サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog 未分類

指を鼻の中に入れて(les doigts dans le nez)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

以前もちょっと書いたかもしれませんが、私の高校時代の友人で、六年ほど遅れて四国の国立大学の医学部に入学し、現在は千葉で脳外科医をしている男がいます。彼は高二のときにキリスト教に入信し、「キリスト教の神父になりたい」と同志社大学の神学部を第一志望に受験するも、あえなく失敗。その後、どういうわけか志望を大きく変えて、三年後に日大の工学部建築学科に進学します。そして教会で知り合った医者の娘さんと、何と学生結婚!しばらくすると、今度は自分も医者になりたくなったようで、お義父さまにお金を出してもらい、医学部を目指して受験勉強を再開します。そして苦難の末、めでたく合格したのです。
彼は現役時は「私立文系」で、理系の科目は全く出来ませんでした。「アタマが切れる」という印象はなく、学年順位は恐らく「中の下」ぐらい。それで国立の医学部によく合格したものだと、クラスの友人一同、皆、あっけにとられたものです(註・私たちの高校は三年生になっても文系/理系の区別がなく、「私立文系」が第一志望でも数Ⅲや物理Ⅱが必修でした)。
まあ、それはそれでいいのですが、実はこの男、運動神経が抜群だったのです。クラブは「マンドリン部」に属して上品に音楽などをやっていたのですが、体育の授業で「床運動」や「鉄棒」をすると、どう見ても「体操部」所属にしか見えないほど、クルクルと飛び跳ね、飛び回る。前回も書いたように私自身は運動音痴だったので、「なぜコイツにはこんなことが、こんな簡単そうにできるのだろう」と、私はいつも羨望の念をもって見ていました。その彼が「脳外科医!」になったのです。ひょっとしたら、手術は「アクロバット的!!」に上手なのかもしれません。
※      ※      ※
さて、フランス語に“les doigts dans le nez/指を鼻の中に入れて”という表現があります。いつものようにネットで調べてみると(https://fr.wiktionary.org/wiki/les_doigts_dans_le_nez)、それが意味するところは“très facilement/とても簡単に”、“sans aucune difficulté/何の困難もなしに”。同じサイトの例文を見ると「il résout les intégrales les doigts dans le nez/彼は“指を鼻の中に入れて”積分を解いてしまう」とか、「Qualifié les doigts dans le nez pour les huitièmes de finale du championnat du monde/“指を鼻の中に入れて” 世界選手権ベスト16に進出する」が挙げられています。
別のサイトによれば、1912年に競馬界で生まれた表現だそうで、実話か否か確認できないのですが、「le jockey est arrivé premier les doigts dans le nez/そのジョッキーは“指を鼻の中に入れて”一位でゴールした」という文が紹介されていました。

“Les doigts dans le nez”

その段で言えば、上記の友人は“指を鼻の中に入れて”バク転をしたり、大車輪をしたりしていたのです。
※      ※      ※
少し前のことですが、東大法学部を首席で卒業したというテレビのコメンテーターが、岸田総理がかつて東大受験に三回失敗していることを皮肉って、「よっぽど受験が好きなんだな」とか「ちょっと勉強すれば受かっちゃう」などと放言したことがありました。自分は「指を鼻の中に入れてw」東大文一に現役で合格した(=岸田さんよりずっと頭がいい)と言っているわけですが、さすがにこの発言に対して世間の反発は凄まじく、ネットでは炎上。「その得意のお勉強で、総理大臣になってみればいい」などと、意地の悪いコメントもありました。
しかし、上記の友人の例からしても、私は大学入試における成績と「地頭=本当の知的能力」に、決定的な相関関係があるとは考えていません。もちろん、「素質」が関与していることは否定できませんが、テストでの得点力には「努力の総量と要領の良さ」も大いに関係するからです。
私は博士課程の学生だったとき、ある予備校で英文解釈の教師をしていました。自分自身が予備校で教えてみると本当によくわかるのですが、受験勉強には明らかに「コツ(truc)」があります。まず、科目ごとに効率的に得点を伸ばす勉強方法がありますし、さらに科目の特性に合せて、比較的安定して高い総合点を取る方法もあります。具体的に言えば、文系なら英語と社会(←「努力」と「要領」がものを言い、得点に差がつきやすく、出来・不出来があまりない)で「勝負」です。それが分かっていないと、第一志望の大学に合格するのは難しいと思います。
この記事を読んでくださっている方の中には、第一志望に合格できず、滑り止めの大学で勉強している方もいらっしゃることでしょう。でも、失敗したからといって、自信を失う必要はありません。本当の「勝負」はこれからだと思って、頑張ってください。

