サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog

イヌのように(comme un chien)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

一ヶ月ほど前に書いた“avoir d’autres chats à fouetter(他に鞭打たなければならないネコがいる=他にもっと重要な仕事がある)”を始めとして、“donner sa langue au chat(自分の舌をネコにあげる=[クイズなどで]降参する)”、“avoir un chat dans la gorge(喉にネコがいる=声がしわがれる)”等々、当ブログでは、これまで「ネコ」を用いた慣用句をいくつか紹介してきました。

他方で、「イヌ」を含む言い回しはまだ一つも扱っていません。そこで今回は、「イヌ」を用いた表現について書きましょう。

まず、すぐに思いつくのが“comme un chien(イヌのように)”。いろいろなところで見たり聞いたりするように感じていたのですが、ネットでこの表現を検索してみると、動詞や形容詞を伴った形はヒットするものの、この言い回し単独ではほとんど出てきません。手元の『ミクロ・ロベール』でも同様です。広く一般的な意味で使用できるわけではなく、一緒に使える動詞や形容詞が限られているのでしょう。

で、仏和辞典を引いてみると、「(犬のように)ひどく」(『クラウン仏和辞典』)、「ひどく、惨めに」(『プチ・ロワイヤル仏和辞典』)とあって、例文として挙げられているのは、“malade comme un chien(犬のように病気だ=ひどく具合が悪い)”、“traiter/tuer/vivre/mourir comme un chien(犬のように[手ひどく]扱う/[冷酷に]殺す/[孤独で惨めに]生きる/[のたれ]死ぬ)”など。念のためネイティブ何人かに確認してみましたが、たとえば「イヌのように貧乏だ(pauvre)」とか「イヌのように醜い(laid)」とは、普通、言わないそうです。 ご参考までに、ドイツの作家フランツ・カフカ(Franz Kafka)の小説『審判』(Le Procès)の末尾で、ナイフで心臓をえぐられた主人公は、「イヌのようだ」と言いながら死んでいきます。ドイツ語にも同様の言い方があるのでしょう。

イヌのように
イヌのように

さて、類似した表現で“de chien(イヌの)”があります。名詞につけて、「ひどい、惨めな、つらい、大変な」を意味する形容詞句です。これも例文を調べてみると、“temps/vie/mal/travail de chien(イヌのようにひどい天気/惨めな暮らし/ひどい痛み/つらい仕事)”等々が見つかります。こちらもネイティブに確認しましたが、修飾できる名詞は限られているようで、たとえば「ボロボロの服」を指して「イヌの服(vêtements)」、「粗末な家」を意味して「イヌの家(maison)」などとは言わないとのことでした。

  •      ※      ※

千葉の私の実家でネコを二匹飼っていることはここにも書きましたが、それ以前はイヌを二匹飼っていました。

15年ほど前、近くの山の中に捨てられたらしき真っ白な子イヌがやって来て、実家で飼うようになり、放し飼いにしておいたら(←実家は山の中の一軒家なので)一年半ほどで家出してしまって、寂しがった両親がペットショップで白い柴犬を購入したところ、家出したイヌが骨と皮だけになって帰ってきてw、二匹になったのです。

二匹とも家の外で飼っていたので、真冬になると朝には頭から尻尾まで霜が降りていました。詳述はしませんが、一方は大雪の降った翌朝、迷子になって交通事故で、もう一方は病気で、文字通り「イヌのように(comme un chien=可哀想な仕方で)」死んでしまいました。

そんなこともあって、イヌに関連して上記のような否定的な表現が作られたのも、私は何となく納得してしまいます。

-blog

執筆者:

関連記事

靴下の中のモラル(la morale/le moral dans les chaussettes)

