サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog 未分類

ニンジンが煮えた(Les carottes sont cuites)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

何度も書いたように、私は房総半島のど真ん中の農家に生まれました。小学校の友人たちの家もほとんどが農家で、中学校でも生徒の大半は同様でした。それが高校に入ると家が農業をしている生徒は圧倒的に少数になって、一クラスに数人しかいない。さらに大学生になると、農家の出身なんて「絶滅危惧種w」なみに少なくなります。

逆に増えたのがエリート層出身の学生たちで、お父上が高級官僚、大企業勤務、教師やジャーナリストはザラにいます。ある同級生女子は、お父さまが東大の海洋研究所の教授で、別の女子のお父さまは宇宙開発事業団(現在のJAXA/宇宙航空研究開発機構)でロケットを飛ばしていました。

私は前者については「まぁ、魚屋さんみたいなものだろう(←調べてみると全く違いましたがw)」と意に介しませんでしたが、後者にはビビりました。ほとんど「怖じ気づいたw」と言ってもいい。宇宙ロケットは超先端技術の結晶のようなものですから、ロケット関連の仕事をしているとは紛れもなく「日本の頭脳」の一人だと思ったからです。そんな父親を持つ女の子の前で「オレの父ちゃん、ニンジン作ってる」なんて、恥ずかしくて言えたものではありません。

どういうわけか、そのとき私が考えたのは本当に「ニンジン」でした(←ロケットと形が似ているからかもしれませんw)。当時、私の父はJAの金融部門で働いており、二ンジンは母が家の隣の畑で自家用に栽培していただけです。それでも、なぜか私は「ニンジン」を思った。そして、ニンジンとロケットの社会的な意味が全く異なることに、大きな「引け目」を感じたのでした。

その後、私は父親がスーパーエリート、もしくは家柄が超名門という人に出会うと、必ずニンジンを思い浮かべるようになりました。大学院に入って、伊達62万石のお姫さまを見かけたときも、加賀100万石の家老の姫君と知り合ったときも、大手建設会社の創業者一族の子弟と話したときも、私はニンジンのことを考えました。私は密かに、私自身のそうした心理を「ニンジンの呪い(la malédiction des carottes)」と呼んでいますw。

※        ※        ※

さて、フランス語で「ニンジン」に関係する表現と言えば、真っ先に思いつくのが、“Les carottes sont cuites/ニンジンが煮えた”。

Les carottes sont cuites

いつものようにウィクショネール(https://fr.wiktionary.org/wiki/les_carottes_sont_cuites)で調べてみると、この言い回しが意味するのは“la situation est irrémédiablement compromise, sans espoir/状況は決定的に危うく、絶望的だ”、別のサイトでは“Il n’y a plus rien à faire, c’est trop tard/もはや手のほどこしようがない、もう遅すぎる”。要するに、「万事休す」です。
語源に関しては、どのサイトも昔の貧しい家庭の食事の風景を挙げています。そうした家庭では肉料理の付け合わせはニンジンだけで、「煮えたニンジン(carottes cuites)」は即座に「肉」を連想させる。そして「肉」は「死んだ動物」だから、この言葉は「瀕死の状態にある」という意味になる。そこからさらにズレが生じて、「ニンジンが煮えた」は「あらゆる種類の絶望的な状況(toute sorte de situation sans espoir)」を指すようになった、ということです。
具体的な使い方としては、たとえば離婚の危機にある女性に、親友が「もう一度話し合ってみたら」と勧める。すると女性は「もうダメよ、ニンジンは煮えてるわ」。あるいはサッカーの試合で一点差で負けていて、ロスタイムに入る。何とか引き分けにしようと攻撃に夢中になっていると、隙を突かれてもう一点を取られてしまう。「ああ、ニンジンが煮えた」。
その他「知人が重い病気になって、もう手のほどこしようがない」(←もちろん、本人や家族の前では言いませんが)とか、「会社の業績が悪化して、もう倒産は免れない」などのケースで用いることもできるでしょう。
※      ※      ※
大学で教えるようになると、ときに超絶毛並みのいい同僚たちと一緒に働くことがあります。私も親戚が総理大臣(!)だとか、お祖父さまが衆議院議長(!)だとか、お父上が最高裁長官(!)だという方たちと、一緒に仕事をする機会がありました。しかし、私はそうした人たちと知り合ったとき、もはやニンジンを思い浮かべることはありませんでした。私はいつしか「ニンジンの呪い」から解放されていたのです。まぁ、自分の足で立つようになって、それなりの実績も出来てくれば、親の職業や家柄なんて何とも思わない、ということなのでしょう。

