サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog

カタツムリを食べる(manger des escargots)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

私は房総半島の農村地帯で育ったので、子供の頃、家の近くでカタツムリをよく見かけました。実際に手に取ってみたことも、何度もあります。当時は(今でもそうなのかも知れませんが)、童謡「でんでん虫」をよく耳にしたこともあって、私にとってカタツムリは、身近な、馴染みの生き物の一つでした。
カタツムリを食べる
フランス人がカタツムリを食用にしていることを、どのようにして知ったのか、定かな記憶はありません。父親から聞いたような気がするのですが、事実はそうではなかったのかも知れません。そのとき、自分がどのように思ったのかも、全く覚えていません。おそらく、何も思わなかったのでしょう。小学生の頃、私の知っている人でフランスに行ったことがあるのは、『おそ松くん』に出ていた「イヤミ」(=「おフランスざんす!」)ぐらいでしたから、フランスなんて私にとっては「世界の果て」のようなもの。そんなところで人間が何を食べていようが、全く興味が無かったのだと思います。
さて、その後、私も大学でフランス文学を専攻するようになると、「エスカルゴ」のことは嫌でも耳に入ってきます。「気持ち悪い」「食べる気にならない」という声も多い一方、食べたことのある人は「サザエみたいなものだ」などと言います。私も興味はありましたが、一介の大学生にフレンチレストランの敷居は高く、実際にエスカルゴを食する機会は、なかなかやって来ませんでした。
私が初めてエスカルゴを食べたのは、大学院生になってから。研究室の学生たちで指導教授の家に遊びに行ったとき、奥さまが作ってくれたのです。食べ方も知らなかったので、教えてもらって食べたのですが、バター風味がすごく美味しかったのをよく覚えています。
エスカルゴ
と言うことで、「エスカルゴ」について、ちょっと調べてみました。
カタツムリを食べる習慣は古代ギリシャ・ローマの時代まで遡るそうで、特に古代ローマには食用カタツムリの養殖場まであったということです。現代ではフランス以外にも、スペインやギリシャでも広く食べられていて、他にも中国南部、フィリピン、インドネシア、ベトナム、ラオスなどの東南アジアでも食べています。意外といろいろなところで、食べているんですね。
驚いたことに、日本でも「カタツムリを食べる文化は古くからある」(日本語版ウィキペディア)そうで、飛騨地方などでは子供のおやつになっていたとのこと。
まあ、考えてみれば、日本でも、例えば縄文時代には、ほとんどの人が恒常的にお腹を空かせていたはずです。人間は、毒にならないものなら何でも食べたでしょう。カタツムリだって、絶対に食べたはず。江戸時代になっても、飢饉は頻繁に起きましたから、そんなときにはカタツムリを食べる人だっていたでしょう。単にそれが、広域にわたる食文化としては定着しなかった、というだけの話だと思います。
と、ここまで書いてきて、突然思いついたのですが、エスカルゴが「サザエみたいなもの」だとすれば、サザエの壺焼きのように、日本風に醤油やみりんで味付けして食べることもできるのではないでしょうか。
で、ネットで検索したら、出てきました(→エスカルゴの旨煮)。「まずまずの味」と書いてあります。皆さまも、一度試してみたらいかがですか。

-blog

執筆者:

関連記事

チョコレート

チョコレートをめぐる闘争(la lutte pour le chocolat)

こんにちは。バゲットです。 私が若い頃(1980年代)は、東京でもチョコレートの専門店はあまり見かけませんでした。だから、フランス語に「ショコラティエ(chocolatier)=チョコレート屋」という …

ネコ舌=ラング・ド・シャ

ネコの舌(langue de chat)

こんにちは。バゲットです。 皆さまご存知のように、日本語で、熱い食べ物が苦手な人のことを「ネコ舌」と言います。個人的な印象では女性に多いようで、少なくとも私は、男性で「ネコ舌」という人には会ったことが …

フランス語クイズです。

私を置いていかないで!  こんにちは。バゲットです。  皆さんは、約束をすっぽかしたり、すっぽかされたりした経験がありますか。 私は、二人きりの待ち合わせでは一度もないように思いますが、友人たち何人か …

本の虫, 図書館のネズミ

図書館のネズミ(rat de bibliothèque)

こんにちは。バゲットです。 私は高校時代、日曜日や休暇中は、一日中図書館で勉強することを習慣にしていました。自宅では集中力が途切れ、ボーっとしてしまうことが多いので、皆が勉強している場所で勉強すること …

ゲルマントのほう

プルースト流女の子の口説き方(la manière proustienne de séduire une fille)

こんにちは。バゲットです。 マルセル・プルーストの小説『失われた時を求めて』。長大かつ難解のことで知られ、現代文学にも多大な影響を与えたとされる、20世紀フランス文学の名作です。社交界の人間模様が延々 …

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。