サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog 未分類

ボクと付き合ってよ(Tu veux sortir avec moi ?)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

私は実生活では長いこと恋愛から遠ざかっていますが、それでも恋愛小説(あるいはテーマの一つが恋愛である小説)を読むのは大好きです。そこで描かれる恋愛模様はもちろん多種多様で一般化することなどできませんが、男が女に初めて想いを告白するシーン、あるいはカップルが誕生する場面は、小説の見せ場の一つでしょう。
たとえば、綿矢りさの『勝手にふるえてろ』。松岡茉優の主演で映画にもなりましたから、そちらでご存知の方も多いことと思います。主人公の良香(よしか)は二度目のデートで、同じ会社の同期の男性から「よかったら、おれと付き合ってください」と、「生まれて初めて男性から告白され」ますが、この「告白」の中に「好き」という言葉が無かったことにがっかりします。
あるいは同じ作者の『私をくいとめて』。こちらも映画になっていて、主演はのん(『あまちゃん』で共演した橋本愛も出演)。ヒロインのみつ子は会社の取引先の男性・多田くんと、近所の商店街で偶然出くわして、会話の弾みで自宅に夕飯を食べに来るよう誘ってしまう。その後、関係はなかなか進展しないのですが、一年以上して、同僚の男女と多田くんとディズニーランドでダブルデート。ようやく、彼から「おれたちも、付き合ってみますか」と告白されます。
※      ※      ※
ということで、今回のテーマ。ではフランス人の男女は、どのようにしてカップルになるのでしょうか。
フランス語でいわゆる「告白」の言葉は、“Tu veux sortir avec moi ?/ボクと付き合ってくれない”。“sortir avec+人”は直訳すれば「~と一緒に外出する」ですが、これで「交際する/恋人になる」という意味です。しかし、比較的若いフランス人男性4人に尋ねてみたところ、この言い方は中学生か、せいぜい高校生までしか使わないとのこと。まぁ、日本でもいきなり呼び出して「付き合ってください」は、高校生くらいまででしょうから、フランスでも同じということですね。
大学生以上の大人も、基本的には日本と同じです。普通は(もちろんヴァリエーションは無数にあるでしょうが)、一緒にカフェやレストランに行っておしゃべりし、あるいは映画やコンサートなど共通の趣味に誘ってデートを重ねて、適当なところでキス(s’embrasser)をする。それでめでたくカップルの誕生です。その際、「愛してるよ/Je t’aime」も言った方がいいかもしれません。

faire la cour a quelqu'un
faire la cour a quelqu’un

さて、ついでに恋愛に関するフランス語を勉強しておきましょう。まず「(女性に)言い寄る、口説く」は、フランス語で何と言うのでしょう。手元の和仏辞典を引いてみると、“courtiser+人/faire la cour à+人”が出てきます。たとえば「彼はマリーに言い寄った」なら、“Il a courtisé Marie/Il a fait la cour à Marie”。しかし実際は、これらは「上品ぶった」もしくは「少し古い」言い方のようです。
通常、日本語の「言い寄る、口説く」に対応するのは、“draguer+人”。この語は仏和辞典には「(女を)引っかける、ナンパする」のようにありますが、知っている女性に真面目な気持ちでアプローチするケースでもOK。例えば「彼はリュシーを口説くつもりだ」は、“Il va draguer Lucie”。他に“séduire/誘惑する”も使えます。ただし、“Il a dragué Lucie”では「口説いた」だけで成功したか否かは分かりませんが、“Il a séduit Lucie”だと「口説いて成功した」の意味になるので、注意してください。
「彼女はピエールと付き合っている」は、“Elle sort avec Pierre/彼女はピエールとデートしている”が最も一般的な言い方です。上に出てきた“sortir avec+人”ですね。動詞“voir/fréquenter+人”もあります(Elle voit/fréquente Pierre)が、これらは厳密には「恋愛関係」に限らなくて、多少意味が曖昧になります。ですからたとえば、“Tu vois toujours Pierre ?/まだピエールと会っているの”、“Non, c’est fini. Je ne le vois plus/いいえ、もう終わったわ、もう彼とは会っていない”のように、文脈上明らかなら問題ありません。
以上、特に独身の方は覚えておかれるとよろしいかと思います。

