サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog

ハリウッド・セクハラ事件/フランスにて(Affaire Weinstein en France)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

ハリウッドの大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ事件は日本でも大きく報道されましたから、皆さまもご存知のことと思います。被害を訴えた人たちには、ジュディット・ゴドレーシュ(Judith Godrèche)やエマ・ドゥ・コーヌ(Emma de Caunes)など、フランス人の女優さんも含まれていたため、この件はフランスでも大騒ぎになりました。国営放送 France 2 の夜のニュースで、二日連続してトップで扱われたほどでした。
そこでインタヴューに応じ、具体的で生々しい証言をしたのが、写真のフロランス・ダレル(Florence Darel↓)です。 
フロランス・ダレル
彼女の証言によれば・・・
「1994年、映画『ファウスト』の公開記念パーティがありました。ハーヴェイ・ワインスタインはパーティの後、私に何度も電話をかけてきて、『会わないか』、『ホテルに来ないか』と誘いました。電話は次第に執拗になって、私は『夜遅く飲みに来い』というこの“指令(injonction)”から逃れるために、共演した俳優と付き合っている(être en couple avec)とウソをつきました。」
さらに・・・
「95年の冬、パリにいたワインスタインは、彼の秘書を通じて、私に何度かメッセージを送ってきましたが、私は返事をしませんでした。すると今度は私のマネージャーに連絡し、仕事の企画をちらつかせてきました(Il agite un projet professionel derrière)。マネージャーは『行って、聞いてこい』と言いました。」
彼女はリッツホテルのスイートルームに出向きます・・・
「すぐに、彼が望んでいることは、私が彼の愛人になることだと分りました。彼はまるで“取引(un deal)”を提案するように、『年に数日でよい』と言い、また彼は『世界中のたくさんの女性とそうしている(il faisait ça avec plein de femmes dans le monde)』とも言いました、あたかもそれが全く普通のことであるかのように(comme si c’était tout à fait normal)」。
※       ※      ※
なるほど・・・・。私は、最初このスキャンダルを知ったとき、被害者の数の多さに驚きました。「ほとんど見境なく、手を出してる」と。でも、ダレルの証言を聞くと、ワインスタインの「執拗さ」に驚きますね。
もっとも、こうしたことはワインスタインやハリウッドに特有のものではなく、フランスの映画界でも事情はあまり変わらないようです。実際、この事件を受けて、セザール賞主演女優賞を5回(!)も受賞したイザベル・アジャーニ(Isabelle Adjani↓)が、新聞に寄稿し、フランス映画界に蔓延する、セクハラを容認する「雰囲気」を告発しました。
イザベル・アジャーニ
「たいていの人々にとって(Pour la plupart des gens)、女優が成功するためには寝なければならない(doit coucher)ということは、依然として自然(naturel)なことであって、さらには当然(normal)のことでさえあるのです」と。
そうだとすれば、問題は個人の資質ではなく、映画界の「習慣」や「文化」になってしまいます。根は相当に深いようで、一掃するには時間がかかるかもしれません。
※       ※      ※
さて、エマニュエル・マクロン大統領は、2011年にサルコジ大統領がハーヴェイ・ワインスタインに授与した「レジオン・ドヌール勲章」を、「剥奪」することを決定しました。

-blog

執筆者:

関連記事

青髯

ジル・ド・レ、あるいは青い髯(Gilles de Rais ou la Barbe bleue)

こんにちは。バゲットです。 前々回はジャンヌ・ダルク(Jeanne d’Arc)について書きましたが、彼女の周辺、と言うか当時の宮廷では、相当にクセのある人物たちが暗躍していたようです。まず国王シャル …

私はウサギが好き

ウサギは好きですか(Vous aimez le/les lapin(s) ?)

こんにちは。バゲットです。 何度か書いたように、私は千葉の山奥の農村地帯で育ちました。祖父母は専業農家で、私が子供のころ、家にはたくさんの動物がいました。豚とニワトリはかなり長い間(高校生ぐらいまで? …

男性名詞と女性

男性名詞と女性名詞(les noms masculins et les noms féminins)(2)

こんにちは。バゲットです。 前回に続いて、名詞の「性」について書きましょう。 フランス語では、人間(+身近な動物)以外を指す名詞は、何の根拠もなく男性名詞/女性名詞に分類されます。それは、どのようにし …

スタンダールの写真

フランス文学史上二番目のブオトコ(Le deuxième homme le plus laid de l’histoire de la littérature française)

こんにちは。バゲットです。 私が学部の学生だったとき、19世紀前半のフランス文学史の授業を担当したのは、スタンダール(Stendhal)が専門で「美男子」の誉れ高い(?)先生でした。ジュリアン・ソレル …

トリュフ

トリュフを食べたことはありますか?(Vous avez mangé de la truffe ?)

こんにちは。バゲットです。 「恵まれない階層(classe défavorisée)」に属する(?)多くの男性がそうであるように、私は料理のことはほとんど何も知りません。 ところがこのことには意外なメ …

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。