは互いによく調和するさまざまな材料の組み合わせ(assemblage d’ingrédients divers qui se marient bien entre eux)」で、「容易に、心地よく食することができる(facile et agréable à avaler)」。「ウソを信じ込ませたいときには(Lorsqu’on veut faire avaler un mensonge)」、「微かなユーモアと、でっち上げた口実と、少量の真実と偽りをかき混ぜて(mélanger un peu d’humour, des excuses imaginées, un peu de vrai et de faux)」、「それを説得力ある口調で味付けすれば(l’assaisonner d’un ton convaincant)」、「それでよい(il suffit)」。別のサイトでも同様の説明をしていますから、「由来」はその通りなのでしょう。 « Raconter des salades » では、この表現、具体的にはどのように使うのでしょうか。別のサイトが挙げている例では、たとえば子供が学校から帰ってきて、「今日はすごく勉強したよ、宿題ももう終わったし」と母親に言う。すると母親は「アンタがサラダを話してなきゃいいけどね(J’espère que tu ne me racontes pas de salades)」。あるいは、休日の夕方、帰宅した夫に妻が尋ねます、「今日の午後はどこに行っていたの」。夫が答える、「友達のマルクと一緒だったよ、テニスをしたんだ」。で、妻がピシャリと言うのです、「私にサラダを話すのはやめて(Arrête de me raconter des salades)。さっきマルクから電話があったわよ」。 ※      ※      ※上で書いたように、私が子供のころ、家の食卓には毎日サラダがありました。他方で、小学校低学年の私は、友人たちを楽しませるために、いつもサラダを話していました(Je racontais toujours des salades)w。気恥ずかしいので具体例を挙げるのはやめておきますが、どれもこれも稚拙で面白味のない、「不味くて不細工なw」サラダです。その後、長じるにつれて、私が「サラダを語る」頻度はずいぶんと少なくなりました。それでも時には、話をしていると生来のサーヴィス精神(?)がニョッキリと顔を出し、ついつい、ストーリーに脚色を加えてしまうことがあるのです。人を騙すつもりはないのですが、いつの間にかそうなってしまうw。そうしたときは、せめて昔より料理(??)の腕が上達し、「高級で上品で絶妙な味のw」サラダを話せていればいいな、と思っています。

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。