サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog 未分類

馬車馬のように働く(travailler comme une bête de somme)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、勤務先の大学は三つとも春学期の開講を2~4週間繰り下げました。そのため学期の終了も繰り下がり、私の最終授業は8月14日の金曜日。世間では「お盆休み」の真っ最中まで働いて、ようやく夏休みに入ったところです。
授業はすべてインターネットを介した「オンライン授業」でした。各大学サイト上の「授業支援システム」に「教材」を提示し、Teams(マイクロソフト)やZoomといった「リアルタイム双方向メディア」も併用して行ったのですが、提示する「教材」の作成には膨大な時間がかかる。Teams/Zoomには参加できない学生もいるという前提で、授業で話す内容をすべて文書化し、それに音声ファイルも添付すると、一コマ(90分~100分)分の資料に、場合によっては5時間以上も費やします。
さらに学生が提出した「課題」を見るのも大変で、一クラス25人分をチェックするのに一時間半~二時間超。その間、連絡の電子メールが山のように来て、目を通すだけでも一仕事・・・。
春学期の私の担当は週4日で10コマだったのですが、週5日×10時間ぐらい働いて、おかげで自分自身の研究はほとんど進みませんでした(涙)。
※      ※     ※
さて、フランス語に、“travailler comme une bête de somme”という表現があります。“somme”は通常「合計/総和」、あるいは数学で言う「和」のことですから、“bête de somme”と言うと「足し算ができる馬」を連想する方もいらっしゃるかもしれませんが、そうではありません。
いつものようにネットで調べてみると(https://www.expressio.fr/expressions/une-bete-de-somme)、ここで“somme”は“la charge que peut porter un cheval ou un mulet/ウマやラバが背負うことのできる積み荷”。ですから、“bête de somme”は「荷役用の動物」で、“travailler comme une bête de somme”は直訳すれば「荷役用の動物のように働く」、つまり「仕事で多忙を極める/くたくたになるまで働く」という意味です。日本語でも「馬車馬のように働く」と言いますが、発想は同じでしょう。
上のサイトには、補足として“que ce soit volontairement ou sous la contrainte/意図的にであれ強制されてであれ”ともありました。だから、自分の意志でバリバリ働く場合でも使えるし、繁忙期だから毎日残業する場合でもいいし、ブラック企業で酷使されるケースでもいい。
例を挙げれば、“J’ai travaillé comme une bête de somme hier/オレは昨日馬車馬のように働いたよ”。

馬車馬のように働く

同じような意味で、“travailler comme un fou/un dingue/un forçat”という言い回しもあります。それぞれ「バカ/頭のいかれたヤツ/徒刑囚のように働く」。これも具体的には、“Il travaille comme un fou ces temps-ci/アイツは最近バカみたいに働いているよ”のように言いますね。
「荷役用の動物」にしても「バカ/その他」にしても、どう見ても「高い価値」を含意する単語ではありません。「仕事で多忙を極める」ことについてそうした語を用いることは、仕事よりもプライヴェートやヴァカンスを重視する、普通のフランス人のものの考え方・メンタリティーを反映しているのでしょうか。
 ※      ※      ※
何度も書いたように、私の実家は千葉の山奥の兼業農家で、父はJAの金融部門に勤務していました。現役時代は本当に「馬車馬のように」働いていましたが、定年退職後はずっと、母と一緒に農業にいそしんでいました。と言っても、採算は完全に度外視w。大した売り上げもないのに、何百万円もかけてトラクターを買ったりしている。本人の感覚では「ビジネス」ではなく「趣味」だったのでしょう。「農業」というより「大規模な家庭菜園」と言った方がいい。
私の叔父(母の弟)も、都市銀行を定年退職後、八王子近郊に大きめの畑を借りて、晩年は農業をして過ごしていました。生産物は売ってはおらず、家で食べきれない分は近所に配っていたようです。
金融業界という、いわば「資本主義の中心部」で人生の大半を過ごした父と叔父が、老後は趣味で農業をしていたこと、「資本主義の外部」とは言わずともその「周縁」で晩年を送ったということは、何か示唆的に思えてなりません。
貧乏学者で一生を「資本主義の辺境w」で生きてきた私も、「老後」という言葉が無視できない年齢になってきました。最近は、「退職後は実家に帰って、『晴耕雨読』をするのもいいかなぁ・・・」などと考えている次第です。

-blog, 未分類

執筆者:

関連記事

幽霊は怖い?(

幽霊は怖い?(Tu as peur des fantômes ?)

こんにちは。バゲットです。 何度か書いたように、私の実家は集落から少し離れた奥まったところにあって、隣の家まで100メートル、その隣の家まではさらに100メートルほど離れています。家の正面は庭と農道を …

スカイプ

コロナウイルス:Skypeでレッスンを受けたい学生向け

1)Skypeでレッスンを受けたい学生向け: まず、オンラインスケジュールの優先順位で、「Skype」と表示のある灰色の領域を選択します。 次に、スクロールメニューから、クラスタイプの代わりにSkyp …

ホウレン草にバターを入れる

ホウレン草にバターを入れる(mettre du beurre dans les épinards)

こんにちは。バゲットです。 今回はホウレン草について書きましょう。 私の実家の周囲には果樹園と小さな畑があって、畑では今でも母がいろいろな野菜を栽培しています。そうした野菜の中で、私は子供のころからホ …

フランス語・不定冠詞と定冠詞(Les articles définis et indéfinis)(2)

こんにちは。バゲットです。 前回書いたように、不定冠詞は「不特定」の「可算名詞」につけて用います。ここで「不特定」とは、「どれを指すか聞き手にはわからない」、あるいは話し手にとっても聞き手にとっても「 …

青髯

ジル・ド・レ、あるいは青い髯(Gilles de Rais ou la Barbe bleue)

こんにちは。バゲットです。 前々回はジャンヌ・ダルク(Jeanne d’Arc)について書きましたが、彼女の周辺、と言うか当時の宮廷では、相当にクセのある人物たちが暗躍していたようです。まず国王シャル …

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。