サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog

たんぽぽと夜尿症(オネショ)(pissenlit/pisse en lit)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

ロバート・F・ヤングというアメリカのSF作家の作品で、「たんぽぽ娘(The dandelion girl/La fille aux cheveux d’or)」という短編小説があります。『SFマガジン』の「オールタイムベストSF」で海外短編部門8位に選ばれるなど、SFファンの間では知らない者のない名作です。調べてみると、竹宮恵子が漫画にしていますし、最近では「ビブリア古書堂の事件手帖」(剛力彩芽主演)でも紹介されていますから、そちらでご存知の方も多いと思います。
40代の妻帯者の弁護士が、避暑地の丘の上で、「風におどるたんぽぽ色の髪」の若い女性と出会う。彼女は240年後の未来から、父親が開発したタイムマシンでやって来たという。何度か逢瀬を重ねるうちに互いに恋に落ちるのだが、女性の父は病気で亡くなり、タイムマシンは消耗が激しい。「マシンはあと一度しか使えない」と言い残して、女性は去って行く。
翌日も、その翌日も、さらにその翌日も、彼女は来ない。2ヶ月ほどしたある日、ちょっとした切っ掛けで、主人公は、20年前、彼の妻が初めて彼の前に現われたときのことを思い出す(分かりますか?彼女はタイムマシンを使うのです)・・・。
中年男性が愛した若い女性は、実は彼の奥さまだったという、ロマンチックで心温まるお話です。
たんぽぽ
さて、「たんぽぽ」を意味するフランス語には、英語のdandelionに対応する「ダンドゥリヨン(dent-de-lion=ライオンの歯)」があって、花の形がライオンの歯に似ているためにそのように言うのですが、この語を使うことは「まれ」だということです。
通常、フランス語で「たんぽぽ」は「ピッサンリ(pissenlit)」。Pisse(小便)+en lit(ベッドの中で)、つまり「夜尿症(オネショ)」ですね。フランスなどヨーロッパでは、たんぽぽはサラダ用植物として一般に食されており、利尿作用があることから、この名前が来たそうです。ヨーロッパの先進国でも、大部分の国民に十分な食料が行き渡るようになったのは、ほんの百数十年前のことでしょう。それ以前は野に咲くたんぽぽも、貴重な食料の一つだったはず。たんぽぽをたくさん食べてオネショをする子供も、本当にいたのでしょう。
サラダにするときは、葉っぱも花も根も食べるそうで、根はコーヒーの代用にされたこともあるそうですが、フランス語には「たんぽぽの根をかじる(manger les pissenlis par la racine)」という言い回しもあります。「死んで埋葬されている」という意味で、日本語でも「草葉の陰」と言いますから、発想は似ていますね。
※    ※      ※
というわけで、上で紹介した「たんぽぽ娘」、フランス語に直訳すると「オネショ娘」みたいな感じになっちゃいます。そんなタイトルでは、折角のロマンチックSFも台無しですね。

-blog

執筆者:

関連記事

本の虫, 図書館のネズミ

図書館のネズミ(rat de bibliothèque)

こんにちは。バゲットです。 私は高校時代、日曜日や休暇中は、一日中図書館で勉強することを習慣にしていました。自宅では集中力が途切れ、ボーっとしてしまうことが多いので、皆が勉強している場所で勉強すること …

ノミの市

ノミの市(le marché aux puces)

こんにちは。バゲットです。 「ノミの市」については、かなり若い頃から知っていたように思います。その呼称の由来まで考えたことはありませんでしたが、使いようのないガラクタや不潔な古着なども売っていて、汚い …

ジェラール・ドパルデュー

『あるいは裏切りという名の犬(36 quai des Orfèvres)』

こんにちは。バゲットです。 今回紹介したいのは、フランスの刑事映画『あるいは裏切りという名の犬』(2004年)。原題(36 quai des Orfèvres=オルフェーヴル河岸36番地)は、パリ警視 …

CatherineDeMedicis

マカロンはお好き?

こんにちは。バゲットです。  最近、日本国内のフランス好きやフランス関係者の間で、フランス共和国大統領エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)に名前が似ているということで、一躍、脚光を …

男性名詞と女性

フランス語・男性名詞と女性名詞(les noms masculins et les noms féminins)(1)

こんにちは。バゲットです。 たまには趣向を変えて、今日はフランス語の文法について書きましょう。 多くの場合、フランス語の勉強を始めたばかりの方が、まず最初に戸惑うのは、名詞に「性」があることではないで …

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。