サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog

歌手が来た!(Une cantatrice à l’école !)

投稿日:

こんにちは。レコール・ド・フランセ教師のフランク(Franck)です。

歌手で、当校の生徒でもある竹本絵里子さんをご紹介いたします。

本年4月に開催されるオペラ・リサイタルに出演する歌手の方が、フランス語の発音のレッスンを受けるために、当校にいらっしゃいました。竹本絵里子さん、プロの歌手です!

竹本さんは、1年前から当校で勉強している女子学生のお母さまです。

レッスンを行うにつれて、私はこの女性が大変な才能の持ち主であることに気づきました。彼女に適切な発音を強制することが、私には困難になってきたのです。言葉が歌われるときの発音は、声のヴァリエーション、イントネーション、メロディーによって大きく変化しますし、話し言葉でとても上手に聞こえる発音は、たとえばオペラの歌の中では、感情の伝達の妨げになることもあるからです。

竹本絵里子さんのオペラ・リサイタル竹本絵里子アルトリサイタル

私はまた理解しました。私がずっと以前から使っていて完璧に知っていると信じていた単語の発音が、実は主観的なものなのかもしれないということ、単語の発音はその単語が理解される仕方によって変化するということ、単語には唯一の発音があるわけではなく、発音は、声によって、コンテクストによって、感性によって変わりうるものだということ、とくにオペラにおいてはそうなのだということを、理解したのです。

それは私にとって、素晴らしい経験でした。私は多くのことを学ぶことができました。ありがとうございます!

皆さま、どうぞふるって、竹本さんのリサイタルにお越しください。リサイタルは、4月14日(土)、カワイ表参道コンサートサロンにて、13時30分から開催されますhttps://erikonosato.net/recital/(竹本絵里子アルトリサイタル)。

竹本さんの偉大な才能と親切に感謝いたします。

皆さま、ふるってご参加ください。

-blog

執筆者:

関連記事

現在のフランスでは、ナポレオンのイメージを損なうとして、豚にナポレオンと名付けることを禁止している

ナポレオンという名のブタは存在するか?(Y a-t-il un cochon qui s’appelle Napoléon ?)

こんにちは。バゲットです。 先日、ちょっと調べものをしていて、ウィキペディア・日本語ヴァージョンの「ナポレオン・ボナパルト」の項目を読んでいたら、目を疑うような一節に遭遇しました。 「現在のフランスでは、ナポレオンのイメージを損なうとして、豚にナポレオンと名付けることを禁止している」! 上記の「出展」は、なんと、AFP(L’Agence France-Press=フランス通信社)が配信した新聞記事!AFPのお墨付きなのです! 「そんなバカな法律が本当にあるのか?」と思って、ネットで検索してみると、確かに同様の記事がたくさんヒットします。 例えば https://www.delitdimages.org/interdiction-dappeler-cochon-napoleon/ 引用する(↑)と「自分のブタをナポレオンと呼ぶことは禁止されています(Il est interdit d’appeler son cochon Napoléon)。この法律は空文化した(désuet)テクストで最も有名なものの一つです。それは第一帝政(1804-1814)または第二帝政(1852-1870)まで遡るようです。」 そんなバカな!!! そこでフランス語のサイトをいろいろと回ってみたところ、フランス版の「教えて!goo」のようなところ(今回、再度探してみましたが、見つかりませんでした<m(__)m>)で、やっぱりどなたかが質問していました。 「ベスト」とされた回答によると、「ナポレオン法典以後のすべての法律を収めたデータベースを調べたが、そのような条文をもった法律は存在しなかった」、一種の「都市伝説」なのか、あるいは、ひょっとして「条例」(地方自治体が制定する)としてならあるのかもしれない、 とのことです。なるほど・・・。 上にリンクを張ったサイトでも、「この法律は革命期の法律の辞典にも、ナポレオン法典にも書かれていない」とありますから、その通りなのでしょう。 なお、私は未読なのですが、ジョージ・オーウェル(註)の『動物農場』に、「ナポレオン」という名前の豚が登場するそうです。 (註)ジョージ・オーウェル(1903~1950)。20世紀イギリス文学を代表する作家の一人で、『動物農場』、『1984年』などの作品があります。

マヨネーズが好き

マヨネーズは好きですか(Aimez-vous la mayonnaise)?

