サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog

水の中の「屁」の一撃(un coup de pet dans l’eau)?

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

もう何年も前のことですが、フランスのテレビニュースを見ていて、ユーロ圏のギリシャ支援策について、解説者が「セ・タン・クー・ドゥ・ぺ・ダン・ロー」と言ったように聞こえました。
聞き間違いかと思い、その箇所を巻き戻して、何度も何度も聞きましたが、やはりそのように聞こえます。フランス語で書くと

C’est un coup de pet dans l’eau.

「それは水の中でオナラをするようなものだ(←それは水の中の屁の一撃である)」。
水の中の屁の一撃である
文脈からは明らかに、「それは何の効果もない」という意味ですが、フランス語にはそんな奇怪な表現が存在するのでしょうか?
手元の辞書をすべて引いてみましたが、載っていません。
そもそも、人間がガスを出すことを、「一撃(un coup)」って言うのか???
普通、「一撃」って言ったら、敵にダメージを与えることを目的に、武器とかを使うことでしょう。スカンクがオナラをするなら、「一撃」って言ってもいいだろうけど・・・
翌日、大学でフランス人の教師に聞いてみたら、ゲラゲラ笑いながら教えてくれました。

C’est un coup d’épée dans l’eau.

「それは水の中で剣を振り回すようなものだ」。「クー・ドゥ・ぺ(屁の一撃)」ではなくて、「クー・デペ(剣の一撃)」です。
なるほど・・・。
恥ずかしい聞き間違いって、あるものですね(笑)。

-blog

執筆者:

関連記事

カトリーヌ・ド・メディシス

フランス史上最大の悪女 (la femme la plus méchante de l’histoire de France)

こんにちは。バゲットです。 フランス史上最も有名な女性と言えば、ジャンヌ・ダルク(Jeanne d’Arc)とマリー・アントワネット(Marie Antoinette)でしょう。共に数奇で悲劇的な運命を生きたため、彼女たちを巡っては多数の小説が書かれ、映画が作られ、はたまた日本ではマンガにまでなっています。その知名度においては、他の追随を許さないと言ってよいかもしれません。 で、今回紹介したいのは、フランス史上、(大差はあるものの)この両名に次いで有名な女性、カトリーヌ・ド・メディシス(Catherine de Médicis、1519-1589)です。以前ここでマカロンについて書いたときに言及しましたので、ご記憶の方もいらっしゃるかと思います。(俗説のようですが)フランスにマカロンをもたらしたとされるのが、カトリーヌなのでした。 さて、ジャンヌ・ダルクが「救国の少女」、マリー・アントワネットが「亡国の王妃」(これも俗説でしょうが)だとすれば、カトリーヌ・ド・メディシスは「フランス史上最大の悪女」。下の肖像画なんて、見るからに権謀術数を巡らす悪徳政治家といった風情です。 名字(nom de famille)からも分かるように、カトリーヌはイタリア・メディチ家の出身です。メディチ家は14世紀に台頭した大富豪で、フィレンツェ共和国の事実上の支配者。一族からローマ教皇を二名も輩出するなど、当時は権勢をほしいままにしていました。 カトリーヌが「悪女」と言われる最大の理由は、彼女がサン・バルテルミの虐殺(Massacre de la Saint-Barthélemy)の首謀者とされていることです。 ユグノー戦争(Guerres de Religion, 1562-98)さなかの1572年、カトリーヌ(親戚がローマ教皇ですから、当然旧教徒)は、旧教徒と新教徒(ユグノー、huguenots)の融和を図るため、娘のマルグリット(後の王妃マルゴ、la Reine Margot)を新教徒の指導者アンリ・ド・ナヴァール(後のアンリ4世、Henri de Navarre, futur Henri Ⅳ)に嫁がせます。ところが8月24日、結婚を祝うためパリに集結していた新教徒たちを、カトリーヌが命じて虐殺したとされるのです。下の絵で、黒い服(夫の死後ずっと着ていた喪服)を着ているのが彼女でしょう。 その後、新教徒の虐殺はフランス全土に波及し、犠牲者の総数は30,000人とも言われています。 ※      ※      ※ さて、この原稿を書くために下調べをするまでは、私もカトリーヌを「フランス史上最悪の女」だと、固く信じていました。しかしネットで調べてみると、どうやら最近の研究では見方が変わっているようです。 そもそもサン・バルテルミの虐殺は、重臣たちによる「御前会議」で決まったことで、カトリーヌが一人で決めたわけではありません。しかもそこで決まったのは、新教徒の軍事上のリーダーたちを暗殺することだけでした。それが一般新教徒たちの虐殺にまで拡大したのは、予期せぬ偶然だったようです。 私は専門家ではないので、ネット情報の信憑性を判断することはできません。興味をお持ちの方は、ご自分で調べてみたらいかがでしょう。カトリーヌの人生も、ジャンヌ・ダルクやマリー・アントワネットの人生に劣らず波瀾万丈で、なかなか面白いのではないでしょうか。

