サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog

『その女アレックス(Alex)』

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

ミステリー小説の「本場」とされるのは一般に英米で、フランスのミステリーは、ガストン・ルルー(Gaston Leroux)の『黄色い部屋の謎(Le mystère de la chambre jaune)』やモーリス・ルブラン(Maurice Leblanc)の『奇岩城(L’aiguille creuse=空洞の針)』など、少数の例外(註)を除いて、日本ではあまり読まれてはいないようです。
そんな事情ですから、2014年、フランス人作家ピエール・ルメートル(Pierre Lemaitre)の『その女アレックス(Alex)』(原著2011年)が翻訳出版されて、「このミステリーがすごい」海外編一位、「週刊文春ミステリーベストテン」海外編一位等、6冠に輝き、一般の読者の間でも絶大な支持を集めたことは、私にとってはちょっとした「快挙」でした。フランスの小説が日本でこれほど話題になったのは、一体、何十年ぶりのことでしょう。
フランス人作家ピエール・ルメートル(Pierre Lemaitre)の『その女アレックス(Alex)』
そこで、内容を紹介すると・・・
主人公はパリに住む非常勤の看護婦、アレックス。30歳の美しい女性です。一つの契約が終了し、しばらくは自身の個人的な「計画」に集中しようと考えています(この「計画」が、問題なのですが・・・)。
ところがある夜、彼女は帰宅途中に中年の男に襲われて、拉致されます。連れて行かれたのは、無人の倉庫。全裸にされた上、拷問用の、木製の小さな檻に閉じ込められてしまいます(原作の表紙↓の状態です)。
アレックスは男に尋ねます、「なぜ『わたし』なの」。男は答えます、「『おまえ』がくたばるところを見たいからだ」と。
『その女アレックス(Alex)』
さて、ある通行人が誘拐の場面を目撃し、警察に届け出ていました。通報を受けたパリ警察は直ちに捜査を始めますが、犯人や監禁場所はおろか、誘拐の目的や被害者の身元さえ分かりません。アレックスは、無事、救出されるのか・・・。
と、そこまではまだほんの「序章」です。「彼女は助かるのか?」という当初の興味は、物語が進むにつれて「この女は一体誰なんだ、何をしたんだ、何をしようとしているんだ?」に変わっていきます。
ミステリー小説なので、物語の詳細に触れることは避けますが、二転三転するストーリーはスリリングで、意外性に満ちて、独創的。
文庫の帯にあった「あなたの予想はすべて裏切られる!」というのは、本当です。
さらに、パリ警察の名警部、身長145センチのカミーユと上司の巨漢ル・グエン。カミーユの部下で資産家の御曹司、美男のマリアーニ。同じくドケチのアルマン。警察側4人組のやり取りも、ユーモラスで、ときに知的で、興味を引く。
噂に違わぬ、第一級のエンターテイメントだと言えるでしょう。お薦めですよ。

註) フランスのミステリーで、『週刊文春・東西ミステリーベスト100』(←ガイドブックとして有名)海外編でランキング入りしているのは、『黄色い部屋の謎』(28位)、『シンデレラの罠』(41位)、『わらの女』(53位)、『奇岩城』(92位)の4作品のみです。

-blog

執筆者:

関連記事

食用昆虫

昆虫を食べる(manger des insectes)

こんにちは。バゲットです。 数年前から、新聞やネットで、ときどき昆虫食についての記事を目にするようになりました。将来の人口爆発=食料難を見据えて、全世界に豊富に存在する昆虫が、「新たな」食料として注目 …

CatherineDeMedicis

マカロンはお好き?

こんにちは。バゲットです。  最近、日本国内のフランス好きやフランス関係者の間で、フランス共和国大統領エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)に名前が似ているということで、一躍、脚光を …

スタンダールの写真

フランス文学史上二番目のブオトコ(Le deuxième homme le plus laid de l’histoire de la littérature française)

こんにちは。バゲットです。 私が学部の学生だったとき、19世紀前半のフランス文学史の授業を担当したのは、スタンダール(Stendhal)が専門で「美男子」の誉れ高い(?)先生でした。ジュリアン・ソレル …

聖霊降臨祭

キリスト昇天祭と聖霊降臨祭(L’Ascension et la Pentecôte)

こんにちは。バゲットです。 私が若いころ、毎年、私の誕生日(anniversaire=記念日)になると、旧ソビエト連邦の赤の広場で、盛大な軍事パレードが催されました。その日、11月7日は私が生を受けた …

サンタクロースを信じる

サンタクロースを信じる(croire au Père Noël)

こんにちは。バゲットです。 私が若いころお世話になった先輩で、Aさんという、非常に優秀なのですが奇妙なイタズラ心を持った人がいました。彼は自分の一人息子のTくんに「20歳になるまでサンタクロース(Pè …

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。