サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog

天国にいちばん近い島 (l’île la plus proche du paradis)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

ご年配の方なら、『天国にいちばん近い島』という映画をご記憶の方も多いでしょう。1984年に公開された作品で、当時売り出し中の原田知世が主演した映画です。主人公が自転車を引いて歩いているとヤシの実がたくさん転がってきて倒れてしまうシーンや、海辺のドラム缶のお風呂に入って泣くシーンなど、印象的な場面もありました。原田が歌う同名の主題歌もヒットしましたから、そちらでご記憶の方もいらっしゃるかもしれません。
作中で主人公が「天国にいちばん近い島」と考えて旅立つのが、フランス領のニューカレドニア。先日(11月4日)、フランスからの独立の是非を問う住民投票が行われ、結果は投票率80%超、うち「独立に反対」が56%で、フランスに残留することになりました。「一体どんなところなんだろう」と思って、調べてみると・・・
日本では英語風に呼びますが、フランス語ではヌーヴェル・カレドニー(la Nouvelle-Calédonie)。本島(Grande Terre)とその周辺の小島からなり、総面積は18000平方キロあまり。日本の四国と同じくらいの大きさです。位置は南半球でオーストラリアの1200キロ東、ニュージーランドの1500キロ北西。南回帰線の少し北の熱帯に属します。珊瑚礁(世界遺産)に囲まれていて、海は穏やか。ホント、海水浴をするにはよさそうです。
天国にいちばん近い島
本島はほとんどが山岳地帯で、東は熱帯雨林、西は草原やサバンナ、乾燥性の森林(forêts sèches)だとのこと。
人口は27万人(四国は375万人)、人口密度は15人/平方キロ。人間はほとんどいないと言ってもよさそうです(笑)。
では何がいるのかというと、珍しい動物がたくさんいます。たとえば、こんな鳥(↓)。
カグー
地域のシンボルとなっている、カグー(cagou)です。体長60センチぐらい。山岳部の密林に住んでいて、飛ぶことはできません。
ニューカレドニアは長期にわたって地理的に孤立していたため、他にもいろいろな固有種がいるそうです。また、海にはジュゴンもいます。
歴史的には、もともと先住民カナック(Kanaks)が住んでいたところに、1774年キャプテン・クックが上陸し、1853年ナポレオン三世の時代にフランス領になりました。その後、ニッケル鉱山が発見されて、多くのフランス人が移住したそうです。1980年代半ばに先住民による独立闘争が激化し、それが今回の住民投票につながりました。
※      ※      ※
実を言うと私は、一時、定年退職後はフランスに移住しようかと考えていました。しかし調べてみると、「アメリカに40年も住んでいた人でも年を取ると日本語しか話せなくなる」とか、「老人ホームに入ると油っこいものばかり食べさせられる」とか、恐ろしい話がたくさん出てきます。
そこで次に考えたのが、留学。10年ほど前から勉強している政治哲学で、博士号を取ろうかと。しかし年老いた母親を放り出して地球の反対側に行ってしまうのは、やはり気がとがめます。で、閃いたのが、ここニューカレドニアだったのです。
ここにも大学はあります。東京から飛行機で8時間40分、時差は2時間。何かあれば、すぐに帰れる。
と、漠然とした「計画」はあるのですが、一体どうなることでしょう・・・。

-blog

執筆者:

関連記事

フランスのレジオン・ドヌール

レジオン・ドヌール勲章(Légion d’honneur)(1)

こんにちは。バゲットです。 記憶がひどく曖昧で申し訳ないのですが、私が子供の頃(1960年代)のテレビアニメ(あるいはマンガ?)の登場人物で、普通の子供なのにどういう訳か胸に勲章をつけていて、ことある …

サン=ミシェル

フランス語学校の ブログ悪魔の尻尾を引っ張る(tirer le diable par la queue)(2)

こんにちは。バゲットです。 前回書いたように、フランス語には「悪魔の尻尾を引っ張る(tirer le diable par la queue)」という表現があります。「ひどくお金に困っている」という意 …

ネコ舌=ラング・ド・シャ

ネコの舌(langue de chat)

こんにちは。バゲットです。 皆さまご存知のように、日本語で、熱い食べ物が苦手な人のことを「ネコ舌」と言います。個人的な印象では女性に多いようで、少なくとも私は、男性で「ネコ舌」という人には会ったことが …

大天使ミカエル

悪魔の尻尾を引っ張る(tirer le diable par la queue)

こんにちは。バゲットです。 私は収入の少ない、「恵まれない階層(classe défavorisée)」の人間なので、できるだけ質素に生活するよう努めています。特に食事や衣類等、日常の生活費は可能な限 …

ビーフステーキのフライドポテト添え

ビーフステーキの思い出(souvenirs de steak-frites)

こんにちは。バゲットです。 私が子供のころは、外国からの牛肉の輸入が制限されていて、「ビーフステーキ(=ビフテキ)」といえば高級料理の代名詞のようなものでした。私の実家は千葉の山奥の農村地帯ではわりと …

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。