サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog

キャベツを植えに行く(aller planter ses choux)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

若い方は聞いたことがないかもしれませんが、私が子供の頃(1960~70年代)、漫画やテレビドラマで、「ニワトリでも飼って余生を過ごせ」というセリフをよく目/耳にしました。
大体のパターンとしては、たとえば政界のフィクサーのような「巨悪」が、政治家や高級官僚を操って日本の政治をほしいままにし、私腹を肥やしている。で、悪事が露見しそうになったり、一部が露見してスキャンダルになったりしたとき、手先として使っていた者にすべての責任を押しつけ、冷たく言い放つのです、「ニワトリでも飼って余生を過ごせ」と。そしてそのように命じられた、まだ現役バリバリの政治家や官僚は、言葉もなく、無念そうにうつむく・・・・
ニワトリ
表舞台から去って一切の関係を絶ち、田舎に引きこもって自給自足に近い生活をするのは分るのですが、なぜ、「キノコ」とか「大根」とか「ほうれん草」ではなく、「ニワトリ」なのでしょう。千葉の山奥の農家に生まれ、実際に祖母が20羽ほどのニワトリを飼っていた私は、その言葉を目/耳にするたびに、分るような、分らないような、不思議な気分になったものでした。
さて、比較的最近のことですが、フランス語にも類似の表現があることを知って、驚きました。
「自分のキャベツを植えに行く(aller planter ses choux)」。手元の仏和辞典には、「田舎に隠遁(いんとん)する」「隠居する」とあります。
キャベツ
ネットで検索してみると、出てきました(↓)。
http://www.expressions-francaises.fr/expressions-p/1875-planter-ses-choux.html
上のサイトによれば、「自分のキャベツを植える」が意味するところは、「田舎に住む(vivre à la campagne)」「自分の庭を耕す(cultiver son jardin)」、転じて「定年退職する(prendre sa retraite)」「現役を引退する(quitter la vie active)」。
17世紀の終わりには、「自分のキャベツを植えに行かせる(envoyer quelqu’un planter ses choux)」で、「(人から)仕事、職務を取り上げる、すなわち人を解任する(le priver de son emploi, de ses fonctions à savoir le destituer)」という意味になりましたが、現代ではそのような「法律的概念(notion juridique)」は完全に失われた、とあります。昔は「ニワトリでも飼って・・・」と同じような意味だったのですね。
使用例として挙げられているのは、マルセル・パニョルの『父の大手柄』(1957年)の一節。「三年後、彼は定年退職した(il prenait sa retraite)・・・そして喜びに微笑みながら、彼は言った、“私もようやく自分のキャベツを植える(planter mes choux)ことができるよ”。」
※      ※      ※
ところでこの表現、何人かのフランス人に聞いてみましたが、「知らない」という人が多いようです。仏和辞典には載っていますが、実際にはあまり使わないのかもしれません。

-blog

執筆者:

関連記事

ジャガイモの花

ジャガイモの花(les fleurs de pomme de terre)

こんにちは。バゲットです。 ジャガイモといえば、肉じゃが、コロッケ、ポテトサラダ、カレーやシチューなど、さまざまな料理で用いられる、日本でも代表的な食材の一つです。日本全国で栽培されていますし、千葉の私の実家でも作っています。小学校の理科の授業で栽培し、収穫後、クラス全員で茹でて食べた方も、多いのではないでしょうか。 ジャガイモはアメリカ大陸(インカ帝国周辺)が原産で、16世紀にスペイン人がヨーロッパにもたらしました。佐藤賢一さんの小説『傭兵ピエール』に、ジャンヌ・ダルク(Jeanne d’Arc)の傭兵である主人公がジャガイモを食べる場面があるそうで、以前、私の友人が「そんなのあり得ない」と文句を言っていたのを覚えています(ご参考までに書いておけば、ジャンヌ・ダルクによるオルレアン解放は1429年、コロンブスの新大陸発見は1492年です)。 言うまでもなく、ジャガイモはフランスでもいろいろな料理に使われる重要な食材の一つです。私は特に、ステーキやハンバーグの付け合わせに出てくるフライドポテトが大好きで、留学中はいつも大量のトマトケチャップをつけて、大量に(学食では食べ放題だったので)食べていました。 フランス語で「ジャガイモ」は、pomme de terre、直訳すれば「地面のリンゴ」です。地下で成長して形がリンゴに似ているからそのように言うのでしょう。ちなみに、サツマイモは patate douce (=甘いpatate)で、口語ではジャガイモを patate と言うこともあるようです。英語(ジャガイモ/サツマイモ=potato/sweet potato)と同じですね。 比較的よく知られていることですが、ジャガイモをフランスに普及させるのに大きく貢献したのは、王妃マリー・アントワネット(Marie-Antoinette)。当時のフランスはしばしば凶作と飢饉に襲われており、それへの対策として、農学者パルマンチエ(Antoine-Augustin Parmentier)の進言を受けて、ジャガイモの栽培を積極的に推奨したそうです。ジャガイモの花を好んで髪飾りや胸飾りに用いた、とも言われています。 ジャガイモは栽培が簡単で、収穫量も多い上に、味も美味しいことがあって、フランス全土に急速に普及しました。数ヶ月前、France 2 のルポルタージュで見たのですが、ジャガイモの普及に伴って、フランスでそれまで伝統的に食されていたイモ類は衰退し、今では食卓に上ることはほとんど(全く?)ないとか。一部のレストランや料理研究家が「伝統的フランス料理の保存」のため、農家に委託して特別に栽培しているようですが、かなりの手間がかかって、どうしても値段は高くなってしまうそうです。一体、どんなイモなのでしょうか。一度、食べてみたいものですね。