こんにちは。謎のキャラクター、バゲットです。 いきなり高度にプライベートな話で申し訳ありませんが、私の生涯で今年の夏ほど、自分の足の臭さ(!)を強烈に感じたことはありませんでした。 私は今年の夏休み、ほとんど家にこもって論文を書いていました。キーボードに向かって、順調に進んでいるときはよいのです。ところが疲れてきたり行き詰ったりして、一休みしようと、パソコンに背を向けてスリッパを脱ぐと、裸足の足のつま先あたりから、強烈な臭いがむわ~と放たれて、私の鼻をつく。あまりに臭いので、一日に三回、足を洗い、スリッパも洗ったり交換したりするのですが、それでもしばらくすると、私の足は再び猛烈な悪臭を放ち始めるのです。 そんなある日のこと、ネットで、「特急電車の中で靴を脱いで、臭い足を投げ出す人がいて迷惑だ」という趣旨の記事を読みました。私も著者の意見に大いに賛同し、「真夏に公共の場所で靴を脱いで、超絶臭い足を他人の前にさらすなんて、人間として最低限のモラル(la morale)も持っていないwと思われても、仕方ないよなぁ・・・」と考えた次第なのでした。 ※      ※      ※ さて、以前も書いたことがありますが、フランス語で「ラ・モラル(la morale)」と言えば「道徳」「倫理」。しかし、同じ語でも男性形で「ル・モラル(le moral)」と言うと、「気力」「士気」を意味します。 動詞“avoir”とともに用いて、“Elle a le moral”は、「彼女は気力が充実している、やる気満々だ」。“Elle a bon moral(よい気力)”や“Elle a le moral élevé(高い士気)”でも同様です。 反対に“Il n’a pas le moral”、“Il a mauvais moral(悪い士気)”、あるいは“Il a le moral bas/à zéro/à plat(低い/ゼロの/ぺしゃんこの士気)”と言えば、「彼は気力を失っている、落胆している」という意味。ネイティブに確認しましたが、「強い精神的ショックを受ける」ことは必須ではなく、たとえば会社でつまらない仕事ばかりやらされて、「こんな仕事、やる気にならない」といった場合でも使えるそうです。あるいはネットで調べてみると、「一人も友達がいなくて、朝から雨が降っていて、気分がふさぐ」みたいなケースもOK。 “avoir le moral dans les chaussettes(靴下の中にモラルを持つ)” 面白いと思ったのは、“avoir le moral dans les chaussettes(靴下の中にモラルを持つ)”という言い方。“la morale(倫理)”じゃなくて“le moral(気力)”ですから、足の臭さwは関係ありません。気力の度合いを身体の中の垂直線に対応させると、一番下に来るのが「足」。ですから、“J’ai le moral dans les chaussettes(私は靴下の中に気力を持っている)”は、「私は全くやる気がない/意気消沈している」という意味ですね。 ※      ※      ※ 考えてみれば、私も若いころは、大した理由もなくひどく落ち込むことがありました。学部の学生だったとき、一年に一度か二度なのですが、朝、目が覚めて、特にこれといった原因もないのに何もする気にならず、何もかも面倒になって、人生そのものも面倒になって、ほとんど鬱病みたいになって、夕方まで布団の中でウダウダしていて、夜になってお腹がすいて、何か食べようと思ってようやく起き出す・・・というようなことがありました。 ところが20代半ばになると、そうしたことはバッタリとなくなりました。バカな話ですが、今になってみると、何となく懐かしいような気もします。

ネコ舌=ラング・ド・シャ

ネコの舌(langue de chat)

