サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog

オシッコ・テロに気をつけて!(Faites attention aux attentats au pipi !)

投稿日:

こんにちは。謎のキャラクター、バゲットです。

去年の12月の初めごろでしたが、都心の某大学で授業を終えて、帰途、永田町で半蔵門線に乗り換えたときのこと。夕方のラッシュアワーで電車は割と混んでいたにもかかわらず、どういうわけか優先席の6席が空いていました。疲れていたので「これ幸い」とばかりに座ったところ、しばらくしてお尻が冷たくなるのを感じます。あわてて立ち上がってよく見ると、優先席はすべて何かでびっしょりと濡れているのです。家に帰ってジーパンを脱ぎ、臭いを嗅ぐと、明らかに小便臭い。私はウンザリして洗濯し、すぐにお風呂に入ったのでした。

このように、公共交通機関の座席を小便でビショビショにし、気づかずに座った乗客のズボンを汚してしまう。これはもう一種の無差別テロ(attentat aveugle)と言っても過言ではないでしょう!あの小便の量から考えて、単独犯ではありえません。思想背景等は不明ですが(てか、もしも「思想背景」があったら、それはそれで面白いかもしれませんがw)、おそらく日本政府もしくは東京都庁(=東京メトロの株主)に敵意を持つどこかのテロリスト集団が、地下鉄の乗客を標的にテロ攻撃を敢行したのです。「爆弾テロ」を“attentat à la bombe”と言いますから、これはまさに“attentat au pipi(=オシッコ・テロw)”。私は運悪くそれに巻き込まれてしまったということなのでしょう。最近は東京も物騒(?)になったものですね・・・。

ということで、今回は「トイレ」のお話ですw。

  • ※      ※      ※

さて、フランス語で「トイレ」は“les toilettes”。必ず複数形で用いて、個人の家で便器が一つしかなくても複数です。「汚い」「恥ずかしい」というイメージがあるので、意味をぼかすため複数にする「婉曲表現」だと聞いたことがありますが、今回改めて調べてみると諸説あるようで、なぜ複数にするのか正確なことはわかりませんでした。なお、単数形で、たとえば“faire sa toilette”と言うと、「お化粧をする、身支度をする(←男性にも使います、ネコが顔を洗うときにも使いますw)」という意味になるので、気をつけてください。

「ちょっとトイレに行ってくる」は“Je vais aux toilettes”、あるいは近接未来にして“Je vais aller aux toilettes”。遠回しに「手を洗う」と言うこともできて、それだと“Je vais me laver les mains(=手を洗ってくるよ)”です。友人の家でお手洗いを借りたいときは、“Je peux (aller) me laver les mains ?(=手を洗ってきてもいいかい)”と言えばいい。もちろんもっと直接的に、“Est-ce que je peux utiliser les toilettes ?(=トイレを使ってもいいかい)”と言うこともできます。

他にも同じ意味の表現はたくさんあって、たとえば“faire pipi(=おしっこをする)”は、「幼児語」。“faire ses besoins(=必要なことをする)”は、日本語の「用を足す」と同じ発想なのでしょうが、多くはイヌなど動物に用いて、人間が自分のことでは言わないそうです。

faire pipi: ” (=おしっこをする)

また、“se soulager(=スッキリする)”は口語で冗談めかした表現で、ネイティブ二名に聞いてみたところ、二人とも「普通は言わない」とのことでした。

反対に「我慢する」は“se retenir”。これも自分についてはあまり使わないようで、たとえば子供が「オシッコがしたい」と言ったとき、“Retiens-toi(=我慢しなさい)”や“Est-ce que tu peux te retenir ?(=我慢できる?)”のように用います。

  • ※      ※      ※

私は若いころ、腎臓結石を患ったことがあって、そのとき担当医から、再発を防ぐため一日に二リットルの水を飲むように勧められました。それ以来ずっと、「水」ではありませんが、緑茶または紅茶を毎日二リットル以上飲むようにしています。幸い結石は一度も再発していません。

