サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog

エイプリルフールと四月の魚(le poisson d’avril)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

私は、自己意識のレベルではとても正直で誠実でウソなんかめったに言わない人間なのですが、反面、サーヴィス精神が旺盛なので、目の前にいる人を喜ばせようと、いつの間にか話が事実から微妙に(w)乖離してしまうことがあります。
たとえば、私が大学生のとき、夏休みに近所の公園のベンチで休んでいたら、子供たちが水鉄砲で遊んでいて、その水が私の服にかかったことがありました。秋学期が始まると、私は友人にそのことを話します、たとえばこんな風に。「夏休みのある日、私は渋谷のセンター街で暴力団の抗争に巻き込まれたw、双方が拳銃をバンバン撃っていてw、撃たれた男が頭から血を流して倒れていたw、流れ弾が私の顔をかすめて、私は怖くて腰を抜かしてしまったw」と。別にウソをついているつもりは全くないのですがw・・・
あるいは、大学院生のとき、ガールフレンドとイタリアンレストランで食事をしたところ、パスタに入っていたホウレン草が苦くて、あまり美味しくなかったことがありました。二週間後、私は友人にそのことを話します、たとえばこんな風に。「先日、カノジョと銀座の高級イタリアンレストランで食事をしたらw、パスタの中にバカでかいゴキブリが入っていてw、私は気づかずにそのゴキブリを半分食べてしまったw、おかげでひどい下痢を起こして三日も寝込んだw」と。ちょっとサーヴィス精神を発揮しただけなのですがw・・・
ということで、今回のテーマは「エイプリルフール」なのでした。
※      ※      ※
さて、フランスでも4月1日(le 1er avril)は、エイプリルフール。人々が家族や友人たちにイタズラをしたり、あるいはマス・メディアがウソのニュースを発信したりしてもよい、とされている日です。ただしフランスでは「エイプリルフール」とは言わず、le poisson d’avril (ル・プワソン・ダヴリル=四月の魚)と呼び、実際、ジョークやイタズラをした後、その張本人が「プワソン・ダヴリ~ル!」と言って、それがジョーク/イタズラであることを告知します。
最も一般的なのは、「プワソン・ダヴリル=四月の魚」にちなんで、紙で作った魚(poisson de/en papier)を他人の背中に貼り付けるイタズラ(↓)。
プワソン・ダヴリル=四月の魚
多くは子供たちが友人や学校の先生に対して行うのですが、先生の方も気がつかないふりをして、背中に魚を張ったまま授業をしたりするそうです。街中で知らない人の背中に張こともあるそうですから、来年以降、フランスで4月1日を過ごす方は気をつけてください。
他にもいろいろなイタズラがあるようで、ご参考までに紹介しておけば、こんなサイト(→http://www.topito.com/top-des-meilleures-blagues-du-1er-avril-hihi-mdr-lol-exlpdr-ferme-la)も見つかりました。
「四月の魚」の起源については、不詳。3月25日の「受胎告知」に関係するという説、フランス国王シャルル9世によるカレンダーの変更(1564年/年初を3月25日から1月1日に変更した)が起源だとする説、漁の解禁(あるいは産卵する魚を保護するための漁の禁止)に関係するという説、魚がキリストの象徴であることに起因するという説等々、さまざまな説がありますが、どれも確かな根拠がなかったり、あるいは反証があったりして、はっきりしたことは分からないそうです。
まあ、個人的な感想として言えば、上記(↑)はいずれも「まとも」すぎて、エイプリルフールの「起源」にはふさわしくないように思います。どうせなら、もっと徹底的にウソっぽい方が(たとえば「万葉集の中に書いてあるw」とか)、かえって真実味を帯びるかもしれません(←なはず、ないけどww)。

-blog

執筆者:

関連記事

ビーフステーキのフライドポテト添え

ビーフステーキの思い出(souvenirs de steak-frites)

こんにちは。バゲットです。 私が子供のころは、外国からの牛肉の輸入が制限されていて、「ビーフステーキ(=ビフテキ)」といえば高級料理の代名詞のようなものでした。私の実家は千葉の山奥の農村地帯ではわりと …

私のウサギちゃん

私のかわいいウサギさん(mon petit lapin)

大学1年の冬だったように記憶しているのですが、アーネスト・ヘミングウェイ(註)の『誰がために鐘は鳴る』を読みました。スペイン内戦(1936~1939)を舞台に、義勇兵として参戦したアメリカ人の青年ロバ …

雪だるま

雪だるまを作る(faire un bonhomme de neige)

こんにちは。バゲットです。 今年の冬は全国的に猛烈な寒波に襲われて、東京でも数年ぶりに積雪が、しかも二回もありました(2月5日現在)。公園や小学校の校庭で、雪だるまを作って遊んだ子供たちもいたでしょう …

イヌのように(comme un chien)

こんにちは。バゲットです。 一ヶ月ほど前に書いた“avoir d’autres chats à fouetter(他に鞭打たなければならないネコがいる=他にもっと重要な仕事がある)”を始めとして、“d …

サイトロゴ

祝!開設

皆さま、初めまして。謎のキャラクター、「バゲット」です。このたび、レコール・ド・フランセで公式ブログを開設することになり、その第一号執筆者に指名されました。 フランク&パスカルによれば、レコール・ド・ …

いかにして月末を丸くするか

2021/05/10

月末を丸くする(arrondir ses fins de mois)

faire la cour a quelqu'un

2021/04/23

ボクと付き合ってよ(Tu veux sortir avec moi ?)

ゴキブリを持つ(avoir le cafard)

2021/02/27

ゴキブリを持つ(avoir le cafard)

2021/01/27

フランス語・部分冠詞と不可算名詞(Les articles partitifs et les noms non-comptables)

2020/12/07

オレの趣味じゃないよ(Ce n’est pas mon genre !)

ニンジンが煮えた

2020/11/12

ニンジンが煮えた(Les carottes sont cuites)

地位が不安定だ

2020/10/12

枝の上の鳥のように(comme un oiseau sur la branche)

2020/09/12

馬車馬のように働く(travailler comme une bête de somme)

2020/07/31

イチゴを持ち帰る(ramener sa fraise)

サラダを語るのイラスト

2020/06/29

サラダを語る(raconter des salades)

2020/05/29

死んだネズミのように(comme un rat mort)

不定冠詞

2020/04/28

フランス語・不定冠詞と定冠詞(Les articles définis et indéfinis)(3)

スカイプ

2020/04/08

コロナウイルス:Skypeでレッスンを受けたい学生向け

(お知らせ)新型コロナウィルス感染症への対応について

2020/04/05

(お知らせ)新型コロナウィルス感染症への対応について

2020/03/16

フランス語・不定冠詞と定冠詞(Les articles définis et indéfinis)(2)

2020/02/26

フランス語・不定冠詞と定冠詞(Les articles définis et indéfinis)(1)

2020/02/10

オシッコ・テロに気をつけて!(Faites attention aux attentats au pipi !)

頭の内側に髪の毛が生える

2020/01/24

頭の内側に髪の毛が生える(avoir les cheveux qui poussent à l’intérieur)

Joyeux Noel

2019/12/23

JOYEUX NOEL A TOUS!!!

2019/12/09

2020の予約システムアップデート(生徒さんへ)

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。