サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog 未分類

枝の上の鳥のように(comme un oiseau sur la branche)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

私が若いころにはどこの大学でも第二外国語が必修で、大部分の学生はフランス語かドイツ語を選択していました。そのためフランス語の教師も仕事はたくさんありました。
事情が変わったのは2000年代半ばのこと。文部科学省が方針を転換し、大学で第二外国語を「必修」にする必要がなくなったのです。まずは入学偏差値下位の大学から第二外国語を「選択科目」とする大学が増え始め、ついで偏差値中位、さらには上位の大学・学部へと伝播します。そこに中国語の伸長と、2010年以降はスペイン語の人気も高まって、大学のフランス語の受講生は激減。私の勤務先の一つでは、2,000人以上いた履修者が400人台まで減りました。
その煽りを食ったのが教師たち。クラス数が減少し、専任の教員が定年退職しても、後任を採用しなくなる。小規模な大学・短大では、フランス語の授業が全面的に廃止されて、専任教員なのに解雇される事態まで生じます。非常勤講師には雇い止めや授業減が続出し、私自身も担当コマ数は一番多かったときの6割程度まで減っています。私の知人では大学教師では食べて行けなくなって、40代半ばで転職した人もいます。安い時給でアルバイトに明け暮れている人も、多分たくさんいるでしょう。今では大学のフランス語非常勤講師は、日本で最も不安定な職業の一つ(←とまで言ったら大げさかもしれませんがw)になってしまいました。
⦁ ※     ※      ※
さて、フランス語に“être comme un/l’oiseau sur la branche”という表現があります。直訳すれば「枝の上の鳥のようである」。手元の仏和辞典を引いてみると、「地位が不安定だ、将来が心もとない」、Le Petit Robertでは“occuper une position précaire/不安定な地位にある”。換言すれば「いつクビになってもおかしくない」、まさに大学のフランス語講師の状況です(←自虐的な笑いw)。

枝の上の鳥のようである

ところが、別の仏和辞典によると、この表現にはもう一つ意味があって、「一ヶ所に長くとどまらない」。
ネットで検索してみると
http://www.linternaute.fr/expression/langue-francaise/15716/comme-l-oiseau-sur-la-branche/#:~:text=Comme%20l%27oiseau%20sur%20la,et%20origine%20de%20l%27expression)
“se dit d’un individu qui n’a pas d’opinion fixe et assurée, ou qui n’est pas sûr du chemin à prendre/しっかりした定まった意見を持っていない人、あるいは取るべき道について確信がない人について言われる”とあります。考えがフラフラ変わる人、職業を転々とする人、志望がコロコロ変わる人について言うのでしょう。
してみると、この表現、大学のフランス語講師が自虐的に、“Je suis comme l’oiseau sur la branche/オレは枝の上の鳥みたいなもんだよ”のようにも使えるし、優柔不断な友人や頻繁に転職する知人について、“Il est comme l’oiseau sur la branche/アイツは枝の上の鳥みたいなヤツだ”のように使うこともできますね(註)。
⦁ ※       ※      ※
私は一昨年の春に住宅ローンの返済が終了し、非常勤講師という不安定な立場にいても、それをことさら心配する必要はなくなりました。しかし、興味の対象がコロコロ変わるという意味では、私の「枝の上の鳥」は死ぬまで治りそうにありません。
実際、私は高校時代から現在に至るまで、志望・関心事が大きく変化し続けています。研究者としてテーマが変遷するだけならまだしも、フルタイムで事務仕事をしたり、法律系の資格を三つ取ったり、英語のTOEICでperfect scoreを目指したりと、今、振り返ってみると「常軌を逸しているw」ようにも思えます。そうではなく、腰を落ち着けて一つのテーマで研究を続けていれば、私にももっと大きな仕事ができたかもしれません。
とは言え、世間では「初老」と言われる年齢になって、今更、生き方を変えることもできません。他人の目には、地に足がつかず、フラフラした人生を生きたように映るでしょうが、自分としては「これがオレの生き方なんだ」と、全面的に「肯定」したい気分です。

(註)この表現はどの辞書にも載っていますが、実際はめったに使わないようです。複数のネイティヴに確認してみたところ、ほとんどの人がこの表現を知りませんでした。

-blog, 未分類

執筆者:

関連記事

複合過去

続・「複合過去」って何?(Qu’est-ce que le passé composé ?/être+p.p.)

こんにちは。バゲットです。 今回も引き続き、複合過去について書きましょう。 フランス語の動詞の95%以上は、avoir を助動詞にして複合過去を作りますが、ごく少数の移動を意味する自動詞(=直接目的語 …

死者の日

「諸聖人の日」って何?(Qu’est-ce que la Toussaint ?)

こんにちは。バゲットです。 一ヶ月ほど前に書きましたが、フランスでは国民の祝日は年間11日あって、うち6日がキリスト教に関連したものです。再度記しておけば、それらは「復活祭の月曜日(移動祝日、2018 …

金魚

金魚の記憶力(une mémoire de poisson rouge)

こんにちは。バゲットです。 「ニワトリは三歩歩くと忘れる」と言います。小学校五年生のときの担任がユーモアのある先生で、何かの機会に教えてもらったように記憶しています。 祖母がニワトリを飼っていて、私は …

なまいき娘(L'effrontée)

『なまいきシャルロット(l’effrontée)』

こんにちは。バゲットです。   多少なりともフランス文化に興味をお持ちの方なら、シャルロット・ゲンズブール(Charlotte Gainsbourg)はご存知でしょう。フランス語テキスト『ス …

2020の予約システムアップデート(生徒さんへ)

https://www.supersaas.jp/schedule/francais-takadanobaba/lesson

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。