サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

grammaire 未分類

フランス語・部分冠詞と不可算名詞(Les articles partitifs et les noms non-comptables)

投稿日:

明けましておめでとうございます。バゲットです。
昨年中は当ブログをご愛読いただきまして、どうもありがとうございました。本年もよろしくお願い申し上げます。
※      ※      ※
さて、昨年春にアップした「フランス語・不定冠詞と定冠詞(Les articles définis et indéfinis)」(https://lecoledefrancais.net/les-articles-definis-et-indefinis/)は、大変なご好評をいただいたようです。そこで今回はその「続編」ということで、「部分冠詞(articles partitifs)」について書きましょう。
まずは「基本」から。部分冠詞は、①具体的に存在する(=抽象的ではない=一般論/ジャンルではない)、②不特定の(=どれを指すか聞き手がわからない/どれでもいい)、③不可算名詞(=「数」ではなく「量」や「強度」で捉えるべきもの=食べ物/飲み物、人の性質/感情など)につけて用います。
形は三通りあってdu+男性名詞(du café/コーヒー、du courage/勇気)、de la+女性名詞(de la viande/肉、de la tristesse/悲しみ)、de l’+母音または無音のhで始まる男性・女性名詞(de l’eau/水、de l’amitié/友情)。「不可算名詞」ですから「複数形」はありえません。
「部分冠詞は若干量を示す」と書いてある教科書・参考書もありますが、私はその言い方には違和感を持っています。たとえば「紅茶(du thé)を飲む」なら、カップ一杯か二杯でしょうから「若干量」でもいい。でも、「ビール(de la bière)を飲む」なら一リットル以上飲む人もいますし、北国で雪が降って「庭に雪(de la neige)が積もっている」だったら膨大な量になるでしょう。あるいは同じ「雪」でも、「両手ですくう」なら量はお茶碗一杯くらい。ですから、「量」については「若干量」というより、「適量(=具体的な量は示しておらず、ものによって異なる、場合によって異なる)」と言ったほうがよいように思います。
さて、このように部分冠詞は「不特定」の不可算名詞につけて適量を示すわけですが、逆に言えば不可算名詞でも「特定のもの」(=どれを指すか聞き手がわかっている)には、定冠詞を用います。“ J’apporte du vin/ワインを持ってくるよ”ですが、“ Le vin que tu m’as apporté était délicieux/キミが持って来たワインはとても美味しかった”です。
また、「具体的なもの」ではなく、「抽象的なもの=一般論/ジャンル」を言うときも定冠詞。“ J’aime le vin/私はワインが好きだ”ですね。

Aimer le/les gateaux

それでは、「不可算名詞」と「可算名詞」はどのように区別すればよいのでしょうか。
上では「不可算名詞」は「『数』ではなく『量』や『強度』で捉えるべきもの」につけると書きましたが、実は「可算/不可算」のこの区別は複雑怪奇で、細かいことを言い出すと切りが無いのです。しかし前提として、この区別が最終的には大した根拠のない「ただの習慣」であることは覚えておいた方がいい。「ただの習慣」だから理屈で説明しにくいこともあるし、英語とフランス語で異なることもあります。たとえば英語でinformation/news/homeworkは「不可算名詞」ですが、それに対応するフランス語のinformations/nouvelles/devoirs(すべて複数形で書きました)は「可算名詞」なのです。
また、「可算/不可算」両方可能な単語もあって、ケースによって使い分けることにも注意してください。フランスパン(バゲット)は、パン屋さんで買うときは「可算」ですが(une baguette, deux baguettes)、食べるときはまるまる一本食べる人はめったにいませんから、「不可算」(de la baguette)。仮に大食漢がまるまる一本食べるなら、“une baguette/可算”と言うことも可能ですが、それはあくまでも例外的なケースでしょう。
あるいは「魚」も同様。魚釣りに行ったときは、「10匹(dix poissons)釣れたよ/可算」と言えますが、「魚を料理する(préparer du poisson)」では「不可算」。釣っているときの魚は数えられますが、まな板の上に置いたら数えられなくなる。「食べ物」になってしまうと、「数」より「量」で考える方が適切だからです。ただしこちらも、たとえば鮎の塩焼きを頭から尻尾まで骨ごとバリバリ食べるなら、“ un poisson/可算”と言えないわけでもない(もちろん実際には「まれ」でしょうが)。
同じように、「(農家の)私はウサギを飼育する」は“ J’élève des lapins/可算”、「私はウサギ(の肉)を食べる」は“ Je mange du lapin/不可算”。「私は(ペットとして)ウサギが好き」は、“ J’aime les lapins/可算”、「私はウサギ(の肉)が好き」なら、“ J’aime le lapin/不可算(以上、一般論/ジャンルについて語っています)”です。
※      ※      ※
不定冠詞(un, une, des)/部分冠詞(du, de la)/定冠詞(le, la, les)の区別が難しい理由の一つは、そこに三通りの分類が介入することでしょう。つまり、抽象的(=一般論、ジャンル)/具体的、特定/不特定、可算/不可算です。小学校レベルの算数で言えば、2×2×2=8通りに分かれます(実際には「抽象的なもの」に「特定/不特定」の区別はありませんから、8通りにはなりませんが)。
これら三通りの分類において、抽象的なもの(=一般論、ジャンル)はすべて「定冠詞」(le, la+不可算、les+可算複数/数えられるものは「複数」が原則)を用います。具体的に存在するもので特定のものも「定冠詞」。
具体的に存在するもので不特定のものは、「可算なら不定冠詞/不可算なら部分冠詞」です。
難しいかも知れませんが、アタマの片隅に置いておくとよいでしょう。

-grammaire, 未分類

執筆者:

関連記事

死んだネズミのように(comme un rat mort)

こんにちは。バゲットです。 この原稿を書いている5月の末、東京でも「緊急事態(état d’urgence)宣言」が解除されて、街も徐々に人出を取り戻し、経済も少しずつ回り始めているようです。 私は大 …

イチゴを持ち帰る(ramener sa fraise)

こんにちは。バゲットです。 前回も書いたように、私が子供のころ、私の家では周囲の畑でいろいろな野菜・果物を栽培していました。野菜は多くが自家消費用で、余った分は近所の家にお裾分けしていました。その代わ …

2020の予約システムアップデート(生徒さんへ)

https://www.supersaas.jp/schedule/francais-takadanobaba/lesson

フランス語・不定冠詞と定冠詞(Les articles définis et indéfinis)(2)

こんにちは。バゲットです。 前回書いたように、不定冠詞は「不特定」の「可算名詞」につけて用います。ここで「不特定」とは、「どれを指すか聞き手にはわからない」、あるいは話し手にとっても聞き手にとっても「 …

半過去の語尾活用の書き方

半分の過去(l’imparfait)?

半過去の語尾活用

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。