サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog

パンがないなら・・・(S’ils n’ont pas de pain)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

「パンがないなら、ケーキを食べればいいのに」。フランス革命の前夜、パンを求めて暴動を起こしたパリの民衆に対し、王妃マリー・アントワネットが口にした「妄言」として知られています。私の高校時代、世界史の参考書にも載っていましたし、他にもいろいろなところで目にしますから、皆さまもご存知のことと思います。
マリー・アントワネット
でも調べてみると、原文は少し違います。
S’ils n’ont pas de pain, qu’ils mangent de la brioche ! (註)
「パンがないなら、ブリオッシュを食べればいいのに」。
ケーキじゃないですね。菓子パンの一種、ブリオッシュ(←小麦粉と牛乳、砂糖、バター、卵で作るらしい)です。
ブリオッシュ
ソフィア・コッポラ監督の『マリー・アントワネット』では、「(王妃がそのように言ったと)民衆の間で噂になっている」と側近が告げると、マリー・アントワネットは、「バカバカしい」と不機嫌そうに吐き捨てます。
実際、上記のセリフは、ルソーが、フランス革命の20年以上前に出版した『告白』の中で、「ある高貴な女性(une grande princesse)」の言葉として紹介しているもので、マリー・アントワネットのものではありません。
ルソー、フランス革命の20年以上前に出版した『告白』
彼女自身は慈善家で、貧しい人々の窮状に心を痛めていたそうですが、フランスの民衆から見れば外国人(オーストリア出身)ですし、贅沢好きだったことも事実です。そのため民衆の間で全く人望がなく、とんでもない濡れ衣を着せられてしまった、ということなのでしょう。

註・ mangentは接続法現在。 Que + SV(接続法現在)で、第三者(その場にいない人)への「命令」を意味します。

-blog

執筆者:

関連記事

キャベツ

キャベツを植えに行く(aller planter ses choux)

こんにちは。バゲットです。 若い方は聞いたことがないかもしれませんが、私が子供の頃(1960~70年代)、漫画やテレビドラマで、「ニワトリでも飼って余生を過ごせ」というセリフをよく目/耳にしました。 …

ヒナゲシ

フランスの国花(Emblèmes végétaux de France)

こんにちは。バゲットです。 今年の春は例年よりも早く気温が上がって、東京都心では早くも3月24日に桜が満開になりました。私は機会がありませんでしたが、皆さまの中にも、お花見に興じられた方は多いと思いま …

マダム・コンとムッシュー・コン

マダム・コンとムッシュー・コン (ユーモア)

こんにちは。バゲットです。 皆さま、下の写真、緑のトランクスの選手をご存知ですか。 写真ではボディをまともに殴られていますがw、(元)世界ウエルター級チャンピオン、ホルヘ・バカ(Jorge Vaca) …

青髯

ジル・ド・レ、あるいは青い髯(Gilles de Rais ou la Barbe bleue)

こんにちは。バゲットです。 前々回はジャンヌ・ダルク(Jeanne d’Arc)について書きましたが、彼女の周辺、と言うか当時の宮廷では、相当にクセのある人物たちが暗躍していたようです。まず国王シャル …

食用昆虫

昆虫を食べる(manger des insectes)

こんにちは。バゲットです。 数年前から、新聞やネットで、ときどき昆虫食についての記事を目にするようになりました。将来の人口爆発=食料難を見据えて、全世界に豊富に存在する昆虫が、「新たな」食料として注目 …

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。