フランス語・不定冠詞と定冠詞(Les articles définis et indéfinis)(1)

フランス語・不定冠詞と定冠詞

カトリーヌ・アルレー わらの女

わらの女(La femme de paille)

こんにちは。バゲットです。 皆さま、『わらの女(La femme de paille)』というミステリー小説をご存知ですか。 フランスの女性作家カトリーヌ・アルレーの作品で、週刊文春の『東西ミステリーベスト100』(新版・2012年)では、海外編第53位(1986年の旧版では23位)にランクされる名作です。ミステリーファンなら知らない者などないと言ってもよいでしょう。 調べてみると、イギリスで映画化された他、日本でもドラマの原作として何度も使われています。 カトリーヌ・アルレーわらの女 若くて美しい貧しい女性が、財産目当てに年老いた大富豪に近づいて、首尾よく妻の座を手にするが・・・というお話ですが、皆さま、このタイトル(「わらの女」)、意味不明だと思いませんか。 わら人形を作って、丑三つ時に釘をカンカンw・・・というような場面とは全く関係ありません。 実は私も、フランス人の教師とこの小説について話していて初めて知ったのですが、フランス語には homme de paille (わらの男=わら人形)という表現があるのです。「怪しい事業などの名義貸し人、ダミー」という意味です。「わらの女」はその女性ヴァージョンだったのですね。 まっ、ヒロインが本当に「名義貸し人、ダミー」なのかは、読んだときのお楽しみ。 面白いですよ。お薦めです。

スタンダールの赤と黒

スタンダール流女の子の口説き方(la manière stendhalienne de séduire une fille)(1)

こんにちは。バゲットです。 スタンダール(Stendhal)の『赤と黒(Le rouge et le noir)』と言えば、フランス文学の名作中の名作。サマーセット・モームはこの作品を「世界の十大小説」の一つに挙げていますし、フランスやヨーロッパでは何度も映画やテレビドラマ、ラジオドラマになっています。日本でも宝塚歌劇団がミュージカルで上演していますから、そちらでご存知の方も多いでしょう。 さて、小説の舞台はナポレオンが失脚し、王政復古した時代のフランスです。ブザンソン近郊の材木小屋の息子ジュリアン・ソレル(Julien Sorel)は、卓越した知的能力と美貌を兼ね備え、立身出世を夢見る野心家です。地元の町長レナール氏の家で家庭教師を務めた後、つてを頼ってパリに上り、フランス屈指の大貴族ラ・モール侯爵の秘書となります。そして美しく高慢な侯爵令嬢マチルド(Mathilde de la Mole)との間で、一種の「恋の駆け引き」が始まるのですが、そこでのやり取りはスリリングでありながらどことなくコミカルで、「ラブコメ」と言ってもよい趣を持っています 例えばマチルドは、ほんの気まぐれからジュリアンと一夜を共にするのですが、すぐにそのことを後悔します。その後数日間ジュリアンに対して冷淡な態度を取ったため、二人はケンカして絶交してしまいます。ところが、「永遠の絶交(brouille éternelle)」をしたとたん、それまでマチルドのことを何とも思っていなかったジュリアンは、自分が本当は彼女を愛していることに気付き、「気が狂いそう(faillir devenir fou)」になってしまいます。 そして一週間後、フランス文学史上、最も有名なシーンの一つです。 図書室でジュリアンに出くわしたマチルドは、「誤解の余地のないあからさまに意地悪な態度(un air de méchanceté auquel il lui fut impossible de se méprendre)」を取ります。弱気になったジュリアンは言います、「それでは、もう私を愛しては下さらないのですね(Ainsi, vous ne m’aimez plus)」。マチルドは答えます、自分自身に腹を立てて、泣きながら。「私はだれかれの見境なく身を任せたと思うと、我慢ならないのよ(J’ai horreur de m’être livrée au premier venu)」。 その言葉を聞くとジュリアンは激高し、なんと、壁に掛かった剣を取って、彼女を殺そうとするのです! 「『見境なく、だって!』とジュリアンは叫んだ。そして図書館に骨董品として飾ってある中世の古い剣に飛びついた(Au premier venu ! s’écria Julien, et s’élança vers une vieille épée du moyen âge, qui était conservée dans la bibliothèque comme une curiosité)」。 そして彼が鞘から剣を引き抜くと、なんと、なんと・・・・マチルドは感動してしまうのです。 「私は恋人に殺されそうになったんだわ(J’ai donc été sur le point d’être tuée par mon amant !)」と考えて・・・。 (この項続く)

