サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog

悪魔の尻尾を引っ張る(tirer le diable par la queue)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

私は収入の少ない、「恵まれない階層(classe défavorisée)」の人間なので、できるだけ質素に生活するよう努めています。特に食事や衣類等、日常の生活費は可能な限り節約するよう努力しています。それでも、本の衝動買いはやめられず、フランス語・英語の研修にもかなりの額を使うので、いつもお金がなくて(en difficulté financière=財政的困難にあって)ピーピー言っています。
さて、フランス語には「悪魔の尻尾を引っ張る(tirer le diable par la queue)」という表現があります。手元の『ロベール・ミクロ』を引いてみると、「乏しい資金で生活が困難である(avoir peine à vivre avec de maigres ressources)」とあります。要するに「ひどくお金に困っている」ということですね、私みたいにw。
「悪魔にすがりついてでもお金が欲しい、ということだろうか?」と思って、Wiktionnaire(https://fr.wiktionary.org/wiki/tirer_le_diable_par_la_queue)で調べてみると、「語源は不詳(origine mystérieuse)」。ですが、著名な言語学者(Maurice Rat)の意見として、「悪魔の援助を懇願する(solliciter l’assistance du diable)」とありますから、私の発想で正しいのかも知れません。
ところで、「悪魔の尻尾を引っ張る」と言うからには、悪魔には「尻尾」があるわけです。確かに、永井豪さんの「デビルマン」を始めとして、悪魔がイメージ化されるときは、「尻尾」つきで描かれることが多いようです。でも、なぜ悪魔には「尻尾」があるのでしょう。というのは、悪魔はもともとは天使だったのですから。
ご存知の方も多いでしょうが、キリスト教の伝説によれば、神はアダム(Adam)とイブ(Ève)を造る前に、まず天使たちを造りました。天使は星の数ほどいましたが、その中にルシファー(Lucifer)という完璧な天使がいた。ところが彼(彼女?)は、あまりにも完璧だったがために、自分こそ神の座にふさわしいと思い込んでしまったのです。そしてルシファーは全天使の三分の一を配下において、神に戦いを挑みます。対して神は、大天使ミカエル(Archange Michel)が率いる軍団を送って、ルシファーを迎え撃ちました。
大天使ミカエル
ミカエルは「最強」といわれる天使で、二人(と数えるのでしょうか?)の戦いは壮絶を極めます。しかし最後は、ミカエルがルシファーを倒し、ルシファーと配下の天使たちは地獄に落ちる。そしてルシファーは魔王サタン(Satan)となり、他の天使たちも悪魔になった・・・。
ルシファーは魔王サタン
この話には、別ヴァージョンがたくさんあります。ルシファーが神に反旗を翻したのは、神がアダムとイヴをとても可愛がったので嫉妬したからだとか、神がルシファーにアダムの前でひざまずくよう命じたため、腹を立てたからだとか・・・。
また、ミカエルとルシファーの戦いは決着が付かず、最後は神が自らルシファーを倒した、というヴァージョンもあるようです。
興味のある方は、いろいろ調べてみたらいかがですか。
(この項続く)

-blog

執筆者:

関連記事

サン=ミシェル

フランス語学校の ブログ悪魔の尻尾を引っ張る(tirer le diable par la queue)(2)

こんにちは。バゲットです。 前回書いたように、フランス語には「悪魔の尻尾を引っ張る(tirer le diable par la queue)」という表現があります。「ひどくお金に困っている」という意 …

悲しみのイレーヌ

『悲しみのイレーヌ/Travail soigné』フランス語学校

こんにちは。バゲットです。 数年前、ピエール・ルメートル(Pierre Lemaitre)の『その女アレックス(Alex)』が日本のミステリー界を席巻し、60万部を超えるベストセラーとなったことは、ご …

カトリーヌ・ド・メディシス

フランス史上最大の悪女 (la femme la plus méchante de l’histoire de France)

こんにちは。バゲットです。 フランス史上最も有名な女性と言えば、ジャンヌ・ダルク(Jeanne d’Arc)とマリー・アントワネット(Marie Antoinette)でしょう。共に数奇で悲劇的な運命 …

私のウサギちゃん

私のかわいいウサギさん(mon petit lapin)

大学1年の冬だったように記憶しているのですが、アーネスト・ヘミングウェイ(註)の『誰がために鐘は鳴る』を読みました。スペイン内戦(1936~1939)を舞台に、義勇兵として参戦したアメリカ人の青年ロバ …

ケーキの画像

C’est du gâteau. そんなの簡単さ。

こんにちは。バゲットです。 さて、フランス語に、“C’est du gâteau”という表現があります。“du” は、数えられないものにつけて「適量」を示す「部分冠詞」で、直訳すれば「そんなのお菓子み …

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。