サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog 未分類

自分のお皿の中にいない(ne pas être dans son assiette)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

私は収入の少ない「恵まれない階層(classe défavorisée)」の人間なので、つね日頃、可能な限り質素な生活を送るよう心がけています。語学研修費と書籍代を除いた私の生活レバルは、一人暮らしの大学生と同じ程度のものでしょう。そう言えば数年前、勤務先の大学のキャンパスで、ほとんどの学生が私より良いカバンを持ち、私より良い靴を履いていることに気づいて、思わず苦笑したことがありました(←実話w)。
そんな「貧乏人」ですから、私は「特売」に目がありません。近所のスーパーで、私がよく食べる商品を(+あまり食べない商品もw)普段より安い値段で売っていると、私はついつい欲張って余分に買ってしまうのです。たとえば何年か前、三茶のドラッグストアで、「日清のどん兵衛/天ぷらそば」が一個85円で売られていたときのこと。私は狂喜し、ためらいもせずにまるごと一ケース(24個)を購入してしまいました。結局、五つくらい食べたら飽きてしまい、その後放置しておいて、賞味期限間近になって毎日「どん兵衛」ばかり食べるハメになりましたがw。
「特売」でさえそんな有様ですから、「無料」については言を俟たないでしょう。実際、「只」という言葉を耳にするたび、私の判断力は瞬時に「パブロフのイヌw」並に低下し、私は「条件反射(réflexe conditionné)ww」で飛びついてしまうのです。7年前(2014年)、「はごろもフーズ」が「ちびまる子ちゃん」のお皿をプレゼントするキャンペーンを実施したことがありました。「はごろも」の缶詰を買ってシールを集めると、「ちびまる子ちゃん」の絵が入ったお皿が只(!)でもらえる。私は「ちびまる子」には何の思い入れも持っていませんでしたが、お皿を三枚ゲットするために、普段は全く食べない(!!)「シーチキン」の缶詰を、大量に購入したのでした。
※       ※      ※
と言うことで、今日のテーマは「お皿」です。
フランス語に“ne pas être dans son assiette/自分のお皿の中にいない”という表現があります。ネットで調べてみると(https://www.expressio.fr/expressions/ne-pas-etre-dans-son-assiette)、それが意味するところは“ne pas être dans son état normal/正常な状態にない”、“avoir le cafard/ひどく落ち込んでいる(←ゴキブリを持っている)”、“ne pas être très en forme/あまり好調でない”、あるいは“se sentir malade/気分が悪い”。
念のために別のサイトも見ると、“être fatigué/疲れている”とあって、この“fatigue/疲れ”は、“physique/身体的”なものでも“psychologique/心理的”なものでもよい、と解説しています。
要するに、身体的あるいは精神的に「調子が悪い、疲れている、参っている」ということ。ネイティヴ何人かに確認しましたが、あくまでも「一時的で軽い不調」について言い、「病気で寝込んでいる/入院している」ような重大なケースでは使わないそうです。ですから、軽い身体的不調があるとき、疲労感や倦怠感があるとき、あるいは何か問題があって悩んでいるとか落ち込んでいるとき、そんなときに“Je ne suis pas dans mon assiette/僕は自分のお皿の中にいないよ”と言うわけですね。

Ne pas être dans son assisette

それにしても、なぜ「自分のお皿の中にいない」のでしょう。上のサイト(↑)に説明がありました。それによれば、“assiette/取り皿”という語は“asseoir/座らせる”に由来し、もともとは「座り方」、特に「馬上での騎士の姿勢」を意味しました。そこから、この語は身体や精神の「状態」の意味に転じ、「自分本来の姿勢ではない/ne pas être dans son assiette」が「(身体的・精神的に)調子が悪い」を意味するようになった、ということです。
さらに、同じサイトに「補足」があります。なぜ「座り方」を意味する“assiette”が、「取り皿」(“plat/大皿”ではなく)の意味になったのか。その解説によれば、この言葉は「テーブルについた会食者の姿勢」の意味になって、そこから「各席に置かれたテーブルクロスとナプキン」、さらに意味が転じて「取り皿」になった、ということのようです。
※       ※      ※
上で書いた「ちびまる子」のお皿ですが、直径21センチと大きさも手頃で使い勝手が良いので、もらってすぐに使い始めました。で、使ってみて思ったのですが、その絵柄を見ていると何となく心が「和む」のです。「ほっこり」した気分になる。
しかし、お皿自体はやはり「只」の粗悪品(と言っては、「はごろも」には申し訳ないですが)。一枚目のお皿は二年程度で真っ二つに割れてしまい、二枚目も同様で、今使っているのが最後の一枚です。
このお皿が割れてしまったら、とうとう「ちびまる子」ともお別れです。そのときは私も大いに落胆して、“Je ne suis pas dans mon assiette/僕は自分のお皿の中にいないよ”と嘆くでしょう。

