サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog

ノミの市(le marché aux puces)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

「ノミの市」については、かなり若い頃から知っていたように思います。その呼称の由来まで考えたことはありませんでしたが、使いようのないガラクタや不潔な古着なども売っていて、汚いから「ノミの市」と言うのだろうと、漠然と考えていました。
「ノミの市」がフランス語の marché aux puces の翻訳で、その発祥の地がパリであることを知ったのは、大学入学後、フランス語の勉強を始めてからのこと。
以前読んだ、あるエッセイによれば、昔、パリの町は城壁によって取り囲まれていて、ゴミ回収のような行政サービスはなかったため、パリの市民たちは城壁の外に勝手にゴミを捨てていた。一部の人たちは、そうして捨てられたゴミの中から、まだ使えそうなものを拾ってきて、市内に持ち込んで売っていた。それらの中にはノミ(puces)の付いた古着等もたくさんあったため、いつの間にか、「ノミの市(marché aux puces)」と呼ばれるようになった・・・ということでした。
ノミの市
今回、この記事を書くに当たって調べ直してみたのですが、上に書いたことはおおむね正しいようで、ウィキペディア・フランス語ヴァージョンには、「パリのノミの市はその起源を、町の中心部で開かれた中世(!)の市場まで遡る」とか、「ゴミ回収業者たち(récupérateurs)は、その場所(ces lieux=町の中心部)から追い出されて、パリの郊外に(vers l’extérieur de Paris)店を構え、小さな市を形成した」とか、「1635年、リシュリュー(Richelieu)は、新品の取引を推奨するため、首都の内部における回収品の取引を禁止した」とか、出てきます。
パリで最大なのが、サントゥーアン(Saint-Ouen)のノミの市。最寄りの駅名からクリニャンクール(Clignancourt)とも呼ばれます。公式には1885年の設立で、現代では「骨董屋と古物商の世界最大の密集地帯(la plus importante concentration d’antiquaires et de brocanteurs du monde)」になっています。年間500万人が訪れ、フランス人・外国人観光客の他、しばしばセレブリティーを見かけることもあるそうです。モントルーユ(Montreuil)とヴァンヴ(Vanves)を加えて、「三大ノミの市」と言いますが、開くのは終末(+月曜)だけですので、行かれる方は気をつけましょう。
私は、パリは旅行程度でしか滞在したことがないので、ノミの市には行ったことがありません。今度パリを訪れたら、ぜひとも、覗いてみたいと思っています。
   ※        ※       ※
さて、「フリーマーケット」という呼称も、私は若い頃から知っていました。しかし私は長い間、それを「自由な(free)市場」だと信じていました。正規の商品ルートから外れたところで、不要になった中古品を、法律による厳しい規制は無しに「自由(free)」に売買しているから、そのように呼ぶのだと思い込んでいたのです。「フリーマーケット」の「フリー」がノミ=fleaだと知ったときは、本当に驚きました。
他愛ない勘違いで間違って覚えていることは、いろいろとあるようです。「自分は何も知らない」という謙虚な気持ちは、持ち続けたいものですね。

-blog

執筆者:

関連記事

水の中の屁の一撃である

水の中の「屁」の一撃(un coup de pet dans l’eau)?

こんにちは。バゲットです。 もう何年も前のことですが、フランスのテレビニュースを見ていて、ユーロ圏のギリシャ支援策について、解説者が「セ・タン・クー・ドゥ・ぺ・ダン・ロー」と言ったように聞こえました。 …

フランスの家族海海岸で

ヴァカンスに行こう!(1)

こんにちは。バゲットです。 勤務先の大学で学期末試験が終わり、テストの採点と成績の提出も完了して、私もようやく夏休み。昨日は久しぶりに、終日、のんびりと過ごしました。 ということで、今回はフランスのヴ …

ジュリアン・ソレル(Julien Sorel)

スタンダール流女の子の口説き方(la manière stendhalienne de séduire une fille)(2)

こんにちは。バゲットです。 スタンダール(Stendhal)の『赤と黒(Le rouge et le noir)』で、大貴族ラ・モール侯爵の秘書となったジュリアン・ソレル(Julien Sorel)は …

歌手が来た!(Une cantatrice à l’école !)

こんにちは。レコール・ド・フランセ教師のフランク(Franck)です。 歌手で、当校の生徒でもある竹本絵里子さんをご紹介いたします。 本年4月に開催されるオペラ・リサイタルに出演する歌手の方が、フラン …

ヒナギクの花びらをむしる

恋占い(effeuiller la marguerite)

こんにちは。バゲットです。 カナダの作家、アリス・マンロー(Alice Munro、2013年ノーベル文学賞受賞)に「恋占い」という短編小説があります。中学生の女の子二人が、地味な中年の独身女性に、遠 …

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。