サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog

鉄仮面(l’homme au masque de fer)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

私が子供のころ、仮面で素顔を隠した「正義の味方」が「悪」と戦うという内容のマンガやテレビドラマが、大流行していました。私は特に藤子不二雄さんの「パーマン」が大好きで、「パーマン」の放映が終了したときは、現代なら「パーロス」とでも言いそうな深い喪失感、寂寥感を抱いたものでした。
今回調べてみたところ、日本でそのような仮面のヒーローの嚆矢となったのは「月光仮面」だそうで、「正義の味方」という言葉自体が「月光仮面」の主題歌に由来するそうです。
※      ※      ※
さて、「正義の味方(フランス語で justicier)」ではありませんが、フランスにも仮面をまとっている人がいます。たとえばこの方(↓)です。
鉄仮面
通称「鉄仮面(l’homme au masque de fer)」。歴史上実在した人物で、1669年に捕らえられて1703年にバスティーユ牢獄で亡くなるまで、34年間も獄中で過ごしました。権力側はその身元を徹底的に隠蔽し、本名も素顔も明かされず、監獄長自らが世話をしたそうです。常時鉄の仮面をつけていたと言われますが、実際には人と面会するときだけ、布製の仮面を着用したようです。
そんな事情があったため、その正体についてはさまざまな憶測が流れました。国王ルイ14世の異母兄、双子の兄または弟、宰相マザラン(Mazarin)とルイ13世の后が不倫して生まれた子、等々です。
「鉄仮面」は多くのフィクションに着想を与えました。現在でも入手可能なものとしては、アレクサントル・デュマ(Alexandre Dumas)の『ダルタニアン物語』、藤本ひとみさんの『ブルボンの封印』、森川久美さんによるそのマンガ版などがあるようです。1998年には、レオナルド・ディカプリオの主演で映画にもなっています(『仮面の男』↓上の画像も同様)。
「鉄仮面」の映画
映画では「鉄仮面」はルイ14世の双子の弟という設定です。年老いた三銃士が、暴君だったルイ14世を弟の鉄仮面フィリップ(ディカプリオの二役)とすり替えようとするお話です。フランスでの評価は今一つだったようですが、今回DVDを見たところ、エンタメ映画としてはよく出来ていると思います。個人的には、ジュディット・ゴドレーシュ(Judith Godrèche)が出演していたのが嬉しいですね。
ウィキペディア・フランス語ヴァージョンによれば、「鉄仮面」の伝説は、ヴォルテール(Voltaire)が『ルイ14世の世紀(Le siècle de Louis 14)』(1751年)で紹介したことによって有名になりました。現代では、この伝説自体、「絶対王政の信用を失墜させるため(pour discréditer la monarchie absolue)」、ヴォルテールが「でっち上げたもの(une totale invention)」だとする説もあるそうです。と言うのも、国家機密を握っている囚人や国家にとって有害な囚人に「仮面(loup)」を着用させることは、当時、広く行われていたことで、「鉄仮面」とされる人物の処遇は決して例外的なものではなかったからです。
私は専門家ではないので、その点については何とも言えません。「真実」は歴史学者に任せるとして、私たちは「物語」を「物語」として楽しめば、それでよいのではないでしょうか。

-blog

執筆者:

関連記事

フランスのレジオン・ドヌール

レジオン・ドヌール勲章(Légion d’honneur)(1)

こんにちは。バゲットです。 記憶がひどく曖昧で申し訳ないのですが、私が子供の頃(1960年代)のテレビアニメ(あるいはマンガ?)の登場人物で、普通の子供なのにどういう訳か胸に勲章をつけていて、ことある …

男性名詞と女性

フランス語・男性名詞と女性名詞(les noms masculins et les noms féminins)(1)

こんにちは。バゲットです。 たまには趣向を変えて、今日はフランス語の文法について書きましょう。 多くの場合、フランス語の勉強を始めたばかりの方が、まず最初に戸惑うのは、名詞に「性」があることではないで …

現在のフランスでは、ナポレオンのイメージを損なうとして、豚にナポレオンと名付けることを禁止している

ナポレオンという名のブタは存在するか?(Y a-t-il un cochon qui s’appelle Napoléon ?)

こんにちは。バゲットです。 先日、ちょっと調べものをしていて、ウィキペディア・日本語ヴァージョンの「ナポレオン・ボナパルト」の項目を読んでいたら、目を疑うような一節に遭遇しました。 「現在のフランスで …

エマニュアル・ベアール

『愛と宿命の泉』(Jean de Florette/Manon des sources)

こんにちは。バゲットです。 今回紹介したいのは、映画『愛と宿命の泉』(1986年)。フランス人の知人が「生涯で見た最高の映画の一つ」と熱烈に勧めるので見てみたところ、私にとっても忘れられない作品となり …

ゲルマントのほう

プルースト流女の子の口説き方(la manière proustienne de séduire une fille)

こんにちは。バゲットです。 マルセル・プルーストの小説『失われた時を求めて』。長大かつ難解のことで知られ、現代文学にも多大な影響を与えたとされる、20世紀フランス文学の名作です。社交界の人間模様が延々 …

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。