-blog, 未分類

執筆者:

関連記事

復活祭のタマゴ

復活祭とチョコレートのタマゴ(Pâques et des œufs en chocolat)

こんにちは。バゲットです。 フランス語の勉強を始めたばかりのころ、「日曜日」に対応する語を知ったときは、ちょっと戸惑いました。「月」が lune で「月曜日」は lundi、「火星」が Mars で「 …

2020の予約システムアップデート(生徒さんへ)

https://www.supersaas.jp/schedule/francais-takadanobaba/lesson

CatherineDeMedicis

マカロンはお好き?

こんにちは。バゲットです。  最近、日本国内のフランス好きやフランス関係者の間で、フランス共和国大統領エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)に名前が似ているということで、一躍、脚光を …

ラタトゥイユ

ラタトゥイユを作る(faire de la ratatouille)

こんにちは。バゲットです。   数年前に初めて気づいたのですが、私は授業をしていて黒板に「100」という数字を書くとき、どういうわけか二つの「0」を同じ大きさで書くことができません。どんなに …

サラダを語るのイラスト

サラダを語る(raconter des salades)

こんにちは。バゲットです。 何度も書いたように私の実家は元農家で、私が子供のころはJA職員だった父を除いて、毎日、家族総出で農作業をしていました(私は動物たちと遊んでいただけですがw)。家の周囲には大 …

自分のお皿の中にいない

2021/09/27

自分のお皿の中にいない(ne pas être dans son assiette)

2021/08/02

お風呂の中に入る(se mettre dans le bain)

2021/06/16

白いキャベツを作る(faire chou blanc)

いかにして月末を丸くするか

2021/05/10

月末を丸くする(arrondir ses fins de mois)

faire la cour a quelqu'un

2021/04/23

ボクと付き合ってよ(Tu veux sortir avec moi ?)

ゴキブリを持つ(avoir le cafard)

2021/02/27

ゴキブリを持つ(avoir le cafard)

2021/01/27

フランス語・部分冠詞と不可算名詞(Les articles partitifs et les noms non-comptables)

2020/12/07

オレの趣味じゃないよ(Ce n’est pas mon genre !)

ニンジンが煮えた

2020/11/12

ニンジンが煮えた(Les carottes sont cuites)

地位が不安定だ

2020/10/12

枝の上の鳥のように(comme un oiseau sur la branche)

2020/09/12

馬車馬のように働く(travailler comme une bête de somme)

2020/07/31

イチゴを持ち帰る(ramener sa fraise)

サラダを語るのイラスト

2020/06/29

サラダを語る(raconter des salades)

2020/05/29

死んだネズミのように(comme un rat mort)

不定冠詞

2020/04/28

フランス語・不定冠詞と定冠詞(Les articles définis et indéfinis)(3)

スカイプ

2020/04/08

コロナウイルス:Skypeでレッスンを受けたい学生向け

(お知らせ)新型コロナウィルス感染症への対応について

2020/04/05

(お知らせ)新型コロナウィルス感染症への対応について

2020/03/16

フランス語・不定冠詞と定冠詞(Les articles définis et indéfinis)(2)

2020/02/26

フランス語・不定冠詞と定冠詞(Les articles définis et indéfinis)(1)

2020/02/10

オシッコ・テロに気をつけて!(Faites attention aux attentats au pipi !)

頭の内側に髪の毛が生える

2020/01/24

頭の内側に髪の毛が生える(avoir les cheveux qui poussent à l’intérieur)

Joyeux Noel

2019/12/23

JOYEUX NOEL A TOUS!!!

2019/12/09

2020の予約システムアップデート(生徒さんへ)

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。