サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog

ナポレオンという名のブタは存在するか?(Y a-t-il un cochon qui s’appelle Napoléon ?)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

先日、ちょっと調べものをしていて、ウィキペディア・日本語ヴァージョンの「ナポレオン・ボナパルト」の項目を読んでいたら、目を疑うような一節に遭遇しました。
「現在のフランスでは、ナポレオンのイメージを損なうとして、豚にナポレオンと名付けることを禁止している」!
現在のフランスでは、ナポレオンのイメージを損なうとして、豚にナポレオンと名付けることを禁止している
上記の「出展」は、なんと、AFP(L’Agence France-Press=フランス通信社)が配信した新聞記事!AFPのお墨付きなのです!
「そんなバカな法律が本当にあるのか?」と思って、ネットで検索してみると、確かに同様の記事がたくさんヒットします。
例えば
https://www.delitdimages.org/interdiction-dappeler-cochon-napoleon/
引用する(↑)と「自分のブタをナポレオンと呼ぶことは禁止されています(Il est interdit d’appeler son cochon Napoléon)。この法律は空文化した(désuet)テクストで最も有名なものの一つです。それは第一帝政(1804-1814)または第二帝政(1852-1870)まで遡るようです。」
そんなバカな!!!
そこでフランス語のサイトをいろいろと回ってみたところ、フランス版の「教えて!goo」のようなところ(今回、再度探してみましたが、見つかりませんでした<m(__)m>)で、やっぱりどなたかが質問していました。
「ベスト」とされた回答によると、「ナポレオン法典以後のすべての法律を収めたデータベースを調べたが、そのような条文をもった法律は存在しなかった」、一種の「都市伝説」なのか、あるいは、ひょっとして「条例」(地方自治体が制定する)としてならあるのかもしれない、
とのことです。なるほど・・・。
上にリンクを張ったサイトでも、「この法律は革命期の法律の辞典にも、ナポレオン法典にも書かれていない」とありますから、その通りなのでしょう。
なお、私は未読なのですが、ジョージ・オーウェル(註)の『動物農場』に、「ナポレオン」という名前の豚が登場するそうです。

(註)ジョージ・オーウェル(1903~1950)。20世紀イギリス文学を代表する作家の一人で、『動物農場』、『1984年』などの作品があります。

-blog

執筆者:

関連記事

クリスマスおじさん

降誕祭おじさんとクリスマスの薪(Le père Noël et la bûche de Noël)

こんにちは。バゲットです。 前回も書いたように、私たちが知っているサンタクロ-スは、4世紀のキリスト教の主教・聖ニコラウス(Saint Nicolas)の伝説が根幹となって、それにさまざまな伝統、伝説 …

複合過去

続・「複合過去」って何?(Qu’est-ce que le passé composé ?/être+p.p.)

こんにちは。バゲットです。 今回も引き続き、複合過去について書きましょう。 フランス語の動詞の95%以上は、avoir を助動詞にして複合過去を作りますが、ごく少数の移動を意味する自動詞(=直接目的語 …

チョコレート

チョコレートをめぐる闘争(la lutte pour le chocolat)

こんにちは。バゲットです。 私が若い頃(1980年代)は、東京でもチョコレートの専門店はあまり見かけませんでした。だから、フランス語に「ショコラティエ(chocolatier)=チョコレート屋」という …

男性名詞と女性

男性名詞と女性名詞(les noms masculins et les noms féminins)(2)

こんにちは。バゲットです。 前回に続いて、名詞の「性」について書きましょう。 フランス語では、人間(+身近な動物)以外を指す名詞は、何の根拠もなく男性名詞/女性名詞に分類されます。それは、どのようにし …

マダム・コンとムッシュー・コン

マダム・コンとムッシュー・コン (ユーモア)

こんにちは。バゲットです。 皆さま、下の写真、緑のトランクスの選手をご存知ですか。 写真ではボディをまともに殴られていますがw、(元)世界ウエルター級チャンピオン、ホルヘ・バカ(Jorge Vaca) …

自分のお皿の中にいない

2021/09/27

自分のお皿の中にいない(ne pas être dans son assiette)

2021/08/02

お風呂の中に入る(se mettre dans le bain)

2021/06/16

白いキャベツを作る(faire chou blanc)

いかにして月末を丸くするか

2021/05/10

月末を丸くする(arrondir ses fins de mois)

faire la cour a quelqu'un

2021/04/23

ボクと付き合ってよ(Tu veux sortir avec moi ?)

ゴキブリを持つ(avoir le cafard)

2021/02/27

ゴキブリを持つ(avoir le cafard)

2021/01/27

フランス語・部分冠詞と不可算名詞(Les articles partitifs et les noms non-comptables)

2020/12/07

オレの趣味じゃないよ(Ce n’est pas mon genre !)

ニンジンが煮えた

2020/11/12

ニンジンが煮えた(Les carottes sont cuites)

地位が不安定だ

2020/10/12

枝の上の鳥のように(comme un oiseau sur la branche)

2020/09/12

馬車馬のように働く(travailler comme une bête de somme)

2020/07/31

イチゴを持ち帰る(ramener sa fraise)

サラダを語るのイラスト

2020/06/29

サラダを語る(raconter des salades)

2020/05/29

死んだネズミのように(comme un rat mort)

不定冠詞

2020/04/28

フランス語・不定冠詞と定冠詞(Les articles définis et indéfinis)(3)

スカイプ

2020/04/08

コロナウイルス:Skypeでレッスンを受けたい学生向け

(お知らせ)新型コロナウィルス感染症への対応について

2020/04/05

(お知らせ)新型コロナウィルス感染症への対応について

2020/03/16

フランス語・不定冠詞と定冠詞(Les articles définis et indéfinis)(2)

2020/02/26

フランス語・不定冠詞と定冠詞(Les articles définis et indéfinis)(1)

2020/02/10

オシッコ・テロに気をつけて!(Faites attention aux attentats au pipi !)

頭の内側に髪の毛が生える

2020/01/24

頭の内側に髪の毛が生える(avoir les cheveux qui poussent à l’intérieur)

Joyeux Noel

2019/12/23

JOYEUX NOEL A TOUS!!!

2019/12/09

2020の予約システムアップデート(生徒さんへ)

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。