サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

未分類

イチゴを持ち帰る(ramener sa fraise)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

前回も書いたように、私が子供のころ、私の家では周囲の畑でいろいろな野菜・果物を栽培していました。野菜は多くが自家消費用で、余った分は近所の家にお裾分けしていました。その代わり、近所からはその家で作っている野菜や鶏卵、あるいはもらい物(親戚が送ってきたリンゴとか)の余りなどをもらっていましたから、今考えてみれば一種の「物物交換」です。
他方で、果物については事情は少し違います。五~六アールの果樹園(+家の前と後ろの山の斜面)に柿、栗、梅の木がたくさんあって、それらの収穫物は市場で売ってそれなりのお金になっていたようです。また畑でも、いくつかの果物を販売用に栽培していました。私がよく覚えているのは、トウモロコシ(「果物」ではありませんが)とイチゴ。前者は立ったまま収穫できますから、祖父母も手伝っていましたが、イチゴはしゃがんで選別しながら摘むので、かなりの重労働です。そのため、当時はまだ20代だった母親の仕事になっていて、私も母親についてよくイチゴ摘みを手伝ったものでした。もっとも、たいていはテントウムシ(bête à bon Dieu/神さまの虫)などを捕まえて遊んでいたので、ほとんど役には立ちませんでしたが。
⦁ ※      ※      ※
さて、フランス語で「イチゴ/fraise」を用いた表現としてまず思いつくのは、“ramener sa fraise/自分のイチゴを持ち帰る”。
いつものように「ウィクショネール」(https://fr.wiktionary.org/wiki/ramener_sa_fraise)で調べてみると、三つの語義が挙げられています。まず“survenir à l’improviste/不意にやって来る”。次に“venir ; s’approcher/来る、近づく”。どちらの語義も例文を読むと、あまり良い意味ではないようで、「じゃまな人、来て欲しくない人が来る」というニュアンスです。
しかし、この原稿を書くにあたって実際に三人のフランス人に尋ねてみたところ、三人がともにこの表現の意味として挙げたのは第三の語義、“intervenir dans une discussion sans y être invité/招かれもしないのに(他人の)会話に口を出す”です。
別のサイト(http://www.linternaute.fr/expression/langue-francaise/637/ramener-sa-fraise/)でも、「ある人物について、“彼/彼女は自分のイチゴを持ち帰る”と言うは、会話の内容がその人とは関係ないにもかかわらず、あるいは意見を聞かれていないにもかかわらず、その人がしばしば会話に口を出すときである」とある。ここで「イチゴ」とは「顔」のことだそうで、意味は少し違いますが日本語で言う「首を突っ込む」と、発想は似ているかもしれません。

“Ramener sa fraise”

具体的な使い方としては、たとえば、すごくおしゃべりで、いつも他人の会話に割り込んでくる人、皆で話しているときに他人の話を聞かず、会話を独占しようとする人、聞かれてもいないのに、自分の知識をひけらかしてベラベラしゃべる人などについて、“Il ramène toujours sa fraise/彼はいつも自分のイチゴを持ってくるね”のように言うようです。あるいは、プライベートなことを話しているときに第三者が興味を示してきたら、“Ne ramène pas ta fraise/イチゴを持ってこないでよ=キミには関係ないことだよ”と言うこともできますね。
⦁※      ※      ※
私の家では母が腰を痛めてしまったこともあって、イチゴを栽培していたのはほんの数年間でした。しかし、母の実家ではかなり長い間作っていて、母は実家に行くとしばしばイチゴを持ち帰っていました。本物のイチゴです。
他方で私の祖母はむやみにおしゃべりで、私の友人たち(←小学生のとき)が家に遊びに来ると必ず話しかけ、どうでもいい質問を、推測を交えながら矢継ぎ早に投げかけるのです。そのため友人の一人は辟易してしまい、「お前の婆さん、ホントにうっとうしいな」などと言っていました。祖母はイチゴの生産には全く携わっていませんでしたが、それでもやはり、彼女は彼女なりの仕方でw、「いつもイチゴを持ち帰っていた/Elle ramenait toujours sa fraise」と言うことができるかもしれませんww。

-未分類

執筆者:

関連記事

2020の予約システムアップデート(生徒さんへ)

https://www.supersaas.jp/schedule/francais-takadanobaba/lesson

ベルギービール・ウィークエンド東京2017

「ベルギービール・ウィークエンド東京2017」で懇親会!

こんにちは。バゲットです。 もう15年以上も前のことですが、フランス語教授法の研修会に出席するため、夏休みのまるまる一ヶ月を、フランス北部の都市・カーンで過ごしたことがあります。 比較的ベルギー国境に …

スカイプ

コロナウイルス:Skypeでレッスンを受けたい学生向け

1)Skypeでレッスンを受けたい学生向け: まず、オンラインスケジュールの優先順位で、「Skype」と表示のある灰色の領域を選択します。 次に、スクロールメニューから、クラスタイプの代わりにSkyp …

サラダを語るのイラスト

サラダを語る(raconter des salades)

こんにちは。バゲットです。 何度も書いたように私の実家は元農家で、私が子供のころはJA職員だった父を除いて、毎日、家族総出で農作業をしていました(私は動物たちと遊んでいただけですがw)。家の周囲には大 …

地位が不安定だ

枝の上の鳥のように(comme un oiseau sur la branche)

こんにちは。バゲットです。 私が若いころにはどこの大学でも第二外国語が必修で、大部分の学生はフランス語かドイツ語を選択していました。そのためフランス語の教師も仕事はたくさんありました。事情が変わったの …

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。