こんにちは。バゲットです。   最近はあまり聞かないように思うのですが、以前、「マヨラー」という言葉をよく耳にしました。マヨネーズが大好きで、納豆、お寿司、目玉焼き、餃子など、通常は他の調味料を使用するケースでも、マヨネーズをつけて食べる人たちです。というか、調べてみると、マヨラー過激派(?)の方たちは、ラーメンやケーキも含め、ほとんどありとあらゆる食べ物にマヨネーズをつけるようですが。 さて、その「マヨネーズ(mayonnaise)」、元々はフランス起源の肉料理用のソースで、当然、その呼称もフランス語。 フランス語には、フランセーズ(française :フランスの)、ジャポネーズ(japonaise :日本の)、アングレーズ(anglaise :イギリスの)のように、「――エーズ」という女性形形容詞がたくさんあります。上記はすべて国名由来の形容詞ですが、リヨネーズ(lyonnaise :リヨンの)、ボルドレーズ(bordelaise :ボルドーの)のように、都市名由来のものもあります。 そこからの類推で言えば、マヨネーズは本来「マヨン(Mayon)の」という意味の女性形形容詞であるはずです。女性形になっているのは、「ソース(sauce)」が女性名詞だからでしょう。あるいはà la+女性形形容詞で「~風の」という言い方があるからかもしれません。つまり、la sauce mayonnaise/la sauce à la mayonnaise(マヨン風ソース)から、la mayonnaiseという女性名詞になったのだと思われます。 で、「ホントかな」と思って、ネットで調べてみました。 結果、「マヨン」という地名は存在せず、起源については諸説あるようです。ミノルカ島マオン(mahonnaise ?)とか、マヨルカ島(majorquaise ?)とか、フランスの都市バイヨンヌ(bayonnaise ?)とか・・・ まあ、この手の話で起源に諸説あるというのは、よくあることですから、仕方ないですね。 ※      ※      ※ ところで、フランスにも「マヨラー」はいるのでしょうか。フランスのマヨネーズは日本のそれとは若干、味が違うということですが、興味のある方は、いろいろと試してみてはいかがでしょう。エスカルゴとか、ムール貝とか、クスクスとか、牛肉の赤ワイン煮とか、ラタトゥイユとかに、マヨネーズ・・・。めちゃくちゃ不味くても、私は責任を取りませんが(笑)。

ナポレオンの写真

彼の辞書に「不可能」という文字はあるか(Impossible est-il français ?)

こんにちは。バゲットです。 フランスの「英雄」といえば、ナポレオン・ボナパルト。ベートーヴェンの交響曲第3番『英雄』をめぐるエピソードも有名です(註)。 そして、ナポレオンの言葉といえば、「私の辞書に不可能という文字はない」。 私も小学生のとき、小学館の『小学〇年生』(何年生だったかは忘れましたが)で読んで、「何てカッコイイことを言う人がいるのだろう」と感嘆しました。そんなこともあって、一時は、「尊敬する人物は?」と聞かれるたびに、躊躇なく「ナポレオン!」と答えていましたが・・・ ナポレオン さて、その名言「私の辞書に不可能という文字はない」。大学の仏文科の学生だったとき、初めてフランス語の原文を知って、驚きました。 Impossible n’est pas français ! 直訳すれば、「不可能(という語)はフランス語ではない」です。日本で流布している訳文と、まるで違うじゃないですか!!! あるいは、これを上記のように訳した人のセンスが秀逸だった、と言うべきでしょうか。 その後、大学院生になって、この原文自体が、本当は少し違うということを知って、さらに驚きました。正確には Ce n’est pas possible, m’écrivez-vous ; cela n’est pas français. 「それは可能ではないと、あなたは私に書いている。だが、それ(=そんな言い方)はフランス語ではない」。ドイツ(プロシア)遠征の際、ある司令官から送られて来た手紙への、返信として書かれたということです。 ※       ※      ※ そうだとすれば、私たちが知っているあのセリフ(「私の辞書に不可能という文字はない」)は、本来は部下に対する叱咤激励の言葉だったわけです。「弱音を吐くな」「諦めるな」「最後まで頑張れ」みたいな。 あるいは、一歩進めて、自分や仲間達を鼓舞する言葉と解釈することもできるでしょう。 さらには、ナポレオンの信念の深さや決意を示すという見方もできる。「それがやらねばやらないことであるなら、どんなことでも私はやり遂げてみせる」と。 少なくても、彼の自信とか傲慢さを意味する言葉ではないですね。 註・伝えられるところでは、ベートーヴェンは交響曲第3番をナポレオンに捧げる意図で作曲した。しかし、その後、ナポレオンが皇帝に即位したことに激怒し、取りやめた、ということです。事実ではない、という説もあるようですが・・・

