サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog

幽霊は怖い?(Tu as peur des fantômes ?)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

何度か書いたように、私の実家は集落から少し離れた奥まったところにあって、隣の家まで100メートル、その隣の家まではさらに100メートルほど離れています。家の正面は庭と農道を隔てて柿と栗の畑で、その向こうの山の麓に先祖代々のお墓があります。田舎なので当然、街灯などはなく、日が暮れればあたりは真っ暗。まさに幽霊が出るのにうってつけの(?)環境です。すごく臆病な子供だった私は、暗くなってからお墓に近づいたことは一度もありません。

幽霊やお化けのことはとても幼いころから知っていたように思います。すごく、すごく怖がっていたのですが、でも、どのようにして知ったのか全く覚えていないのです。テレビで見たのでしょうか。迷信深い曾祖父か祖母にでも聞いたのでしょうか、「日が暮れたらお墓に行っちゃダメだよ、お化けが出るからね」と。それとも夕方、遅くまで外で遊んでいたとき、母か、あるいは私の子守をしてくれた曾祖母に、「早く家に入らないと、お化けが出て、連れて行かれちゃうよ」とでも脅されたのでしょうか・・・。

ということで、今回のテーマは「幽霊」です。

※      ※      ※

「日本の幽霊には足がないけど、ヨーロッパの幽霊には足がある」。具体的に「どこで聞いたの?」と質問されても困るのですが、いろいろなところでよく聞くように思います。そこで、なぜ日本の幽霊に足がないのか調べてみると、諸説あるようですが、有力なのは、江戸時代の画家・円山応挙(まるやまおうきょ)の描いた足のない幽霊の絵。その絵がとても有名になって、一般に幽霊には足がないと信じられるようになった、という説です。 最近では幽霊の世界でもグローバル化が進んでいるようで、フランスにも「足のない幽霊」の画像(↓)がありました。

幽霊

さて、フランス語で「幽霊」は“fantôme”。今回は「ウィキペディア」のフランス語ヴァージョンで調べてみると(https://fr.wikipedia.org/wiki/Fantôme)、「幽霊とは一つの出現、幻視あるいは幻覚であって、それは死去した人物の超自然的な顕現と解釈されている」とあります。日本の「幽霊」と同じですね。

“spectre”という語もあって、こちらは「死者の恐ろしい出現(apparition effrayante d’un mort)」。つまり、「怖い」幽霊です。

さらに“revenant”という語もありますが、これは“revenir(帰る)”という動詞の現在分詞からできた語で、「あの世から回帰すると想定される、死者の霊魂」です。 で、外見は千差万別のようですが、一番多いのはこんな(↓)感じ。「おばけのQ太郎」みたいですね

おばけのQ太郎

白い布をまとっているのは、お葬式のとき死体を白い布で包むからだそうです。あと、この(↓)ヴァージョンもポピュラーらしい。

ゲゲゲの鬼太郎

「魂」のイメージでしょうか。昔「ゲゲゲの鬼太郎」に出てきた「死者の魂」は、こんな風でした。

※      ※      ※

この原稿を書いていて、突然気づいたのですが、人類の誕生以来、今までに何百億人もの人が死んでいます。ところが、幽霊として化けて出る人って、比較的最近に死んだ人ばかりじゃないですか!!古くても平将門(940年没)ぐらいで、縄文時代に死んだ人の幽霊wとか、ネアンデルタール人(←「人類」じゃないけど)の幽霊wwなんて、聞いたことがありません。一体、どうしてなのでしょう???

それとも、単に私が知らないだけで、中国には北京原人の幽霊(!)が出る心霊スポットとかがあるのでしょうか。どなたかご存知の方がいらしたら、ぜひぜひ教えてくださいませ。

-blog

執筆者:

関連記事

歌手が来た!(Une cantatrice à l’école !)

こんにちは。レコール・ド・フランセ教師のフランク(Franck)です。 歌手で、当校の生徒でもある竹本絵里子さんをご紹介いたします。 本年4月に開催されるオペラ・リサイタルに出演する歌手の方が、フラン …

ニューカレドニア

天国にいちばん近い島 (l’île la plus proche du paradis)

こんにちは。バゲットです。 ご年配の方なら、『天国にいちばん近い島』という映画をご記憶の方も多いでしょう。1984年に公開された作品で、当時売り出し中の原田知世が主演した映画です。主人公が自転車を引い …

靴下の中のモラル(la morale/le moral dans les chaussettes)

こんにちは。謎のキャラクター、バゲットです。 いきなり高度にプライベートな話で申し訳ありませんが、私の生涯で今年の夏ほど、自分の足の臭さ(!)を強烈に感じたことはありませんでした。 私は今年の夏休み、 …

ビーフステーキのフライドポテト添え

ビーフステーキの思い出(souvenirs de steak-frites)

こんにちは。バゲットです。 私が子供のころは、外国からの牛肉の輸入が制限されていて、「ビーフステーキ(=ビフテキ)」といえば高級料理の代名詞のようなものでした。私の実家は千葉の山奥の農村地帯ではわりと …

マリー・アントワネット

パンがないなら・・・(S’ils n’ont pas de pain)

こんにちは。バゲットです。 「パンがないなら、ケーキを食べればいいのに」。フランス革命の前夜、パンを求めて暴動を起こしたパリの民衆に対し、王妃マリー・アントワネットが口にした「妄言」として知られていま …

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。