こんにちは。バゲットです。 皆さまご存知のように、日本語で、熱い食べ物が苦手な人のことを「ネコ舌」と言います。個人的な印象では女性に多いようで、少なくとも私は、男性で「ネコ舌」という人には会ったことがありません。まあ、男性の場合、カワイコぶってもしようが無いから、あえて言わないだけなのかも知れませんが。 しかし、なぜ、熱い食べ物を食べられない人を「ネコ舌」と言うのでしょう。もともと、ものを煮たり焼いたりして食べるのは人間だけですから、普通、動物はすべて熱い食べ物は苦手なはずですし、そういう意味では、「イヌ舌」でも「ウマ舌」でも「ウサギ舌」でもよかったはずです。実際に家の中、しばしばテーブルの近くにいて、人間の食事の残り物として熱い物を食べる機会がたくさんありそうな「ネコ」が、代表として選ばれた、ということなのでしょうか。 私の高校の同級生で、6年(!)も浪人して国立大医学部に入って医者になった友人によれば、「ネコ舌」は毎日ドッグフード(←犬のエサ)を食べると、一ヶ月ぐらいで治るそうです(w)。多分ウソだと思いますが、気になる方は試してみてはいかがでしょう(w)。 ※      ※      ※ さて、フランス語にも「ネコ舌=ラング・ド・シャ(langue de chat)」という表現があります。熱い食べ物とは何の関係もありません。楕円形のビスケットやクッキーのこと(↓)で、形が「ネコの舌」に似ているためにそのように言うそうです。 「形」と言うなら、人間の舌も同じような形ではないかと思いますが、お菓子の呼称としては「ネコ」の方がよいのでしょう。ネットでレシピと調べてみると、本当に形がネコの舌に似ているだけで、実態はただのクッキーです。 話は変わりますが、フランス語には「自分の舌をネコにあげる(donner sa langue au chat)」という表現もあります。もともとは「(役に立たない)自分の舌をイヌに投げ与える(jeter sa langue au chien)」が変化してできた言い回しで、ネット辞書(donner sa langue au chat)によると、「ある問題の解答を見つけることができないと認める(se reconnaître incapable de trouver la solution à un problème)」ということ、つまり「クイズなどの解答を諦める、わからないと認める」という意味ですね。 具体的な用法としては、なぞなぞやクイズを出した人が答えに窮する人に対して、「降参しますか=あなたはネコに舌をあげますか(Donnez-vous votre langue au chat ?)」のように言ったり、答えられない人が「降参します=私はネコに舌をあげます(Je donne ma langue au chat)」のように言ったりします。 ちょっと「シュール(surréaliste)」な表現ですが、覚えておくと、意外と使える場面は多いかも知れません。

Joyeux Noel

JOYEUX NOEL A TOUS!!!

Toute l’equipe des professeurs vous souhaite un tres joyeux Noel!!! La Buche de cette annee, de « Le Notre »…! La Buche De Noel « Le Notre »

ガトー・オ・ショコラ

どんなケーキが好きですか(Quels gâteaux aimez-vous ?)

