サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog

マンタローが飲みたい!(Je veux boire une menthe a l’eau!)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

暑くなってきました。この原稿を書いている今日(7月17日)現在、東京ではまだ梅雨は明けていませんが、ここ数日はうだるような暑さが続いています。
そんな日は、頭の中だけフランスのカフェにワープして、木陰の涼しいテラス席で「マンタロー」が飲みたいなあ、と思います。

「万太郎/満太郎」ではありません。Menthe à l’eau、ミント水(↓)です。マンタロー

写真の通り、緑色の冷たい飲み物で、甘くて、若い女性に人気があるようです。

サルトルの小説『自由への道』で、ヒロインのイヴィッチがよく飲んでいたので、私も試してみたのですが、おいしいですよ。

「日本でも飲めるのだろうか?」と思って、ネットで、渋谷の「ドゥ・マゴ(Les Deux Magots)」(註)のメニューを確認してみました。
ジンジャーエール、レモンスカッシュ、オレンジエールはありますが、ミント水は無いですね。日本では売れないと考えたのでしょうか。

作り方は易しそうなので、自分で作ってみるのも悪くないかもしれません。

註・Les Deux Magots(二つの中国人形)は、パリ、サン=ジェルマン・デ・プレ教会の正面にあるカフェ。サルトル、ボーヴォワール、カミュなどが出入りしていたことで有名。渋谷・東急文化村の地下に支店がある。

-blog

執筆者:

関連記事

ネコ舌=ラング・ド・シャ

ネコの舌(langue de chat)

こんにちは。バゲットです。 皆さまご存知のように、日本語で、熱い食べ物が苦手な人のことを「ネコ舌」と言います。個人的な印象では女性に多いようで、少なくとも私は、男性で「ネコ舌」という人には会ったことが …

フランス人作家ピエール・ルメートル(Pierre Lemaitre)の『その女アレックス(Alex)』

『その女アレックス(Alex)』

こんにちは。バゲットです。 ミステリー小説の「本場」とされるのは一般に英米で、フランスのミステリーは、ガストン・ルルー(Gaston Leroux)の『黄色い部屋の謎(Le mystère de la …

ブドウを摘む

ブドウを摘む(faire la vendange/les vendanges)

こんにちは。バゲットです。 何度か書いたように、私は若いころボルドー(Bordeaux)に留学していました。皆さまご存知の通り、ボルドーは、フランスではブルゴーニュ(Bourgogne)と並ぶワインの …

ビーフステーキのフライドポテト添え

ビーフステーキの思い出(souvenirs de steak-frites)

こんにちは。バゲットです。 私が子供のころは、外国からの牛肉の輸入が制限されていて、「ビーフステーキ(=ビフテキ)」といえば高級料理の代名詞のようなものでした。私の実家は千葉の山奥の農村地帯ではわりと …

新年明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます!

      Chers étudiants, chères étudiantes, Bonne année à tous ! Il y a 10 ans, en janv …

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。