-blog, 未分類

執筆者:

関連記事

ヒナギクの花びらをむしる

恋占い(effeuiller la marguerite)

こんにちは。バゲットです。 カナダの作家、アリス・マンロー(Alice Munro、2013年ノーベル文学賞受賞)に「恋占い」という短編小説があります。中学生の女の子二人が、地味な中年の独身女性に、遠 …

織物のクレープが男性名詞

男のクレープと女のクレープ “le” crêpe et “la” crêpe

こんにちは。バゲットです。 今回もクレープのお話です。二回連続で、クレープが嫌いな方は「もう、うんざり(J’en ai marre !)」とお思いかも知れませんが、これで終わりですので、どうぞ最後まで …

自分を「書く才能に恵まれていない

君は「ガリ勉」?(Tu es fort en thème ?)

こんにちは。バゲットです。 私は学生時代、仏作文のトレーニングとして、フランス語の原文テクストを「再構成」(要するに「暗記」)する練習をしていました。 英語学者で上智大学教授(当時)の渡部昇一さんが『 …

死んだネズミのように(comme un rat mort)

こんにちは。バゲットです。 この原稿を書いている5月の末、東京でも「緊急事態(état d’urgence)宣言」が解除されて、街も徐々に人出を取り戻し、経済も少しずつ回り始めているようです。 私は大 …

半過去の語尾活用の書き方

半分の過去(l’imparfait)?

半過去の語尾活用

2021/11/18

指を鼻の中に入れて(les doigts dans le nez)

自分のお皿の中にいない

2021/09/27

自分のお皿の中にいない(ne pas être dans son assiette)

2021/08/02

お風呂の中に入る(se mettre dans le bain)

2021/06/16

白いキャベツを作る(faire chou blanc)

いかにして月末を丸くするか

2021/05/10

月末を丸くする(arrondir ses fins de mois)

faire la cour a quelqu'un

2021/04/23

ボクと付き合ってよ(Tu veux sortir avec moi ?)

ゴキブリを持つ(avoir le cafard)

2021/02/27

ゴキブリを持つ(avoir le cafard)

2021/01/27

フランス語・部分冠詞と不可算名詞(Les articles partitifs et les noms non-comptables)

2020/12/07

オレの趣味じゃないよ(Ce n’est pas mon genre !)

ニンジンが煮えた

2020/11/12

ニンジンが煮えた(Les carottes sont cuites)

地位が不安定だ

2020/10/12

枝の上の鳥のように(comme un oiseau sur la branche)

2020/09/12

馬車馬のように働く(travailler comme une bête de somme)

2020/07/31

イチゴを持ち帰る(ramener sa fraise)

サラダを語るのイラスト

2020/06/29

サラダを語る(raconter des salades)

2020/05/29

死んだネズミのように(comme un rat mort)

不定冠詞

2020/04/28

フランス語・不定冠詞と定冠詞(Les articles définis et indéfinis)(3)

スカイプ

2020/04/08

コロナウイルス:Skypeでレッスンを受けたい学生向け

(お知らせ)新型コロナウィルス感染症への対応について

2020/04/05

(お知らせ)新型コロナウィルス感染症への対応について

2020/03/16

フランス語・不定冠詞と定冠詞(Les articles définis et indéfinis)(2)

2020/02/26

フランス語・不定冠詞と定冠詞(Les articles définis et indéfinis)(1)

2020/02/10

オシッコ・テロに気をつけて!(Faites attention aux attentats au pipi !)

頭の内側に髪の毛が生える

2020/01/24

頭の内側に髪の毛が生える(avoir les cheveux qui poussent à l’intérieur)

Joyeux Noel

2019/12/23

JOYEUX NOEL A TOUS!!!

2019/12/09

2020の予約システムアップデート(生徒さんへ)

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。