こんにちは。バゲットです。 私が学生時代、住んでいたアパートの近くに、チーズケーキの美味しい喫茶店がありました。毎日、大学の図書館で閉館時間まで勉強し、帰宅する前によく寄ったものでした。後は帰ってお風呂に入って寝るだけという状況で、そのお店でコーヒーを飲みながら、甘酸っぱいチーズケーキを食べていると、「至福」と言ってもよい、すごく幸せな気分になったものでした。 その後、フランス留学を機会に私はブクブクと太ってしまい、帰国してからはダイエットのため、甘いものは極力控えるようになりました。好きだったチーズケーキも、もう25年くらい食べていないように思います。 先日、レコール・ド・フランセで教師のフランク(Franck)に、チーズケーキについて尋ねてみました。フランスでは「チーズケーキ=ガトー・オ・フロマージュ(gâteau au fromage)」は、あまり人気がないそうです。「個人的な印象」と前置きした上で話してくれたところでは、「ケーキ=ガトー」が与える「甘い(sucré)」イメージと、「チーズ=フロマージュ」の「しょっぱい(salé)」イメージが合わないのではないか、とのことでした。 ※       ※      ※ さて、フランス語の勉強です。今回は、ケーキ等、スイーツの「フレーバー」あるいは「つけ合わせ」のお話。 たとえば「ガトー・ショコラ」はフランスのお菓子を代表するものの一つですが、フランス語では「ガトー・オ・ショコラ(gâteau au chocolat)」と、「オ(au)」が入ります。 この「オ(au)」は、前置詞の à と定冠詞の le とで「縮約」が生じたもので、ここで前置詞 à は「添加物、つけ合わせ(accompagnement)」を意味します。「フレーバー」と言ってもいいでしょう。要するに、「チョコレ-ト(chocolat)」を加えた「ケーキ(gâteau)」ですね。 スイーツの呼称で、à + 添加物を伴う言い方は他にもたくさんあります。例えば「イチゴのケーキ」だったら「ガトー・オ・フレーズ(gâteau aux fraises)」(auxは à + 定冠詞 les の縮約)、「イチゴ(fraises)」を加えた「ケーキ」。バニラアイスクリームは「グラ-ス・ア・ラ・バニーユ(glace à la vanille)」、「バニラ(vanille)」を加えた「アイスクリーム」です。 他にもオレンジシャーベットなら、「ソルベ・ア・ロランジュ(sorbet à l’orange)」、バナナパフェは「パルフェ・ア・ラ・バナンヌ(parfait à la banane)」。 日本語になっているものでは、カフェ・オ・レ(café au lait)は、「ミルク(lait)」を加えた「コーヒー」ですね。シュークリームも、フランス語では「シュウ・ア・ラ・クレーム(chou à la crème)」で、「クリーム(crème)」を加えた「キャベツ(chou)」。形がキャベツに似ているから、そのように言うそうです。 以上、スイーツに興味のある方は、覚えておくとよろしいかと思います。

註・シャンボール城

ロワール渓谷の古城(Châteaux de la Loire)

こんにちは。バゲットです。 フランス中部、ロワール川の渓谷は、中世・ルネッサンス期に建てられた古城が点在することで有名です。2000年にはユネスコの世界遺産にも登録され(註・シャンボール城[↓]は1981年に単独で登録)、フランスでも屈指の観光スポットになっています。 「お城は一体いくつあるのだろう」と思ってネットで調べてみると、130とか300とか出てきましたが、ウィキペディア・フランス語ヴァージョンによれば、網羅的なリストは存在しなくて、その総数は3,000に近いようです。多分、すごく小さなものや、廃墟になっているものも含めての数字でしょうけれど。 さて、先日、フランスのテレビで見たルポルタージュ。そうした古城の中には、個人所有の、わりと小さめのお城もたくさんあるそうです。たとえばリヴォー城(Château du Rivau↓)がその一つ。 所有者夫婦によれば、彼らがこのお城を購入したのは1992年のこと。それ以来、大雨で庭園の花が倒れたとか、強風で納屋の瓦が落ちたとか(←共にインタビュー前夜の話)、「問題が途切れることがない(les problemes ne s’arrêtent jamais)」、「毎日が挑戦の日々(C’est un défi au quotidien)」だそうです。 古城の修繕や維持に必要な多額の費用を賄うためには、多くの観光客を引きつけなければなりません。彼らが目をつけたのは隣接する6ヘクタール(!)の庭園で、奥さまが指揮する10人ほどの従業員が、毎日、朝早くから手入れをしています。 訪問者は、初年度のわずか1,500人が、昨年は50,000まで増加したそうですが、それでもまだ経営は赤字状態。そのため旦那さまは、平日はパリの不動産会社で働き、娘さんは城内のレストランでウェイトレスをしています。 ※      ※      ※ なかなか大変ですが、それでも一家は幸せそうです。奥さまは「この果てしない冒険に乗り出したのは、それが好きだからです(On s’est embarqués dans cette aventure sans fin par amour)」、旦那さまも「こうした苦労は、お城の生活の楽しさの一部です(Ça fait partie des plaisirs de la vie du château)」と言っていました。

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。