サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog

ジャガイモの花(les fleurs de pomme de terre)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

ジャガイモといえば、肉じゃが、コロッケ、ポテトサラダ、カレーやシチューなど、さまざまな料理で用いられる、日本でも代表的な食材の一つです。日本全国で栽培されていますし、千葉の私の実家でも作っています。小学校の理科の授業で栽培し、収穫後、クラス全員で茹でて食べた方も、多いのではないでしょうか。
ジャガイモはアメリカ大陸(インカ帝国周辺)が原産で、16世紀にスペイン人がヨーロッパにもたらしました。佐藤賢一さんの小説『傭兵ピエール』に、ジャンヌ・ダルク(Jeanne d’Arc)の傭兵である主人公がジャガイモを食べる場面があるそうで、以前、私の友人が「そんなのあり得ない」と文句を言っていたのを覚えています(ご参考までに書いておけば、ジャンヌ・ダルクによるオルレアン解放は1429年、コロンブスの新大陸発見は1492年です)。
言うまでもなく、ジャガイモはフランスでもいろいろな料理に使われる重要な食材の一つです。私は特に、ステーキやハンバーグの付け合わせに出てくるフライドポテトが大好きで、留学中はいつも大量のトマトケチャップをつけて、大量に(学食では食べ放題だったので)食べていました。
フランス語で「ジャガイモ」は、pomme de terre、直訳すれば「地面のリンゴ」です。地下で成長して形がリンゴに似ているからそのように言うのでしょう。ちなみに、サツマイモは patate douce (=甘いpatate)で、口語ではジャガイモを patate と言うこともあるようです。英語(ジャガイモ/サツマイモ=potato/sweet potato)と同じですね。
比較的よく知られていることですが、ジャガイモをフランスに普及させるのに大きく貢献したのは、王妃マリー・アントワネット(Marie-Antoinette)。当時のフランスはしばしば凶作と飢饉に襲われており、それへの対策として、農学者パルマンチエ(Antoine-Augustin Parmentier)の進言を受けて、ジャガイモの栽培を積極的に推奨したそうです。ジャガイモの花を好んで髪飾りや胸飾りに用いた、とも言われています。
ジャガイモの花
ジャガイモは栽培が簡単で、収穫量も多い上に、味も美味しいことがあって、フランス全土に急速に普及しました。数ヶ月前、France 2 のルポルタージュで見たのですが、ジャガイモの普及に伴って、フランスでそれまで伝統的に食されていたイモ類は衰退し、今では食卓に上ることはほとんど(全く?)ないとか。一部のレストランや料理研究家が「伝統的フランス料理の保存」のため、農家に委託して特別に栽培しているようですが、かなりの手間がかかって、どうしても値段は高くなってしまうそうです。一体、どんなイモなのでしょうか。一度、食べてみたいものですね。

-blog

執筆者:

関連記事

自分の桃を割る

自分の桃を割る(se fendre la pêche)

こんにちは。バゲットです。 今回も「桃」のお話です。クレープについて二回連続で書き、桃についても二回連続なので、クレープも桃も嫌いな方(←もしいればw)は「もう、うんざり(J’en ai ras le …

チョコレート

チョコレートをめぐる闘争(la lutte pour le chocolat)

こんにちは。バゲットです。 私が若い頃(1980年代)は、東京でもチョコレートの専門店はあまり見かけませんでした。だから、フランス語に「ショコラティエ(chocolatier)=チョコレート屋」という …

新年明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます!

      Chers étudiants, chères étudiantes, Bonne année à tous ! Il y a 10 ans, en janv …

フランス人作家ピエール・ルメートル(Pierre Lemaitre)の『その女アレックス(Alex)』

『その女アレックス(Alex)』

こんにちは。バゲットです。 ミステリー小説の「本場」とされるのは一般に英米で、フランスのミステリーは、ガストン・ルルー(Gaston Leroux)の『黄色い部屋の謎(Le mystère de la …

イヌのように(comme un chien)

こんにちは。バゲットです。 一ヶ月ほど前に書いた“avoir d’autres chats à fouetter(他に鞭打たなければならないネコがいる=他にもっと重要な仕事がある)”を始めとして、“d …

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。