サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

grammaire

偽りの友人(faux amis/false friends)フランス語/英語

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

数年前、英語を話していて、「私は~に出席する予定だ」というつもりで、“I’m going to assist ・・・”と言ったところ、相手から想定外の答えが返ってきて、一瞬、戸惑ったことがあります。すぐに、英語の “assist” がフランス語の “assister à (出席する)” と違って、「手伝う」という意味しかないことに気づき、「オレはダメだなぁ」と、自分の未熟さを大いに恥じ入ったものでした。
さて、そのように、フランス語と英語では(というか、他の言語間でも)、同じ、あるいは似たようなスペリングなのに、意味が異なる単語がたくさんあります。それが「偽りの友人」(faux amis/false friends)です。例えば、こんな(↓)感じ。
偽りの友人のリスト
このリストによれば、 bride はフランス語では「馬勒(ばろく)」、英語では「花嫁」です。以下、それぞれ、 dot は「持参金/点」、 nap(pe)は「テーブルクロス/昼寝」、 pin は「松の木/ピン」、 pain は「パン/痛み」、 rein は「腎臓/手綱」、 ride は「しわ/(馬や自転車や自動車に)乗ること」。
もっとも、これらは「パン/ペイン (pain)」、「リッド/ライド (ride)」のように、読み方が全く違いますから、知ってさえいれば、区別するのは簡単です。
混同しやすいのは、音も似ているケースです。例えばprejudice/préjudice。英語では「偏見、先入観」という意味ですが、フランス語では「損害」。フランス語で「偏見、先入観」のことは、préjugé と言います。
あるいは、英語で conscience というと「良心、善悪感」のことですが、フランス語では他に「意識」という意味にもなる。他方、英語で「意識」は、consciousness。
フランス語の apparence は「外見、見かけ」を意味しますが、英語の appearence は「外見、見かけ」の他に「出現」という意味がある。フランス語で「出現」は、apparition です。
これらなどは、特に英語で、いきなり耳から入ってくると、私などはどうしてもフランス語の意味で反応し、混乱してしまいます。
で、そういう単語、山のようにあるわけです。ほとんど無限にあるわけです。そして、常にチェックし続けていないと、いつの間にかゴチャゴチャになってしまう・・・
ネットで検索すると、こんな(↓)サイトも出てきました。
https://www.anglaisfacile.com/exercices/exercice-anglais-2/exercice-anglais-57289.php
私も、まだまだ前途多難です・・・。まあ、それが楽しいんですけどね(笑)。

-grammaire

執筆者:

関連記事

ガトー・オ・ショコラ

どんなケーキが好きですか(Quels gâteaux aimez-vous ?)

こんにちは。バゲットです。 私が学生時代、住んでいたアパートの近くに、チーズケーキの美味しい喫茶店がありました。毎日、大学の図書館で閉館時間まで勉強し、帰宅する前によく寄ったものでした。後は帰ってお風 …

男性名詞と女性名詞

男性名詞と女性名詞(les noms masculins et les noms féminins)(3)

こんにちは。バゲットです。 ちょっと間が飛びましたが、三度、名詞の「性」について書きましょう。 さて、フランス語で人間(+身近な動物)以外をさす名詞が、男性名詞であるか女性名詞であるかは、その語の語尾 …

男性名詞と女性

男性名詞と女性名詞(les noms masculins et les noms féminins)(2)

こんにちは。バゲットです。 前回に続いて、名詞の「性」について書きましょう。 フランス語では、人間(+身近な動物)以外を指す名詞は、何の根拠もなく男性名詞/女性名詞に分類されます。それは、どのようにし …

男性名詞と女性

フランス語・男性名詞と女性名詞(les noms masculins et les noms féminins)(1)

こんにちは。バゲットです。 たまには趣向を変えて、今日はフランス語の文法について書きましょう。 多くの場合、フランス語の勉強を始めたばかりの方が、まず最初に戸惑うのは、名詞に「性」があることではないで …

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。