サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog

パンテオンなんか大嫌い! (Je déteste le Panthéon !)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

今年7月、厚生大臣や欧州議会議長を歴任し、アカデミー・フランセ-ズの会員でもあったシモーヌ・ヴェイユ(Simone Veil)が、パンテオン(Panthéon)に合祀されました。ヴェイユは「フランス人が最も敬愛する女性」(2010年の調査)として絶大な人気を誇った人物で、死後わずか1年という異例の早さだったこともあって、大きな話題になりました。
パンテオンは、フランス語の教科書でもしばしば紹介されている、パリで屈指の観光名所です。私も一度訪れたことがありますが、ルソーだったかゾラだったか(あるいは二人とも?)のお墓がひどく古びていて、墓石の角が欠けているのに、微妙な「無常観」を感じたことを覚えています(註)。
・・・ということで、今回はパンテオンについて、ちょっと調べてみました。
パンテオンがあるのは、セーヌ川左岸のカルティエ・ラタン(Quartier latin)。18世紀の半ば、国王ルイ15世の命で、当初はパリの守護聖人・聖ジュヌヴィエーヴに捧げられた教会として建設が着手され、フランス革命真っ只中の1792年に完成しました。建物は新古典主義建築の傑作とされ、完成当時の憲法制定議会が、フランスの歴史に貢献した偉人たちを祀るために、転用することを決めました。
パンテオン
2018年現在で、過去の政府が合祀(panthéonisation)を決定した人物が81人、しかし実際にお墓があるのは74人だそうです。うち、作家・文学者は前述のルソー(Jean-Jacques Rousseau)とゾラ(Émile Zola)に加え、ヴォルテール(Voltaire)、ユゴー(Victor Hugo)、デュマ(Alexandre Dumas)、マルロー(André Malraux)の計6人がいます。
ミラボーやマラーのように一旦合祀されながらお墓が撤去された人、デカルトのように決定したのに墓が移されていない人もいるそうです。
※      ※      ※
さて、私の勤務先のある大学では、キャンパスの真ん中に創立者の銅像が建っています。私はそれを見るたびに思います、「この人はこんな銅像にされてしまって、恥ずかしくないのだろうかw、まるでどっかの独裁者みたいじゃんww」と。
銅像と比べればずっとマシだとは思いますが、パンテオンに立派なお墓があるのも、一種の「神格化」であることに変わりはないでしょう。もちろん、本人の責任ではないわけですが。
サルトル(Jean-Paul Sartre)は自伝『言葉』の中で、ゾラの名前を挙げながら、パンテオンを揶揄するようなことを書いています。カミュ(Albert Camus)は、2009年、当時のサルコジ大統領がパンテオンへの合祀を検討しましたが、遺族の反対にあって実現しませんでした
カミュのお墓
そのカミュのお墓(↑)は、南仏プロヴァンスの田舎村・ルールマランの共同墓地にあります。すごく小さなお墓で、見つけるのに苦労するそうです。「不条理(absurde)」を唱え、人間の生に意味は無いと考えていたカミュには、パンテオンのきらびやかで栄光に包まれた墓地よりも、こちらの方がずっとお似合いだと思います。

註・その後、2007年に改修工事がなされたそうで、現在の墓石は新しくなっています。ちなみに、ルソーの遺骨がパンテオンに移されたのは1794年、ゾラは1906年です。

-blog

執筆者:

関連記事

織物のクレープが男性名詞

男のクレープと女のクレープ “le” crêpe et “la” crêpe

こんにちは。バゲットです。 今回もクレープのお話です。二回連続で、クレープが嫌いな方は「もう、うんざり(J’en ai marre !)」とお思いかも知れませんが、これで終わりですので、どうぞ最後まで …

サンマの料理

サバとサンマと真っ赤な嘘と(des poissons et un gros mensonge)

こんにちは。バゲットです。 私が高校生のとき、お姉さまが東京外国語大学でフランス語を勉強しているという同級生がいました。彼は私に、「姉から聞いた話」として、次のように教えてくれました。 ・・・・・・フ …

ナポレオンの写真

彼の辞書に「不可能」という文字はあるか(Impossible est-il français ?)

こんにちは。バゲットです。 フランスの「英雄」といえば、ナポレオン・ボナパルト。ベートーヴェンの交響曲第3番『英雄』をめぐるエピソードも有名です(註)。 そして、ナポレオンの言葉といえば、「私の辞書に …

レジオン・ドヌールには5つの「等級」

レジオン・ドヌール勲章(Légion d’honneur)(2)

こんにちは。バゲットです。 今回も、レジオン・ドヌール勲章について書きましょう。 さて、レジオン・ドヌールには5つの「等級」があって、下からシュヴァリエ(Chevalier=騎士)、オフィシエ(Off …

エマニュアル・ベアール

『愛と宿命の泉』(Jean de Florette/Manon des sources)

こんにちは。バゲットです。 今回紹介したいのは、映画『愛と宿命の泉』(1986年)。フランス人の知人が「生涯で見た最高の映画の一つ」と熱烈に勧めるので見てみたところ、私にとっても忘れられない作品となり …

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。