カトリーヌ・アルレー わらの女

わらの女(La femme de paille)

こんにちは。バゲットです。 皆さま、『わらの女(La femme de paille)』というミステリー小説をご存知ですか。 フランスの女性作家カトリーヌ・アルレーの作品で、週刊文春の『東西ミステリーベスト100』(新版・2012年)では、海外編第53位(1986年の旧版では23位)にランクされる名作です。ミステリーファンなら知らない者などないと言ってもよいでしょう。 調べてみると、イギリスで映画化された他、日本でもドラマの原作として何度も使われています。 カトリーヌ・アルレーわらの女 若くて美しい貧しい女性が、財産目当てに年老いた大富豪に近づいて、首尾よく妻の座を手にするが・・・というお話ですが、皆さま、このタイトル(「わらの女」)、意味不明だと思いませんか。 わら人形を作って、丑三つ時に釘をカンカンw・・・というような場面とは全く関係ありません。 実は私も、フランス人の教師とこの小説について話していて初めて知ったのですが、フランス語には homme de paille (わらの男=わら人形)という表現があるのです。「怪しい事業などの名義貸し人、ダミー」という意味です。「わらの女」はその女性ヴァージョンだったのですね。 まっ、ヒロインが本当に「名義貸し人、ダミー」なのかは、読んだときのお楽しみ。 面白いですよ。お薦めです。

トリュフ

トリュフを食べたことはありますか?(Vous avez mangé de la truffe ?)

こんにちは。バゲットです。 「恵まれない階層(classe défavorisée)」に属する(?)多くの男性がそうであるように、私は料理のことはほとんど何も知りません。 ところがこのことには意外なメリットがあって、私は高級フランス料理を食べても(めったにありませんがw)、街の定食屋さんで700円のランチを食べても、100グラム95円の豚肉を買ってきて自分で焼いて食べても、味の良し悪しが全く分からないのでw、同じように幸せな気分に浸ることができるのです。そう思うと、少しだけ得したような気もします。 他方で当然、デメリットもあります。主観的に最も重大なのは、自分が何を食べているのかが分からないことです。 たとえば、「世界三大珍味」と言われる、フォアグラとキャビアとトリュフ。私も、それなりに高級なフランス料理を食べることはたまに(てか、「まれに」w)あるので、フォアグラは食べたことがあるはずです。でも何だか分からずにただ食べただけで、「これがフォアグラだ」という十全たる認識をもって味わったことは、一度もありません。だから「フォアグラ」と言われても、どんな味なのかよく分からない。キャビアについても同様で、あの黒いツブツブには見覚えがありますから、食べたことはあると思います。しかし「キャビアの味」と言われても、ピンと来ないのです。さらにトリュフに至っては、食べたことがあるのかどうかさえ分かりません。調べてみると「スライスして料理にトッピングする」とあります。ステーキの上に乗ったそれらしきものを食べたことは何度かありますが、あれがトリュフだったのでしょうか。 ※      ※      ※ 前置きが長くなりましたが、今回のテーマは、その「トリュフ(truffe)」。 日本で「秋の味覚」の代表と言えば、キノコです。トリュフもキノコ(champignon)の一種ですから、秋が旬かと思って調べてみると、その辺はなかなか複雑で、種類によってまちまちです。ウィキペディア・フランス語ヴァージョンによれば、有名なペリゴール産黒トリュフ(truffe noire du Périgord)の「旬」(pleine maturité=「成熟期」)は1月半ば~3月末。他の種類もおおむね秋から冬が旬ですが、夏に成熟する種類もあるようです。 紀元前2600年ごろ、古代エジプトで珍重されていたそうですから、歴史は相当に古い。ところが古代ローマ以降は長い間忘れ去られて(もちろん、庶民は食べていたのでしょうが)、ルネッサンスのころになって再び人気が沸騰します。フランスではフランソワ一世(在位1515~1547)の宮廷で供されていたとか。 地中で形成されるので、昔は雌ブタを使って探していました。35年ぐらい前に私がフランス語学校で見た教材用ビデオでも、ブタが探していました。トリュフの香りが雄ブタのフェロモンに酷似しているため、雌ブタは放っておいてもトリュフを見つけて掘り出すからです。でもブタはトリュフを見つけると食べてしまうので、現在では主にイヌを訓練して使っています。 ※      ※      ※ さて、日本の松茸と同様、トリュフもいろいろな大学や企業、研究機関が人工栽培技術の開発に向けてしのぎを削っており、種類によってはすでに成功しているものもあるそうです。現在のようにトリュフを「スライスしてトッピングする」のは、値段が非常に高価だから、そのような食べ方をするのでしょう。いつの日かトリュフの栽培技術が確立して、三個100円(!)くらいまで値段が下がったら、そのときは一体、どんな食べ方をするのでしょう。 ちょっと興味がありますね。あなたなら、どうしますか?

