サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog 未分類

枝の上の鳥のように(comme un oiseau sur la branche)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

私が若いころにはどこの大学でも第二外国語が必修で、大部分の学生はフランス語かドイツ語を選択していました。そのためフランス語の教師も仕事はたくさんありました。
事情が変わったのは2000年代半ばのこと。文部科学省が方針を転換し、大学で第二外国語を「必修」にする必要がなくなったのです。まずは入学偏差値下位の大学から第二外国語を「選択科目」とする大学が増え始め、ついで偏差値中位、さらには上位の大学・学部へと伝播します。そこに中国語の伸長と、2010年以降はスペイン語の人気も高まって、大学のフランス語の受講生は激減。私の勤務先の一つでは、2,000人以上いた履修者が400人台まで減りました。
その煽りを食ったのが教師たち。クラス数が減少し、専任の教員が定年退職しても、後任を採用しなくなる。小規模な大学・短大では、フランス語の授業が全面的に廃止されて、専任教員なのに解雇される事態まで生じます。非常勤講師には雇い止めや授業減が続出し、私自身も担当コマ数は一番多かったときの6割程度まで減っています。私の知人では大学教師では食べて行けなくなって、40代半ばで転職した人もいます。安い時給でアルバイトに明け暮れている人も、多分たくさんいるでしょう。今では大学のフランス語非常勤講師は、日本で最も不安定な職業の一つ(←とまで言ったら大げさかもしれませんがw)になってしまいました。
⦁ ※     ※      ※
さて、フランス語に“être comme un/l’oiseau sur la branche”という表現があります。直訳すれば「枝の上の鳥のようである」。手元の仏和辞典を引いてみると、「地位が不安定だ、将来が心もとない」、Le Petit Robertでは“occuper une position précaire/不安定な地位にある”。換言すれば「いつクビになってもおかしくない」、まさに大学のフランス語講師の状況です(←自虐的な笑いw)。

枝の上の鳥のようである

ところが、別の仏和辞典によると、この表現にはもう一つ意味があって、「一ヶ所に長くとどまらない」。
ネットで検索してみると
http://www.linternaute.fr/expression/langue-francaise/15716/comme-l-oiseau-sur-la-branche/#:~:text=Comme%20l%27oiseau%20sur%20la,et%20origine%20de%20l%27expression)
“se dit d’un individu qui n’a pas d’opinion fixe et assurée, ou qui n’est pas sûr du chemin à prendre/しっかりした定まった意見を持っていない人、あるいは取るべき道について確信がない人について言われる”とあります。考えがフラフラ変わる人、職業を転々とする人、志望がコロコロ変わる人について言うのでしょう。
してみると、この表現、大学のフランス語講師が自虐的に、“Je suis comme l’oiseau sur la branche/オレは枝の上の鳥みたいなもんだよ”のようにも使えるし、優柔不断な友人や頻繁に転職する知人について、“Il est comme l’oiseau sur la branche/アイツは枝の上の鳥みたいなヤツだ”のように使うこともできますね(註)。
⦁ ※       ※      ※
私は一昨年の春に住宅ローンの返済が終了し、非常勤講師という不安定な立場にいても、それをことさら心配する必要はなくなりました。しかし、興味の対象がコロコロ変わるという意味では、私の「枝の上の鳥」は死ぬまで治りそうにありません。
実際、私は高校時代から現在に至るまで、志望・関心事が大きく変化し続けています。研究者としてテーマが変遷するだけならまだしも、フルタイムで事務仕事をしたり、法律系の資格を三つ取ったり、英語のTOEICでperfect scoreを目指したりと、今、振り返ってみると「常軌を逸しているw」ようにも思えます。そうではなく、腰を落ち着けて一つのテーマで研究を続けていれば、私にももっと大きな仕事ができたかもしれません。
とは言え、世間では「初老」と言われる年齢になって、今更、生き方を変えることもできません。他人の目には、地に足がつかず、フラフラした人生を生きたように映るでしょうが、自分としては「これがオレの生き方なんだ」と、全面的に「肯定」したい気分です。

(註)この表現はどの辞書にも載っていますが、実際はめったに使わないようです。複数のネイティヴに確認してみたところ、ほとんどの人がこの表現を知りませんでした。

-blog, 未分類

執筆者:

関連記事

全国統一大学入試資格試験・バカロレアが取り行われました。

バカロレアについて(1) こんにちは。バゲットです。 フランスでは、今年も6月15日から22日にかけて、全国統一大学入学資格試験・バカロレアが取り行われました。 バカロレアの写真 フランスのバカロレアに関しては、日本のフランス語学習者の間でも、ある程度の情報は行き渡っているようで、皆さまも概略的なことはご存知かと思います。自分が受験するわけでもない試験について、細かいことなど興味は無いでしょうから、ここでは簡単に全体像を「復習」し、それから、面白いと思うエピソードをいくつか紹介したいと思います。 まず、「復習」です。 バカロレアを創設したのは、ナポレオン・ボナパルト。 現在は、普通バカロレア(科学系、人文系、経済・社会系の三つがある)の他に、技術バカロレア、職業バカロレアがあって、試験は50%以上得点すれば合格する。  試験初日の午前は必修科目の「哲学」で、「われわれの道徳的信条は経験に基づくのか」とか「われわれは常に自分が欲していることを知っているのか」といったテーマについて、4時間かけて論述する。 どのバカロレアを取得しても、原則的に自分の希望する大学に進学できる。近年の合格率は、90%を超えている。 と、まあ、こんなところでしょうか。 さて、では、少しツッコミを入れてみましょう。 まず合格率ですが、ウィキペディア・フランス語ヴァージョンによれば、2015年の普通バカロレアの合格率は、91.5%、その前年も90.9%です。なぜ、こんなに高いのでしょうか。 合格率は昔から高かったわけではありません。1970年には69%、80年が65.9%。それが90年に75%を超えて、2001年には80%近くなり、その後、さらに上昇しています。 20世紀の世紀末以降、フランスの高校生が急に熱心に勉強しだしたなどということはあり得ません。要するに採点が甘くなっただけ。一種の、大盤振る舞い、「バカロレア・バブル」のようなものです。何年も前のことですが、私が読んだル・モンドの記事が痛烈に批判していました。 (この項、続く)

カトリーヌ・アルレー わらの女

わらの女(La femme de paille)

こんにちは。バゲットです。 皆さま、『わらの女(La femme de paille)』というミステリー小説をご存知ですか。 フランスの女性作家カトリーヌ・アルレーの作品で、週刊文春の『東西ミステリーベスト100』(新版・2012年)では、海外編第53位(1986年の旧版では23位)にランクされる名作です。ミステリーファンなら知らない者などないと言ってもよいでしょう。 調べてみると、イギリスで映画化された他、日本でもドラマの原作として何度も使われています。 カトリーヌ・アルレーわらの女 若くて美しい貧しい女性が、財産目当てに年老いた大富豪に近づいて、首尾よく妻の座を手にするが・・・というお話ですが、皆さま、このタイトル(「わらの女」)、意味不明だと思いませんか。 わら人形を作って、丑三つ時に釘をカンカンw・・・というような場面とは全く関係ありません。 実は私も、フランス人の教師とこの小説について話していて初めて知ったのですが、フランス語には homme de paille (わらの男=わら人形)という表現があるのです。「怪しい事業などの名義貸し人、ダミー」という意味です。「わらの女」はその女性ヴァージョンだったのですね。 まっ、ヒロインが本当に「名義貸し人、ダミー」なのかは、読んだときのお楽しみ。 面白いですよ。お薦めです。

アンヴァリッド

廃兵院には行ったかい?(Tu as visité les Invalides ?)

こんにちは。バゲットです。 パリにある「廃兵院(Hôtel des Invalides=オテル・デ・ザンヴァリッド/通称アンヴァリッド)」は、ナポレオンの棺が置かれている場所として、ご存知の方も多いでしょう。 私も大学でフランス文学の勉強を始めた後、かなり早い時期から知っていましたが、「廃兵院」というその呼称にはずっと強い違和感を抱いていました。「廃棄物」「廃屋」「廃品」「老廃物」等々、「廃」という漢字はひどく否定的なイメージ(まるでゴミみたいなw)を含んでいますから、国のために戦って名誉の負傷を負った方々を「廃兵」と呼ぶのは、全く不適切であるように思ったからです。 フランス語の「アンヴァリッド(invalide)」は、動詞valoir(価値がある)と語源を同じくするvalide(法的に有効な、健康な)という形容詞に否定の接頭辞 inがついたもので、「法的に無効な」「(人が老齢、病気、ケガなどのため)働けない」ことを意味します。何人かのフランス人に確認しましたが、形容詞、名詞として普通に用いられる単語で、肯定的なニュアンスは無いにしても、日本語の「廃(兵)」ほど否定的なイメージもないそうです。 この原稿を書くにあたって調べてみたところ、そもそも日本で日露戦争後の1906年、傷痍軍人のために「廃兵院」が作られ、その際、パリの「アンヴァリッド」が参考にされたということです。してみると、日本の「廃兵院」の呼称を「アンヴァリッド」の訳語として採用した、というのが真相なのかもしれません(註)。 と言うことで、今回は「アンヴァリッド」(↓)について調べてみました。 ウィキペディア・フランス語ヴァージョンによれば、「アンヴァリッド」の建設を命じたのは、「太陽王(le Roi-Soleil)」ルイ14世。絶対主義(absolutisme)の最盛期、「朕は国家なり(L’État, c’est moi)」と言った国王です。 時は17世紀の半ば、フランスでは「30年戦争(la guerre de Trente Ans, 1618-1648)」で障害を負った多数の傷痍軍人が、パリのポンヌフ(Pont Neuf)付近にたむろし、暴力沙汰を起こすなどして、市民たちから白眼視されていました。一方、戦争が大好きでもっともっと戦争をしたいwルイ14世は、人民の眼に軍のイメージを高め、兵士たちには自らの威信を高めなければなりません。そこで、1670年、傷痍軍人たちを収容する専用の施設を建設するよう、勅令(édit)を発します。 建設は翌年に始まり、1674年に完成。竣工式の際に、ルイ14世自らが最初の収容者たちを入所させたそうです。その後、付属の教会が建設され(1706年完成)、さらに7月王政(1830-48)の時代になって、教会の地下に墓所が作られて、ナポレオン・ボナパルトの棺(↓)が中央に置かれました。 「アンヴァリッド」では、現在でも100人ほどの傷痍軍人が暮らしているそうです。病院もあって、軍人だけでなく一般市民も受け入れています。他にも軍事博物館があったり、陸軍参謀総長の事務室があったり、偉大な功績を残した軍人たちの廟があったりします。第二次世界大戦でノルマンディー上陸作戦(Débarquement en/de Normandie)に参加しパリ入城を果たしたフィリップ・ルクレール(Philippe Leclerc)のお墓もあります。 「アンヴァリッド」には私も20年ほど前に行きましたが、当時はそんなにいろいろなものがあるとは知らず、ナポレオンの棺を見ただけで帰ってきてしまいました。建物自体がフランスの古典建築の傑作とされていますし、いつかもう一度行って、じっくりと見学したいと思っています。 註)日本でも「廃兵院」という呼称に違和感を持つ人は当時からいたようで、1934年には「傷兵院」と改称されました。

