サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog

キリスト昇天祭と聖霊降臨祭(L’Ascension et la Pentecôte)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

私が若いころ、毎年、私の誕生日(anniversaire=記念日)になると、旧ソビエト連邦の赤の広場で、盛大な軍事パレードが催されました。その日、11月7日は私が生を受けた日であると同時に、1917年にロシアで共産主義革命が勃発した日、すなわち「革命記念日」だったのです。
当時は米ソ冷戦の真っ只中。明言する人はあまりいませんでしたが、日本にとって旧ソ連は「仮想敵国」です。その国が私の誕生日を軍事パレードで祝うのです。私はテレビでその光景を見るたびに、プライドをくすぐられると同時にバカにされているような、腹立たしいと同時に誇らしいような、何だかわけの分からない、ひどく不思議な気分になったものでした。
その後、大学に入ってフランス文学を勉強し、11月7日がアルベール・カミュ(Albert Camus)の誕生日であることを知りました。私とカミュは誕生日が同じなのです。カミュの小説や戯曲は好きだったので、こちらの方は素直に喜び、友人たちにも自慢しまくりましたw。そんなこともあって、後に知人の一人がドストエフスキー(Dostoïevski)と同じ誕生日(11月11日)だと知ったときは、微妙な「敗北感」を感じたものですがw。
で、ここで話は大きく飛躍しますw。最近フランスでは、キリスト教関連の二つの大きなイベントがありました。「キリスト昇天祭(今年は5月30日/祝日)」と「聖霊降臨祭(同じく6月9日/翌月曜日は休日)」です。「これも一種の記念日(anniversaire)だなぁ」(←ちと、強引かもしれませんがw)と思い、何を「記念する」日なのか、ちょっと調べてみました。
※      ※      ※
イエス・キリストは金曜日に十字架にかけられて死去し、翌々日の日曜日に復活します。それを祝うのが「復活祭(Pâques)」。
復活したイエスはいろいろな人の前に姿を現わします。弟子たちの前にも現れて、福音を全世界に伝えるよう命じます。そして彼らが見ているなか、イエスは天に昇るのです。「復活祭」から数えて40日後のこと。そのことを祝うのが「キリスト昇天祭(L’Ascension)」だったのです。
復活祭が日曜日ですから、昇天祭は自動的に木曜日になります。複数のフランス人に確認したところ、当日は教会でミサが行われ、家族によってはお墓参りに行ったりするそうですが、それ以外に特にパーティーを催したりする習慣はないそうです。ただ、翌日の金曜日を休みにして、四連休になる職場も多いとのことでした。
聖霊降臨祭
昇天祭の10日後が「聖霊降臨祭(la Pentecôte)」、こちらは日曜日です。イエスは昇天する直前、弟子たちに「近いうちに聖霊が降る」と予言していました。そしてその日、イエスの弟子や身内たちが「エルサレムの上の部屋(le Cénacle de Jérusalem)」(←「最後の晩餐」が行われた部屋)で祈っていると、「猛烈な風(vent impétueux)」のような音が聞こえ、天から「舌の形をした炎(langues de feu)」が各人の上に降って、「彼らは皆聖霊によって満たされた(ils furent tous remplis du Saint Esprit)」のです。このことを祝うのが聖霊降臨祭ですが、この日も特にパーティー等は行わないそうです。翌月曜日が国民の祝日です。

エリック=エマニュエル・シュミット(ピラトによる福音書)

エリック=エマニュエル・シュミット(ピラトによる福音書)


さて、フランスの作家エリック=エマニュエル・シュミット(Éric-Emmanuel Schmitt/国際的に著名な劇作家)に『ピラトによる福音書(L’Évangile selon Pilate)』という小説があります。イエスを十字架にかけたローマ総督ピラトの視点から、イエス・キリストの復活を描いた小説です。私は原書で読みましたが、設定が独創的でストーリーも面白く、大いに楽しむことができました。邦訳もあって、タイトルは『小説 イエスの復活』(https://www.nhk-book.co.jp/detail/000000053702001.html)。現在は「品切れ」ということですが、興味をお持ちの方は図書館で探してみたらいかがでしょう。なお、原文も平易なので、フランス語の得意な方は原書でどうぞ。

-blog

執筆者:

関連記事

水の中の屁の一撃である

水の中の「屁」の一撃(un coup de pet dans l’eau)?

こんにちは。バゲットです。 もう何年も前のことですが、フランスのテレビニュースを見ていて、ユーロ圏のギリシャ支援策について、解説者が「セ・タン・クー・ドゥ・ぺ・ダン・ロー」と言ったように聞こえました。 …

註・シャンボール城

ロワール渓谷の古城(Châteaux de la Loire)

こんにちは。バゲットです。 フランス中部、ロワール川の渓谷は、中世・ルネッサンス期に建てられた古城が点在することで有名です。2000年にはユネスコの世界遺産にも登録され(註・シャンボール城[↓]は19 …

ワインの試飲

高級ワインの道(La route des grands crus)

こんにちは。バゲットです。 今回は、先日のフランスのテレビニュースから。 フランス「農業省(le ministère de l’Agriculture)」の発表によると、春になって厳しい寒波に見舞われ …

エミール・ゾラ

バカロレアに落ちちゃった?(Si je rate mon bac ?)

こんにちは。バゲットです。 フランスでは今年も7月6日、バカロレア(baccalauréat)=「大学入学資格試験」の合格発表がありました。 今年の受験者は753,000人超で、合格率は78.8%。僅 …

彼女は桃を持っている

彼女は桃を持っている(Elle a la pêche)

こんにちは。バゲットです。 「桃」の話が二回続いた後、「農業見本市」を挟んで、今回は三度「桃」のお話です。桃も農業も嫌いな方(←もしいればw)は、「もう、うんざり(J’en ai ras le cul …

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。