サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog

フランス語学校の ブログ悪魔の尻尾を引っ張る(tirer le diable par la queue)(2)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

前回書いたように、フランス語には「悪魔の尻尾を引っ張る(tirer le diable par la queue)」という表現があります。「ひどくお金に困っている」という意味です。
そのような言い回しがあるのですから、悪魔には「尻尾(la queue)」があるわけです。ところが、キリスト教(christianisme)の伝説によれば、魔王サタン(Satan)もその他の悪魔たちももともとは天使で、神に対して反逆し、大天使ミカエル(Archange Michel)との戦いに敗れて、地獄に落ちたのです。
ご参考までに書いておけば、ジャンヌ・ダルク(Jeanne d’Arc)に「フランスを救え」という神のお告げを伝えたのも、ミカエルです。「モン・サン=ミシェル(Mont Saint-Michel)」の「サン=ミシェル」もミカエルで、修道院の尖塔の上にはミカエルの像が建っていますね。
サン=ミシェル
さて、以上から、悪魔は地獄における天使の変異体ということになります。天使に尻尾があるなんて聞いたことがありません。では、なぜ天使には尻尾がないのに、悪魔にはあるのでしょうか。
ここで「進化論(évolutionnisme)」的な説明に説得力があるとは思えません。つまり、悪魔にも生死と世代交代があって、あるとき「突然変異(mutation)」によって、偶然、尻尾の生えた悪魔が生まれた、そして地獄の過酷な(?)環境に適応するためには尻尾を持っていた方が有利だったため、「自然淘汰(sélection naturelle)」によって、長い年月を経ると尻尾を持った悪魔だけが生き残った・・・という説明です。それでは、進化論そのものを認めないキリスト教原理主義者(fondamentaliste)たち(註)が納得するはずがありませんし、そもそも、悪魔に「生死と世代交代がある」という前提に無理がありそうです。
と、ここまで書いてきて、突然ヒラメキました。サタンは「蛇(Serpent)」に変身して、アダムとイヴを誘惑したのでした。ということは、悪魔には変身能力があるわけだ。蛇に変身できるのなら、自分の身体に尻尾を生えさせるなんて、簡単にできるでしょうね。
※      ※      ※
さて、少しまじめな話。私はキリスト教神学についてはきちんと勉強したことはないのですが、ほとんど無責任な想像で言えば、天使も悪魔も本来は「霊的存在(esprit)」ではないでしょうか。「霊」だから肉体を持たない、当然、尻尾も持たない、ただそれが人間に現れるときは、尻尾を持ったり持たなかったりする形姿で現れる、ということではないか・・・。
まあ、断定的なことを書くのは控えておきましょう。この問題については、私よりずっと詳しい方もたくさんいらっしゃいますから。
なお、前述の「蛇」に加えて、悪魔は、「ヨハネの黙示録(l’Apocalypse de Jean)」では、「獣(Bête)」や「竜(Dragon)」として描かれています。そのため、「悪魔には尻尾がある」ということになるのかもしれません。

註・アメリカ人の1/3が進化論を信じていないという統計があるそうです。そこで「フランスにも進化論を認めない人はいるのか?」と、あるフランス人教師に尋ねてみたところ、「多少はいると思うが、表だった活動はしていないから、全く目立たない」とのことでした。

-blog

執筆者:

関連記事

なまいき娘(L'effrontée)

『なまいきシャルロット(l’effrontée)』

こんにちは。バゲットです。   多少なりともフランス文化に興味をお持ちの方なら、シャルロット・ゲンズブール(Charlotte Gainsbourg)はご存知でしょう。フランス語テキスト『ス …

織物のクレープが男性名詞

男のクレープと女のクレープ “le” crêpe et “la” crêpe

こんにちは。バゲットです。 今回もクレープのお話です。二回連続で、クレープが嫌いな方は「もう、うんざり(J’en ai marre !)」とお思いかも知れませんが、これで終わりですので、どうぞ最後まで …

ヒナギクの花びらをむしる

恋占い(effeuiller la marguerite)

こんにちは。バゲットです。 カナダの作家、アリス・マンロー(Alice Munro、2013年ノーベル文学賞受賞)に「恋占い」という短編小説があります。中学生の女の子二人が、地味な中年の独身女性に、遠 …

羽根のあるジビエ

ジビエは食べたい?(Tu veux manger du gibier ?)フランス語教室

こんにちは。バゲットです。 少し前ですが、「朝日新聞」でカラスに関する記事を読んでいて、目を疑うような一節に遭遇しました。「フランスではジビエ(gibier=獲物)の一つとしてカラスを食べる」と言うの …

せいしょくさい

ヴァチカンの長女と聖燭祭(La fille aînée de l’Église et la Chandeleur)

こんにちは。バゲットです。 私が高校生のとき、親しかったクラスメートが突然クリスチャンになりました。その経緯等については、全く興味がなかったので話したことはありません。ただ、私が冗談半分で、「お前、本 …

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。