ジャンヌ・ダルク、あるいは美少女戦士(Jeanne d’Arc ou une jolie guerrière)

こんにちは。バゲットです。 「リボンの騎士」、「風の谷のナウシカ」、「セーラー・ムーン」、「綾波レイ/惣流・アスカ・ラングレー(←新世紀エヴァンゲリオン)」「あずみ」・・・。最近のものは知らないのですが、日本の大衆文化のシーンは、何十年も昔から、闘う美少女=「美少女戦士」のイメージであふれています。これは世界的に見るとかなり特殊なことのようで、欧米では「チャーリーズ・エンジェル」や「ボンドガール」のように、成熟した大人の女性が戦うという設定の映画やテレビドラマは古くから存在しましたが、「無垢」で「可憐」な「女の子」が戦うという設定のものは、少なくても最近までは無かったそうです。 しかし、そうは言っても、「美少女戦士」をその起源まで遡るとすれば、つまり元祖「美少女戦士」といえば、フランス史上実在したこの人(↓)以外にありえません。 美少女戦士 フランス中世史のスーパー・アイドル(!)、「オルレアンの乙女(la Pucelle d’Orléans)」(←キャッチフレーズw)、ジャンヌ・ダルク(Jeanne d’Arc)です。彼女については、以前からこのブログに書きたいと思っていたのですが、あまりに有名すぎて何を書いたらよいのかわからず、ついつい後回しになっていました。で、とうとう腹をくくって、今回、調べてみた次第です。 ※      ※      ※ ウィキペディア・フランス語ヴァージョン(https://fr.wikipedia.org/wiki/Jeanne_d%27Arc)によれば、ジャンヌ・ダルクが生まれたのは1412年ごろ。日本では室町時代で、応仁の乱が1467年ですから、それより50年以上も昔です。場所はフランス北東部、ナンシーの南西50キロほどの小さな町ドンレミで、生家は裕福な農家だとのこと。 当時は英仏百年戦争(Guerre de Cent Ans/1337-1453)の真っ只中です。国王シャルル6世は長期にわたって精神病で苦しみ、執政不能のままに死去。王太子シャルルは戴冠できず、フランスは国土の半分近くを占領されて存亡の危機に瀕していました。そんな中、13歳(別のサイトでは12歳)のジャンヌが家の庭に一人でいると、どこからか「声(la voix)」が聞こえます。最初は怖く思いましたが、後になると、語りかけているのは大天使ミカエル(L’archange Michel)、聖カタリーナ(sainte Catherine)と聖マルガリータ(sainte Marguerite)であることがわかります。彼らはジャンヌに語ります、「敬虔であれ」と、そして「フランス王国を侵略者から解放し、王太子を玉座へと導け」と。 その後、17歳で王太子に面会し、軍を与えられてからのことは、超有名で誰もが知るところ。まず、ロワール川沿いの要衝の都市オルレアンに赴き、敵軍の11もの砦で包囲されていたこの都市を解放します。それが1429年5月8日。その後もジャンヌの軍は連戦連勝で、7月17日、王太子シャルルは、とうとうランスの大聖堂で戴冠します。9月のパリ包囲戦では攻略に失敗、その後も大きな軍功はないようで、翌30年5月23日のコンピエーニュの戦いで、ジャンヌは敵方の捕虜になってしまいます。そしてイングランド側に引き渡されて、1431年5月30日、火刑台上で生涯を閉じました・・・。 ※      ※      ※ このように数奇な運命を生きたため、ジャンヌ・ダルクは多くの小説、戯曲、映画、はたまたマンガやゲームの主題になっています。そのほとんどで「美少女」として描かれているようですが、その美貌や性格のタイプには、大きなヴァリエーションがあるようです。いろいろと比較してみたら、面白いかもしれませんね。

幽霊は怖い?(

幽霊は怖い?(Tu as peur des fantômes ?)

