サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog

もう、うんざり!(J’en ai assez !)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

このブログを定期的に読んで下さっている方はお気づきのことと思いますが、最近の記事で「もう、うんざり!」という意味の表現を三つ紹介しました。せっかくですので、ここで整理しておきましょう。
出てきた順番に再度記せば、J’en ai marre !/J’en ai ras le bol !/J’en ai ras le cul !
もう、うんざり!
en avoir marreをネットで検索してみると(https://fr.wiktionary.org/wiki/en_avoir_marre)、en avoir assez(もうたくさんだ)、ne plus supporter la situation(もはやその状況に耐えられない)とあります。したがって、日常的な日本語では「もう、たくさん」、「もう、うんざり」。反復・継続する状況、事柄(+それをする人)に対する「怒り」や「疲れ」、ケースによっては「飽き」を意味します。
たとえば、職場の先輩が何度も何度も同じ小言を言うから「わかったから、もういい加減にして下さい!」とか、友人が会うたびに愚痴を言うから「お前の愚痴はもう、聞き飽きた!」とか、山のように仕事があっていくら働いても終わらないから「もう、疲れたよ・・・」とか、そんなときに使いますね。
好きなことでも、あまりに続いて飽き飽きすれば、言うそうです。ラタトゥイユ(ratatouille)の好きな人が五日連続でラタトゥイユを食べさせられて、「もう、いいよ(=飽きた)」などの場合です。
de+名詞/動詞をつけて、「うんざり」する理由を明示することもできます。たとえば、J’en ai marre d’attendre (待つのはもう飽きた)、J’en ai ras le bol de ce travail (この仕事にはもううんざりだ)など。
上のサイトの定義にあった en avoir assez も含めて比較すると、おおむね、J’en ai assez !<J’en ai marre !<J’en ai ras le bol !<J’en ai ras le cul !(発音注意、「キュ」です)の順で、「くだけた」言い方になります。特に最後の文(←cul は「(人、動物の)尻、ケツ」を意味する語)は「下品(vulgaire)」と感じる人も多いようなので、上司やお客さんの前等、品格が求められる場面では使わない方がいいでしょう。
※      ※      ※
さて、私の日常生活で「うんざり」することって何だろう、と考えてみました。授業中の学生の私語、廃品回収車のスピーカー、マンションに一台しかないエレベーター等々、いろいろありますが、結局どれもたいしたことではありません。で、最後に思い当たったのが、パソコン!
パソコンについての私の知識や技術は初心者レベルで、それゆえ完全に使いこなすことはできず、私のパソコンにはしばしば些細な不具合が生じます。それは本当に些細な、どうでもよい不調なのですが、私はそれを修正することができません。結果として、その不調を伴ったまま、パソコンを使い続けることになる。
たとえば、Windows Vista を使っていたときだったように記憶しているのですが、私がネットに接続しようとすると、実際には接続できているにもかかわらず、「接続できませんでした」という表示が出ます。毎回、必ず出るのです。そんな不具合、どうでもいいと言えば、どうでもいい。しかしそれが300回とか500回とか続くと、いかに粘り強い(?)私も、J’en ai marre (もう、勘弁して)と言いたくなる・・・。
そんな次第で、私はWindows の新ヴァージョンが出るたびに、新しくパソコンを買い換えています。いつもお金がなくて、ピーピー言っているにもかかわらずw。

-blog

執筆者:

関連記事

クレープ

クレープを食べる(manger des crêpes)

こんにちは。バゲットです。 以前も書いたように、私は高校卒業と同時に上京し、世田谷区にアパートを借りました。家の近くには小さな喫茶店があって、近所の調理師学校の女の子たちがよく来ていました。別に彼女た …

トリュフ

トリュフを食べたことはありますか?(Vous avez mangé de la truffe ?)

こんにちは。バゲットです。 「恵まれない階層(classe défavorisée)」に属する(?)多くの男性がそうであるように、私は料理のことはほとんど何も知りません。 ところがこのことには意外なメ …

スタンダールの写真

フランス文学史上二番目のブオトコ(Le deuxième homme le plus laid de l’histoire de la littérature française)

こんにちは。バゲットです。 私が学部の学生だったとき、19世紀前半のフランス文学史の授業を担当したのは、スタンダール(Stendhal)が専門で「美男子」の誉れ高い(?)先生でした。ジュリアン・ソレル …

なまいき娘(L'effrontée)

『なまいきシャルロット(l’effrontée)』

こんにちは。バゲットです。   多少なりともフランス文化に興味をお持ちの方なら、シャルロット・ゲンズブール(Charlotte Gainsbourg)はご存知でしょう。フランス語テキスト『ス …

フランスのレジオン・ドヌール

レジオン・ドヌール勲章(Légion d’honneur)(1)

こんにちは。バゲットです。 記憶がひどく曖昧で申し訳ないのですが、私が子供の頃(1960年代)のテレビアニメ(あるいはマンガ?)の登場人物で、普通の子供なのにどういう訳か胸に勲章をつけていて、ことある …

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。