サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog

ジャンヌ・ダルク、あるいは美少女戦士(Jeanne d’Arc ou une jolie guerrière)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

「リボンの騎士」、「風の谷のナウシカ」、「セーラー・ムーン」、「綾波レイ/惣流・アスカ・ラングレー(←新世紀エヴァンゲリオン)」「あずみ」・・・。最近のものは知らないのですが、日本の大衆文化のシーンは、何十年も昔から、闘う美少女=「美少女戦士」のイメージであふれています。これは世界的に見るとかなり特殊なことのようで、欧米では「チャーリーズ・エンジェル」や「ボンドガール」のように、成熟した大人の女性が戦うという設定の映画やテレビドラマは古くから存在しましたが、「無垢」で「可憐」な「女の子」が戦うという設定のものは、少なくても最近までは無かったそうです。

しかし、そうは言っても、「美少女戦士」をその起源まで遡るとすれば、つまり元祖「美少女戦士」といえば、フランス史上実在したこの人(↓)以外にありえません。

美少女戦士

フランス中世史のスーパー・アイドル(!)、「オルレアンの乙女(la Pucelle d’Orléans)」(←キャッチフレーズw)、ジャンヌ・ダルク(Jeanne d’Arc)です。彼女については、以前からこのブログに書きたいと思っていたのですが、あまりに有名すぎて何を書いたらよいのかわからず、ついつい後回しになっていました。で、とうとう腹をくくって、今回、調べてみた次第です。

  • ※      ※      ※

ウィキペディア・フランス語ヴァージョン(https://fr.wikipedia.org/wiki/Jeanne_d%27Arc)によれば、ジャンヌ・ダルクが生まれたのは1412年ごろ。日本では室町時代で、応仁の乱が1467年ですから、それより50年以上も昔です。場所はフランス北東部、ナンシーの南西50キロほどの小さな町ドンレミで、生家は裕福な農家だとのこと。

当時は英仏百年戦争(Guerre de Cent Ans/1337-1453)の真っ只中です。国王シャルル6世は長期にわたって精神病で苦しみ、執政不能のままに死去。王太子シャルルは戴冠できず、フランスは国土の半分近くを占領されて存亡の危機に瀕していました。そんな中、13歳(別のサイトでは12歳)のジャンヌが家の庭に一人でいると、どこからか「声(la voix)」が聞こえます。最初は怖く思いましたが、後になると、語りかけているのは大天使ミカエル(L’archange Michel)、聖カタリーナ(sainte Catherine)と聖マルガリータ(sainte Marguerite)であることがわかります。彼らはジャンヌに語ります、「敬虔であれ」と、そして「フランス王国を侵略者から解放し、王太子を玉座へと導け」と。

その後、17歳で王太子に面会し、軍を与えられてからのことは、超有名で誰もが知るところ。まず、ロワール川沿いの要衝の都市オルレアンに赴き、敵軍の11もの砦で包囲されていたこの都市を解放します。それが1429年5月8日。その後もジャンヌの軍は連戦連勝で、7月17日、王太子シャルルは、とうとうランスの大聖堂で戴冠します。9月のパリ包囲戦では攻略に失敗、その後も大きな軍功はないようで、翌30年5月23日のコンピエーニュの戦いで、ジャンヌは敵方の捕虜になってしまいます。そしてイングランド側に引き渡されて、1431年5月30日、火刑台上で生涯を閉じました・・・。

  • ※      ※      ※

このように数奇な運命を生きたため、ジャンヌ・ダルクは多くの小説、戯曲、映画、はたまたマンガやゲームの主題になっています。そのほとんどで「美少女」として描かれているようですが、その美貌や性格のタイプには、大きなヴァリエーションがあるようです。いろいろと比較してみたら、面白いかもしれませんね。

-blog

執筆者:

関連記事

CatherineDeMedicis

マカロンはお好き?

こんにちは。バゲットです。  最近、日本国内のフランス好きやフランス関係者の間で、フランス共和国大統領エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)に名前が似ているということで、一躍、脚光を …

せいぼひしょうてん/l’Assomption de Marie)の日なのでした

終戦と聖母被昇天祭(la fin de la guerre et l’Assomption de Marie)

こんにちは。バゲットです。 皆さま、お盆休みはどのように過ごされたのでしょうか。私は例年通り、千葉の実家に帰ってお墓参りをし、母や弟とおしゃべりをしたり家の近所を散歩したりして、数日ですがのんびりと過 …

彼女は桃を持っている

彼女は桃を持っている(Elle a la pêche)

こんにちは。バゲットです。 「桃」の話が二回続いた後、「農業見本市」を挟んで、今回は三度「桃」のお話です。桃も農業も嫌いな方(←もしいればw)は、「もう、うんざり(J’en ai ras le cul …

レジオン・ドヌールには5つの「等級」

レジオン・ドヌール勲章(Légion d’honneur)(2)

こんにちは。バゲットです。 今回も、レジオン・ドヌール勲章について書きましょう。 さて、レジオン・ドヌールには5つの「等級」があって、下からシュヴァリエ(Chevalier=騎士)、オフィシエ(Off …

全国統一大学入試資格試験・バカロレアが取り行われました。

バカロレアについて(1) こんにちは。バゲットです。 フランスでは、今年も6月15日から22日にかけて、全国統一大学入学資格試験・バカロレアが取り行われました。 バカロレアの写真 フランスのバカロレア …

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。