ニューカレドニア

天国にいちばん近い島 (l’île la plus proche du paradis)

こんにちは。バゲットです。 ご年配の方なら、『天国にいちばん近い島』という映画をご記憶の方も多いでしょう。1984年に公開された作品で、当時売り出し中の原田知世が主演した映画です。主人公が自転車を引いて歩いているとヤシの実がたくさん転がってきて倒れてしまうシーンや、海辺のドラム缶のお風呂に入って泣くシーンなど、印象的な場面もありました。原田が歌う同名の主題歌もヒットしましたから、そちらでご記憶の方もいらっしゃるかもしれません。 作中で主人公が「天国にいちばん近い島」と考えて旅立つのが、フランス領のニューカレドニア。先日(11月4日)、フランスからの独立の是非を問う住民投票が行われ、結果は投票率80%超、うち「独立に反対」が56%で、フランスに残留することになりました。「一体どんなところなんだろう」と思って、調べてみると・・・ 日本では英語風に呼びますが、フランス語ではヌーヴェル・カレドニー(la Nouvelle-Calédonie)。本島(Grande Terre)とその周辺の小島からなり、総面積は18000平方キロあまり。日本の四国と同じくらいの大きさです。位置は南半球でオーストラリアの1200キロ東、ニュージーランドの1500キロ北西。南回帰線の少し北の熱帯に属します。珊瑚礁(世界遺産)に囲まれていて、海は穏やか。ホント、海水浴をするにはよさそうです。 本島はほとんどが山岳地帯で、東は熱帯雨林、西は草原やサバンナ、乾燥性の森林(forêts sèches)だとのこと。 人口は27万人(四国は375万人)、人口密度は15人/平方キロ。人間はほとんどいないと言ってもよさそうです(笑)。 では何がいるのかというと、珍しい動物がたくさんいます。たとえば、こんな鳥(↓)。 地域のシンボルとなっている、カグー(cagou)です。体長60センチぐらい。山岳部の密林に住んでいて、飛ぶことはできません。 ニューカレドニアは長期にわたって地理的に孤立していたため、他にもいろいろな固有種がいるそうです。また、海にはジュゴンもいます。 歴史的には、もともと先住民カナック(Kanaks)が住んでいたところに、1774年キャプテン・クックが上陸し、1853年ナポレオン三世の時代にフランス領になりました。その後、ニッケル鉱山が発見されて、多くのフランス人が移住したそうです。1980年代半ばに先住民による独立闘争が激化し、それが今回の住民投票につながりました。 ※      ※      ※ 実を言うと私は、一時、定年退職後はフランスに移住しようかと考えていました。しかし調べてみると、「アメリカに40年も住んでいた人でも年を取ると日本語しか話せなくなる」とか、「老人ホームに入ると油っこいものばかり食べさせられる」とか、恐ろしい話がたくさん出てきます。 そこで次に考えたのが、留学。10年ほど前から勉強している政治哲学で、博士号を取ろうかと。しかし年老いた母親を放り出して地球の反対側に行ってしまうのは、やはり気がとがめます。で、閃いたのが、ここニューカレドニアだったのです。 ここにも大学はあります。東京から飛行機で8時間40分、時差は2時間。何かあれば、すぐに帰れる。 と、漠然とした「計画」はあるのですが、一体どうなることでしょう・・・。

新年明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます!

      Chers étudiants, chères étudiantes, Bonne année à tous ! Il y a 10 ans, en janvier 2008, naissait l’école de français ! 10 ans plus tard, vous êtes toujours encore plus nombreux à nous faire confiance et nous vous en sommes très reconnaissants ! Merci pour votre soutien constant et votre fidélité qui nous permettent de continuer à voir l’avenir de l’école avec optimisme. Cette année, nous avons accueilli dans notre équipe Sophie, qui vient de Chamonix. En 2017 nous avons également refait entièrement le site Internet et y avons ajouté un blog dont les articles vous …

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。