こんにちは。バゲットです。 何度か書いたように、私の実家は集落から少し離れた奥まったところにあって、隣の家まで100メートル、その隣の家まではさらに100メートルほど離れています。家の正面は庭と農道を隔てて柿と栗の畑で、その向こうの山の麓に先祖代々のお墓があります。田舎なので当然、街灯などはなく、日が暮れればあたりは真っ暗。まさに幽霊が出るのにうってつけの(?)環境です。すごく臆病な子供だった私は、暗くなってからお墓に近づいたことは一度もありません。 幽霊やお化けのことはとても幼いころから知っていたように思います。すごく、すごく怖がっていたのですが、でも、どのようにして知ったのか全く覚えていないのです。テレビで見たのでしょうか。迷信深い曾祖父か祖母にでも聞いたのでしょうか、「日が暮れたらお墓に行っちゃダメだよ、お化けが出るからね」と。それとも夕方、遅くまで外で遊んでいたとき、母か、あるいは私の子守をしてくれた曾祖母に、「早く家に入らないと、お化けが出て、連れて行かれちゃうよ」とでも脅されたのでしょうか・・・。 ということで、今回のテーマは「幽霊」です。 ※      ※      ※ 「日本の幽霊には足がないけど、ヨーロッパの幽霊には足がある」。具体的に「どこで聞いたの?」と質問されても困るのですが、いろいろなところでよく聞くように思います。そこで、なぜ日本の幽霊に足がないのか調べてみると、諸説あるようですが、有力なのは、江戸時代の画家・円山応挙(まるやまおうきょ)の描いた足のない幽霊の絵。その絵がとても有名になって、一般に幽霊には足がないと信じられるようになった、という説です。 最近では幽霊の世界でもグローバル化が進んでいるようで、フランスにも「足のない幽霊」の画像(↓)がありました。 幽霊 さて、フランス語で「幽霊」は“fantôme”。今回は「ウィキペディア」のフランス語ヴァージョンで調べてみると(https://fr.wikipedia.org/wiki/Fantôme)、「幽霊とは一つの出現、幻視あるいは幻覚であって、それは死去した人物の超自然的な顕現と解釈されている」とあります。日本の「幽霊」と同じですね。 “spectre”という語もあって、こちらは「死者の恐ろしい出現(apparition effrayante d’un mort)」。つまり、「怖い」幽霊です。 さらに“revenant”という語もありますが、これは“revenir(帰る)”という動詞の現在分詞からできた語で、「あの世から回帰すると想定される、死者の霊魂」です。 で、外見は千差万別のようですが、一番多いのはこんな(↓)感じ。「おばけのQ太郎」みたいですね おばけのQ太郎 白い布をまとっているのは、お葬式のとき死体を白い布で包むからだそうです。あと、この(↓)ヴァージョンもポピュラーらしい。 ゲゲゲの鬼太郎 「魂」のイメージでしょうか。昔「ゲゲゲの鬼太郎」に出てきた「死者の魂」は、こんな風でした。 ※      ※      ※ この原稿を書いていて、突然気づいたのですが、人類の誕生以来、今までに何百億人もの人が死んでいます。ところが、幽霊として化けて出る人って、比較的最近に死んだ人ばかりじゃないですか!!古くても平将門(940年没)ぐらいで、縄文時代に死んだ人の幽霊wとか、ネアンデルタール人(←「人類」じゃないけど)の幽霊wwなんて、聞いたことがありません。一体、どうしてなのでしょう??? それとも、単に私が知らないだけで、中国には北京原人の幽霊(!)が出る心霊スポットとかがあるのでしょうか。どなたかご存知の方がいらしたら、ぜひぜひ教えてくださいませ。

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。