サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog

雪だるまを作る(faire un bonhomme de neige)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

今年の冬は全国的に猛烈な寒波に襲われて、東京でも数年ぶりに積雪が、しかも二回もありました(2月5日現在)。公園や小学校の校庭で、雪だるまを作って遊んだ子供たちもいたでしょう。
私が子供の頃(1960年代)は、まだ地球温暖化の影響も顕著でなく、私が育った地域(房総半島の真ん中あたり)でも毎年たくさん雪が降りました。私自身は雪だるまを作ったことはないのですが、小学校では「〇〇くんが作った」という類いの噂をよく耳にしたのを覚えています。
中学校の英語の授業で、「雪だるま」を英語で snowman と言うことを知ったときも、その後、フランス語では bonhomme de neige と言うことを知ったときも、私は特に何の感慨も持たなかったように思います。しかし、遠く離れた日本と欧米で、子供たちが(あるいは大人たちも)同じように雪人形を作って遊んでいることは、考えてみれば不思議です。
雪だるま
もちろん、日本と欧米の雪人形は全く同じというわけではなく、形状や素材に若干の違いはあるようです。日本では大小二つの雪玉で人形を作るのが一般的ですが、欧米では上の写真のように三つの雪玉(フランスは普通二つだとか)から作り、目や口や服のボタンには小石を使い、ニンジンで鼻をつけて、木の枝で腕をつけます。木炭は、ヨーロッパでは希少だそうで、使いません。
さて、歴史的に見て、雪だるまを作る習慣はいつ頃からあったのでしょうか。調べてみると、西欧では、14世紀末に書かれた本(ハーグ王立図書館所蔵の「時祷書」)の欄外に雪だるまが描かれており、それが「現在知られている最古の視覚史料」だそうです。日本では江戸時代後期の歌川広景の浮世絵に描かれているとのこと(以上、ウィキペディア日本語版から)。
さらにネットで検索しまくると、日本では『源氏物語』第20帖「朝顔」で、女の子たちが雪の玉を作っているとか、『日本書紀』(奈良時代前期)の中にも雪遊びについての記述があるとか出てきますが、「人形」とか「だるま」とは書いてない。まあ、日本人は縄文時代から「土偶」を作っていたわけですから、雪だるまだって、太古の昔から作っていたのでしょう。それは恐らくヨーロッパも同様で、古代ケルト文明でも人形は作られていたようなので、雪の降る地方では、昔から雪人形を作っていたのだと思います。
日本と西欧で、一方から他方に習慣が「伝播」したわけではなく、それぞれ自然発生的に雪人形を作るようになったと考えると、なかなか面白く感じます。
そもそも、なぜ人間は人形なんか作りたがるのでしょうか。少し考えてみたいですね。

-blog

執筆者:

関連記事

レジオン・ドヌールには5つの「等級」

レジオン・ドヌール勲章(Légion d’honneur)(2)

こんにちは。バゲットです。 今回も、レジオン・ドヌール勲章について書きましょう。 さて、レジオン・ドヌールには5つの「等級」があって、下からシュヴァリエ(Chevalier=騎士)、オフィシエ(Off …

ブドウを摘む

ブドウを摘む(faire la vendange/les vendanges)

こんにちは。バゲットです。 何度か書いたように、私は若いころボルドー(Bordeaux)に留学していました。皆さまご存知の通り、ボルドーは、フランスではブルゴーニュ(Bourgogne)と並ぶワインの …

イザベル・アジャーニ

ハリウッド・セクハラ事件/フランスにて(Affaire Weinstein en France)

こんにちは。バゲットです。 ハリウッドの大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ事件は日本でも大きく報道されましたから、皆さまもご存知のことと思います。被害を訴えた人たちには、ジュディ …

ワインの試飲

高級ワインの道(La route des grands crus)

こんにちは。バゲットです。 今回は、先日のフランスのテレビニュースから。 フランス「農業省(le ministère de l’Agriculture)」の発表によると、春になって厳しい寒波に見舞われ …

マダム・コンとムッシュー・コン

マダム・コンとムッシュー・コン (ユーモア)

こんにちは。バゲットです。 皆さま、下の写真、緑のトランクスの選手をご存知ですか。 写真ではボディをまともに殴られていますがw、(元)世界ウエルター級チャンピオン、ホルヘ・バカ(Jorge Vaca) …

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。