-blog, 未分類

執筆者:

関連記事

ヒナゲシ

フランスの国花(Emblèmes végétaux de France)

こんにちは。バゲットです。 今年の春は例年よりも早く気温が上がって、東京都心では早くも3月24日に桜が満開になりました。私は機会がありませんでしたが、皆さまの中にも、お花見に興じられた方は多いと思いま …

フランスの祝日

フランスの祝日(Fêtes et jours fériés en France)

こんにちは。バゲットです。 日本は「国民の祝日」が年間16日もあって、世界で三番目に多い国だそうです。日曜日と重なったときの「振替休日」や、「祝日」に挟まれた平日を休日とする「国民の休日」も考慮すれば …

自分のベルトを締める(se serrer la ceinture)

こんにちは。バゲットです。 現代の日本で、ダイエットは国民的関心事の一つと言ってもよいでしょう。老若男女を問わず、美容のため、あるいは健康のため、多くの日本人が自身の体型と体重、摂取カロリー、血糖値や …

プワソン・ダヴリル=四月の魚

エイプリルフールと四月の魚(le poisson d’avril)

こんにちは。バゲットです。 私は、自己意識のレベルではとても正直で誠実でウソなんかめったに言わない人間なのですが、反面、サーヴィス精神が旺盛なので、目の前にいる人を喜ばせようと、いつの間にか話が事実か …

イチゴを持ち帰る(ramener sa fraise)

こんにちは。バゲットです。 前回も書いたように、私が子供のころ、私の家では周囲の畑でいろいろな野菜・果物を栽培していました。野菜は多くが自家消費用で、余った分は近所の家にお裾分けしていました。その代わ …

自分のお皿の中にいない

2021/09/27

自分のお皿の中にいない(ne pas être dans son assiette)

2021/08/02

お風呂の中に入る(se mettre dans le bain)

2021/06/16

白いキャベツを作る(faire chou blanc)

いかにして月末を丸くするか

2021/05/10

月末を丸くする(arrondir ses fins de mois)

faire la cour a quelqu'un

2021/04/23

ボクと付き合ってよ(Tu veux sortir avec moi ?)

ゴキブリを持つ(avoir le cafard)

2021/02/27

ゴキブリを持つ(avoir le cafard)

2021/01/27

フランス語・部分冠詞と不可算名詞(Les articles partitifs et les noms non-comptables)

2020/12/07

オレの趣味じゃないよ(Ce n’est pas mon genre !)

ニンジンが煮えた

2020/11/12

ニンジンが煮えた(Les carottes sont cuites)

地位が不安定だ

2020/10/12

枝の上の鳥のように(comme un oiseau sur la branche)

2020/09/12

馬車馬のように働く(travailler comme une bête de somme)

2020/07/31

イチゴを持ち帰る(ramener sa fraise)

サラダを語るのイラスト

2020/06/29

サラダを語る(raconter des salades)

2020/05/29

死んだネズミのように(comme un rat mort)

不定冠詞

2020/04/28

フランス語・不定冠詞と定冠詞(Les articles définis et indéfinis)(3)

スカイプ

2020/04/08

コロナウイルス:Skypeでレッスンを受けたい学生向け

(お知らせ)新型コロナウィルス感染症への対応について

2020/04/05

(お知らせ)新型コロナウィルス感染症への対応について

2020/03/16

フランス語・不定冠詞と定冠詞(Les articles définis et indéfinis)(2)

2020/02/26

フランス語・不定冠詞と定冠詞(Les articles définis et indéfinis)(1)

2020/02/10

オシッコ・テロに気をつけて!(Faites attention aux attentats au pipi !)

頭の内側に髪の毛が生える

2020/01/24

頭の内側に髪の毛が生える(avoir les cheveux qui poussent à l’intérieur)

Joyeux Noel

2019/12/23

JOYEUX NOEL A TOUS!!!

2019/12/09

2020の予約システムアップデート(生徒さんへ)

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。