ワインの試飲

高級ワインの道(La route des grands crus)

こんにちは。バゲットです。 今回は、先日のフランスのテレビニュースから。 フランス「農業省(le ministère de l’Agriculture)」の発表によると、春になって厳しい寒波に見舞われたことなどが原因で、今年のブドーの生産高は歴史上まれなほどに低いことが予想されるとのこと。 その一方で、最近、フランスではワインツアーがますます人気を高め、ブドー農家にとっての重要な収入源になっています。 特に有名なのが、ブルゴーニュ地方の「高級ワインの道」(La route des grands crus)。 高級ワインの道 別名「ブルゴーニュのシャンゼリゼ」。コート=ドール県(Côte-d’Or)のディジョン(Dijon)からサントネ(Santenay)まで、風光明媚な37の村のブドー畑を通る、全長60キロの行路です。 もともとは80年前(=世界恐慌の時代)、当時は無名だったブルゴーニュ・ワインの販売促進をかねて始められた企画で、1970年代から観光スポットとして脚光を浴びるようになりました。 2015年には世界遺産にも登録され、現在ではフランス国内およびヨーロッパからはもちろん、アメリカや中国からもたくさんの観光客が訪れています。 近年はサイクリングがブームだとか。こんな感じ(↓)です。 近年はサイクリングがブーム 行程にはカフェやレストランもたくさんあって、シャトー巡りやワインの試飲(dégustation)もできるそうです。 シャトー巡りやワインの試飲 自転車で一日に60キロ・・・。考えてみれば、そんなにはキツくはなさそうですね。道は平坦そうだし。 皆さま、次回のフランス滞在の際は、挑戦してみたらいかがですか。

フランス語 熟語・イディオムのクイズです(果物)

フルーツが怖い! こんにちは。バゲットです。  突然ですが、皆さまは、気絶したことがありますか。 と書いてみて、気づいたのですが、私は今まで他人とそんな話をしたことが一度もありません。「おい、お前、気絶したことってあるか?」なんて、普通、他人に聞くようなことじゃないのかもしれませんね。 実を言うと、私は、ほんの小さなころ、気絶したことが二回あります。 一度目は、三歳か四歳のとき。叔母の自転車の荷台に乗っていたところ、倒れて、その後は何も覚えていませんが、田んぼの斜面を転げ落ちて、左肩を脱臼したそうです。幸い、後遺症は全くありません。 二回目はその数年後で、やはり小学校入学前。私の家では、当時、乳牛を飼っていて、牛乳を搾るのには熱湯が必要なのですが、私が台所で滑って転んで、熱湯の入ったバケツを倒してしまい、その後は何も覚えていないのですが、お尻を大やけどしました。これも幸い、やけどの跡は全く残りませんでした。 運が良いのか、悪いのか・・・ ※       ※       ※ さて、今回も、フランス語クイズです。   フランス語には、「気絶する」という意味で、tomber dans les ( )[( )の中に落ちる]という表現があります。( )には、ある果物の名前が入ります。 Elle est tombée dans les ( ). 「彼女は気を失った」のように用います。 ( )に入る果物は、次のうちのどれでしょう。 1 oranges 「彼女はオレンジの中に落ちた」 2 pommes 「彼女はリンゴの中に落ちた」 3 poires 「彼女はナシの中に落ちた」 4 raisins 「彼女はブドーの中に落ちた」 正解は・・・・ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ リンゴです。 Elle est tombée dans les pommes. 「彼女はリンゴの中に落ちた」で「彼女は気を失った」です。 なぜ「リンゴ」なのでしょう。Pâmoison (「気絶」を意味する古語)とすり替わったのではないか、という意見もあるようですが、よく分りません。 そう言えば、白雪姫もリンゴを食べて気絶(てか、眠るんだっけ?)しますよね。そう考えれば、オレンジやナシやブドーではなく、やっぱり「リンゴ」が一番いいのかもしれません。

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。