サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog grammaire

フランス語・不定冠詞と定冠詞(Les articles définis et indéfinis)(1)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

久しぶりにフランス語の文法について書きましょう。

さて、私は英語のa/theの使い分けについて、中学校・高校できちんと教えてもらった記憶がありません。今になって考えてみると、先生自身もあまりよく理解していなかったのかもしれません。参考書等を読んでもピンと来ず(←細かすぎて、「普通」どのように使うのかがわからない)、そもそもわからなくてもテストで点数は取れるのでw、ずっといい加減なままになっていました。

そんな状態でしたから、大学に入ってフランス語を学んでも、やはり定冠詞と不定冠詞の違いはよくわかりませんでした。ようやくわかるようになったのは、大学院生になってからw。以前も書いたように、友人たちとフランス現代思想の原書の講読会をしたり、仏作文の練習にサン=テグジュペリの『人間の土地(Terre des hommes)』とカミュの『シーシュポスの神話(Le mythe de Sisyphe)』を暗記したり、あるいは語学学校に通ってフランス語会話を習ったりしているうちに、いつの間にか定冠詞と不定冠詞の区別もできるようになっていました。

おそらく冠詞の使い分けは、フランス語を勉強する日本人にとって、最も苦労する箇所の一つでしょう。ここで、できるだけコンパクトに、ザックリとまとめてみようと思います。

  • ※      ※      ※

まずは不定冠詞から。不定冠詞は、un+男性名詞単数形、une+女性名詞単数形、des+複数形で、「不特定」の「可算名詞」につけて用います。ここで「不特定」とは、「会話のその場面で特定されていない」ということ、もっと簡単に言えば「どれを指すか聞き手がわかっていない」、あるいは話し手にとっても聞き手にとっても「どれでもいい」ということです。

たとえば“J’ai un chat(=私はネコを飼っている)”は、聞き手はそのネコを知らないという前提での発言で(言うまでもなく、話し手はどのネコかわかっています)、聞き手がどのネコかわかっていないから、“un chat”。すでに何度かそのネコについて話したことがあるとか、聞き手が話し手の家に来てそのネコを見たことがあるときは、上の発言は飛ばして、いきなり“mon chat(=私のネコ)”と言えばいい。

また、どこかで見かけたイヌについて話すとして、初めて言及するときは、聞き手はどのイヌかわかりませんから、“un chien”。二度目以降は、「そのイヌ」だとわかりますから、“le chien/ce chien”と定冠詞や指示形容を用いるか、あるいは代名詞(il/le)で言い換えます。

さらに、八百屋さんで「リンゴを一つ下さい」と言うとき。このときは話し手にとっても聞き手にとっても「どれでもいい一つのリンゴ」ですから、“Donnez-moi une pomme”と、不定冠詞とともに用います。

複数形でも同様です。たとえば、「週末は何をするのが好きですか(Qu’est-ce que vous aimez faire le week-end ?)」と聞かれて、「友人たちと外出するのが好きです」と答えるとしましょう。そのときは、“J’aime sortir avec des amis”(←レコール・ド・フランセの初級用テキスト『スピラル/Spirale』の例文です)。ここで「友人たち」は、聞き手には具体的に「誰」を指すのかわからない「何人かの友人たち」ですから、“des amis”と不定冠詞を用います。もう一つ『スピラル』から引用すれば、“Tu voudrais faire quoi ce week-end ?(=キミはこの週末、何をしたいの)”に対しては、“Je voudrais voir des amis(=ボクは友人たちに会いたいな)”と、やはり不定冠詞(des)を使って答えています。ここでも「友人たち」は、聞き手にとっては不特定の、誰だかわからない「友人たち」だからです。

さて、注意しなければならないのは、不定冠詞をつけるのは「可算名詞」、つまり「一つ、二つ・・・」と数えることのできる名詞だということ。数えることのできない「不可算名詞」(=食べ物・飲み物、人間の性質・感情など)には不定冠詞ではなく、「部分冠詞」を用います。たとえば「私はビールを飲む」なら、“Je bois de la bière”ですね。なお、「数えられる」「数えられない」の区別は微妙な問題も含んでいますので、「部分冠詞」と合せて後日、書くことにしましょう。

次回は、定冠詞について書く予定です。

-blog, grammaire

執筆者:

関連記事

ワインの試飲

高級ワインの道(La route des grands crus)

こんにちは。バゲットです。 今回は、先日のフランスのテレビニュースから。 フランス「農業省(le ministère de l’Agriculture)」の発表によると、春になって厳しい寒波に見舞われ …

頭の内側に髪の毛が生える

頭の内側に髪の毛が生える(avoir les cheveux qui poussent à l’intérieur)

こんにちは。謎のキャラクター、バゲットです。 年末・年始は「忘年会」、「新年会」とお酒を飲む機会が多く、飲み過ぎて悪酔いして嘔吐したり、あるいは翌朝に二日酔いで苦しむ方も多いでしょう。 私も大学に入っ …

クリスマスおじさん

降誕祭おじさんとクリスマスの薪(Le père Noël et la bûche de Noël)

こんにちは。バゲットです。 前回も書いたように、私たちが知っているサンタクロ-スは、4世紀のキリスト教の主教・聖ニコラウス(Saint Nicolas)の伝説が根幹となって、それにさまざまな伝統、伝説 …

男性名詞と女性名詞

男性名詞と女性名詞(les noms masculins et les noms féminins)(3)

こんにちは。バゲットです。 ちょっと間が飛びましたが、三度、名詞の「性」について書きましょう。 さて、フランス語で人間(+身近な動物)以外をさす名詞が、男性名詞であるか女性名詞であるかは、その語の語尾 …

食用昆虫

昆虫を食べる(manger des insectes)

こんにちは。バゲットです。 数年前から、新聞やネットで、ときどき昆虫食についての記事を目にするようになりました。将来の人口爆発=食料難を見据えて、全世界に豊富に存在する昆虫が、「新たな」食料として注目 …

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。