それはよいのですが、大量に水分を摂取すると、当然トイレは近くなり、私は毎日、10回以上(15回くらい?)もお手洗いに行っています。特に朝が厳しくて、家を出る前に二~三回行き、さらに駅で行ったり、ときには電車を途中で降りてトイレに行くこともあります。満員電車の中で漏らしてしまい、私自身が「オシッコ・テロリスト」になったりしたら、冗談ではすみませんw。

-blog

執筆者:

関連記事

彼女は桃を持っている

彼女は桃を持っている(Elle a la pêche)

こんにちは。バゲットです。 「桃」の話が二回続いた後、「農業見本市」を挟んで、今回は三度「桃」のお話です。桃も農業も嫌いな方(←もしいればw)は、「もう、うんざり(J’en ai ras le cul …

Joyeux Noel

JOYEUX NOEL A TOUS!!!

Toute l’equipe des professeurs vous souhaite un tres joyeux Noel!!! La Buche de cette annee, d …

金魚

金魚の記憶力(une mémoire de poisson rouge)

こんにちは。バゲットです。 「ニワトリは三歩歩くと忘れる」と言います。小学校五年生のときの担任がユーモアのある先生で、何かの機会に教えてもらったように記憶しています。 祖母がニワトリを飼っていて、私は …

ニンジンが煮えた

ニンジンが煮えた(Les carottes sont cuites)

こんにちは。バゲットです。 何度も書いたように、私は房総半島のど真ん中の農家に生まれました。小学校の友人たちの家もほとんどが農家で、中学校でも生徒の大半は同様でした。それが高校に入ると家が農業をしてい …

ジャガイモの花

ジャガイモの花(les fleurs de pomme de terre)

こんにちは。バゲットです。 ジャガイモといえば、肉じゃが、コロッケ、ポテトサラダ、カレーやシチューなど、さまざまな料理で用いられる、日本でも代表的な食材の一つです。日本全国で栽培されていますし、千葉の …

2021/06/16

白いキャベツを作る(faire chou blanc)

いかにして月末を丸くするか

2021/05/10

月末を丸くする(arrondir ses fins de mois)

faire la cour a quelqu'un

2021/04/23

ボクと付き合ってよ(Tu veux sortir avec moi ?)

ゴキブリを持つ(avoir le cafard)

2021/02/27

ゴキブリを持つ(avoir le cafard)

2021/01/27

フランス語・部分冠詞と不可算名詞(Les articles partitifs et les noms non-comptables)

2020/12/07

オレの趣味じゃないよ(Ce n’est pas mon genre !)

ニンジンが煮えた

2020/11/12

ニンジンが煮えた(Les carottes sont cuites)

地位が不安定だ

2020/10/12

枝の上の鳥のように(comme un oiseau sur la branche)

2020/09/12

馬車馬のように働く(travailler comme une bête de somme)

2020/07/31

イチゴを持ち帰る(ramener sa fraise)

サラダを語るのイラスト

2020/06/29

サラダを語る(raconter des salades)

2020/05/29

死んだネズミのように(comme un rat mort)

不定冠詞

2020/04/28

フランス語・不定冠詞と定冠詞(Les articles définis et indéfinis)(3)

スカイプ

2020/04/08

コロナウイルス:Skypeでレッスンを受けたい学生向け

(お知らせ)新型コロナウィルス感染症への対応について

2020/04/05

(お知らせ)新型コロナウィルス感染症への対応について

2020/03/16

フランス語・不定冠詞と定冠詞(Les articles définis et indéfinis)(2)

2020/02/26

フランス語・不定冠詞と定冠詞(Les articles définis et indéfinis)(1)

2020/02/10

オシッコ・テロに気をつけて!(Faites attention aux attentats au pipi !)

頭の内側に髪の毛が生える

2020/01/24

頭の内側に髪の毛が生える(avoir les cheveux qui poussent à l’intérieur)

Joyeux Noel

2019/12/23

JOYEUX NOEL A TOUS!!!

2019/12/09

2020の予約システムアップデート(生徒さんへ)

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。