-blog, 未分類

執筆者:

関連記事

男性名詞と女性

男性名詞と女性名詞(les noms masculins et les noms féminins)(2)

こんにちは。バゲットです。 前回に続いて、名詞の「性」について書きましょう。 フランス語では、人間(+身近な動物)以外を指す名詞は、何の根拠もなく男性名詞/女性名詞に分類されます。それは、どのようにし …

ジャガイモの花

ジャガイモの花(les fleurs de pomme de terre)

こんにちは。バゲットです。 ジャガイモといえば、肉じゃが、コロッケ、ポテトサラダ、カレーやシチューなど、さまざまな料理で用いられる、日本でも代表的な食材の一つです。日本全国で栽培されていますし、千葉の …

Joyeux Noel

JOYEUX NOEL A TOUS!!!

Toute l’equipe des professeurs vous souhaite un tres joyeux Noel!!! La Buche de cette annee, d …

せいしょくさい

ヴァチカンの長女と聖燭祭(La fille aînée de l’Église et la Chandeleur)

こんにちは。バゲットです。 私が高校生のとき、親しかったクラスメートが突然クリスチャンになりました。その経緯等については、全く興味がなかったので話したことはありません。ただ、私が冗談半分で、「お前、本 …

マルグリット・ド・ナヴァール

スタンダール流女の子の口説き方(la manière stendhalienne de séduire une fille)(3)

こんにちは。バゲットです。 スタンダール(Stendhal)の『赤と黒(Le rouge et le noir)』で、美しく高慢な侯爵令嬢マチルド(Mathilde de La Mole)は、16世紀 …

2021/06/16

白いキャベツを作る(faire chou blanc)

いかにして月末を丸くするか

2021/05/10

月末を丸くする(arrondir ses fins de mois)

faire la cour a quelqu'un

2021/04/23

ボクと付き合ってよ(Tu veux sortir avec moi ?)

ゴキブリを持つ(avoir le cafard)

2021/02/27

ゴキブリを持つ(avoir le cafard)

2021/01/27

フランス語・部分冠詞と不可算名詞(Les articles partitifs et les noms non-comptables)

2020/12/07

オレの趣味じゃないよ(Ce n’est pas mon genre !)

ニンジンが煮えた

2020/11/12

ニンジンが煮えた(Les carottes sont cuites)

地位が不安定だ

2020/10/12

枝の上の鳥のように(comme un oiseau sur la branche)

2020/09/12

馬車馬のように働く(travailler comme une bête de somme)

2020/07/31

イチゴを持ち帰る(ramener sa fraise)

サラダを語るのイラスト

2020/06/29

サラダを語る(raconter des salades)

2020/05/29

死んだネズミのように(comme un rat mort)

不定冠詞

2020/04/28

フランス語・不定冠詞と定冠詞(Les articles définis et indéfinis)(3)

スカイプ

2020/04/08

コロナウイルス:Skypeでレッスンを受けたい学生向け

(お知らせ)新型コロナウィルス感染症への対応について

2020/04/05

(お知らせ)新型コロナウィルス感染症への対応について

2020/03/16

フランス語・不定冠詞と定冠詞(Les articles définis et indéfinis)(2)

2020/02/26

フランス語・不定冠詞と定冠詞(Les articles définis et indéfinis)(1)

2020/02/10

オシッコ・テロに気をつけて!(Faites attention aux attentats au pipi !)

頭の内側に髪の毛が生える

2020/01/24

頭の内側に髪の毛が生える(avoir les cheveux qui poussent à l’intérieur)

Joyeux Noel

2019/12/23

JOYEUX NOEL A TOUS!!!

2019/12/09

2020の予約システムアップデート(生徒さんへ)

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。