サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog

マヨネーズは好きですか(Aimez-vous la mayonnaise)?

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

 

最近はあまり聞かないように思うのですが、以前、「マヨラー」という言葉をよく耳にしました。マヨネーズが大好きで、納豆、お寿司、目玉焼き、餃子など、通常は他の調味料を使用するケースでも、マヨネーズをつけて食べる人たちです。というか、調べてみると、マヨラー過激派(?)の方たちは、ラーメンやケーキも含め、ほとんどありとあらゆる食べ物にマヨネーズをつけるようですが。
マヨネーズが好き
さて、その「マヨネーズ(mayonnaise)」、元々はフランス起源の肉料理用のソースで、当然、その呼称もフランス語。
フランス語には、フランセーズ(française :フランスの)、ジャポネーズ(japonaise :日本の)、アングレーズ(anglaise :イギリスの)のように、「――エーズ」という女性形形容詞がたくさんあります。上記はすべて国名由来の形容詞ですが、リヨネーズ(lyonnaise :リヨンの)、ボルドレーズ(bordelaise :ボルドーの)のように、都市名由来のものもあります。
そこからの類推で言えば、マヨネーズは本来「マヨン(Mayon)の」という意味の女性形形容詞であるはずです。女性形になっているのは、「ソース(sauce)」が女性名詞だからでしょう。あるいはà la+女性形形容詞で「~風の」という言い方があるからかもしれません。つまり、la sauce mayonnaise/la sauce à la mayonnaise(マヨン風ソース)から、la mayonnaiseという女性名詞になったのだと思われます。
マヨネーズは本来
で、「ホントかな」と思って、ネットで調べてみました。
結果、「マヨン」という地名は存在せず、起源については諸説あるようです。ミノルカ島マオン(mahonnaise ?)とか、マヨルカ島(majorquaise ?)とか、フランスの都市バイヨンヌ(bayonnaise ?)とか・・・
まあ、この手の話で起源に諸説あるというのは、よくあることですから、仕方ないですね。
※      ※      ※
ところで、フランスにも「マヨラー」はいるのでしょうか。フランスのマヨネーズは日本のそれとは若干、味が違うということですが、興味のある方は、いろいろと試してみてはいかがでしょう。エスカルゴとか、ムール貝とか、クスクスとか、牛肉の赤ワイン煮とか、ラタトゥイユとかに、マヨネーズ・・・。めちゃくちゃ不味くても、私は責任を取りませんが(笑)。

-blog

執筆者:

関連記事

現在のフランスでは、ナポレオンのイメージを損なうとして、豚にナポレオンと名付けることを禁止している

ナポレオンという名のブタは存在するか?(Y a-t-il un cochon qui s’appelle Napoléon ?)

こんにちは。バゲットです。 先日、ちょっと調べものをしていて、ウィキペディア・日本語ヴァージョンの「ナポレオン・ボナパルト」の項目を読んでいたら、目を疑うような一節に遭遇しました。 「現在のフランスで …

自分を「書く才能に恵まれていない

君は「ガリ勉」?(Tu es fort en thème ?)

こんにちは。バゲットです。 私は学生時代、仏作文のトレーニングとして、フランス語の原文テクストを「再構成」(要するに「暗記」)する練習をしていました。 英語学者で上智大学教授(当時)の渡部昇一さんが『 …

ゲルマントのほう

プルースト流女の子の口説き方(la manière proustienne de séduire une fille)

こんにちは。バゲットです。 マルセル・プルーストの小説『失われた時を求めて』。長大かつ難解のことで知られ、現代文学にも多大な影響を与えたとされる、20世紀フランス文学の名作です。社交界の人間模様が延々 …

イザベル・アジャーニ

ハリウッド・セクハラ事件/フランスにて(Affaire Weinstein en France)

こんにちは。バゲットです。 ハリウッドの大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ事件は日本でも大きく報道されましたから、皆さまもご存知のことと思います。被害を訴えた人たちには、ジュディ …

ナポレオンの写真

彼の辞書に「不可能」という文字はあるか(Impossible est-il français ?)

こんにちは。バゲットです。 フランスの「英雄」といえば、ナポレオン・ボナパルト。ベートーヴェンの交響曲第3番『英雄』をめぐるエピソードも有名です(註)。 そして、ナポレオンの言葉といえば、「私の辞書に …

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。