スタンダールの写真

フランス文学史上二番目のブオトコ(Le deuxième homme le plus laid de l’histoire de la littérature française)

こんにちは。バゲットです。 私が学部の学生だったとき、19世紀前半のフランス文学史の授業を担当したのは、スタンダール(Stendhal)が専門で「美男子」の誉れ高い(?)先生でした。ジュリアン・ソレル(『赤と黒』)やファブリス・デル・ドンゴ(『パルムの僧院』)など、超絶イケメンヒーローが大活躍するスタンダール文学を、美男が「売り」の先生が研究しているというのも、見方によっては相当にイヤミな話wですが、私はその先生が割と好きで、講義には熱心に出席していました。 で、まさにそのスタンダールがテーマの回、先生はこの作家についてこう言ったのです、「フランス文学史上一のブオトコ」と。 スタンダールが醜かったというのは有名な話で、当時の私も知ってはいましたが、まさか「フランス文学史上一」と言われるほどの真性ブサメン(?)だとは思っていなかったので、ひどく驚きました。 先生の話では「40歳を過ぎても顔中ニキビだらけ、身長170センチで体重は90キロ、市販のイスには座れなくて、特別注文でイスを作っていた」そうです。肖像画では、そうは見えないのですが(↓)・・・。 スタンダール まあ、「肖像画」ですから、画家もお客の機嫌を取るために、実物よりずっとマシに描いたのでしょう。でも、太っていたのは事実のようですね。 ※      ※      ※ さて、男性作家によって書かれた名作文学で、スタンダールの小説のように、超絶美男の主人公が美女にモテまくるというお話も、考えてみれば珍しいように思います。 たとえば『赤と黒』の主人公ジュリアン・ソレル(Julien Sorel)は、「美貌の野心家」(←三島由紀夫の言葉)。町長の子供の家庭教師になって、まずエリザという小間使いの女の子に思いを寄せられて、はねつけて泣かせてしまい、雇い主の妻・レナール夫人を誘惑することに成功するのですが、今度はエリザが腹いせにその不倫をバラしてしまって、ジュリアンは町長が撃つ銃弾の中を逃げて、パリにたどり着く。コネを使ってフランスを代表する大貴族ラ・モール侯爵の秘書になり、美しき侯爵令嬢マチルドと恋に落ちます。 一方、『パルムの僧院』のファブリス・デル・ドンゴ(Fabrice del Dongo)は絶世の美男。美人女優との恋を巡って殺人事件に巻き込まれ、投獄されたら今度は監獄長の娘、美貌のクレリア・コンチと愛し合う。叔母で「大胆不敵な美女」(←これも三島由紀夫)サンセヴェリーナ公爵夫人は、身内の情を越えた愛情でファブリスを愛し、クレリアと共謀して彼を脱獄させる・・・。 スタンダールのお墓には、ラテン語で「書いた、恋した、生きた」と刻まれているそうです。実際、彼は「常に恋をしていた」そうですが、上記のように真性ブサメンですから、失恋してばかり。仏文学者の桑原武夫さん(京都大学教授)は、「ブオトコだったスタンダールが、『もしも自分が美男だったら』と想像して、『赤と黒』や『パルムの僧院』を書いた」と言っていました。やはりスタンダールは、美男子が羨ましくて羨ましくて、しようが無くて、「自分もイケメンだったらなあ・・・」と思いながら、小説を書いていたのでしょうか。笑えるような、悲しいような、ちょっと微妙な話です・・・。 ※      ※      ※ さて、今回のタイトルですが、あえて「フランス文学史上二番目のブオトコ」にしました。では、「フランス文学史上ナンバーワンのブオトコ」は、一体誰なのでしょう。それについては、近日中に書くつもりです。

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。