サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog 未分類

白いキャベツを作る(faire chou blanc)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

私が子供のころは、為替レートが固定されていて1ドルが360円もしました。ジェット旅客機は飛んでいましたが、外国に行ったことのある人など、少なくとも私の周囲には一人もいませんでした。
そんな時代でしたから、食通を気取って、自分が本場のフランス料理に精通しているかのように、日本のレストランで提供しているフランス料理を小馬鹿にする文化人(+一般人)もいました。「これは本物のフランス料理ではない、日本人向けに味付けされた偽のフランス料理なのだ」と。
その後、為替が変動相場制になって円が強くなり、誰でもフランスに行けるようになると、日本風フランス料理を軽蔑的に語る人も(ほとんど?)いなくなりました。とは言え、そのことによって料理の内実が変わるわけでもありません。フランス人の友人・知人に尋ねてみると、やはり日本風フランス料理はフランス本国の料理とは味付けが違うようです。
それは逆に言えば、本場のフランス料理には、日本人の口に合わないものもあるということでしょう。実際、私自身、フランス滞在中に食べた料理(大学の学食や街の安いレストランの料理だけですが)の中には、「不味い」と言ったレベルではなく、「とても食べられたものではないw」という一品もありました。
たとえば大学の学食で食べた、10センチくらいのウナギのぶつ切りを赤ワインで煮込んだ料理(←これは不味かったw)。あるいはやはり学食で出てきた、バターライスの上にイカの脚が5本くらい乗った料理(←特別に不味かったわけではないが、その「粗末さ」に驚いたw)。そして極めつけが、ボルドーの下宿の近くのカフェで食べた謎のキャベツ料理です。
膨大なキャベツの千切りを煮込んだ中に豚肉(+ジャガイモ?)が入っていて、これが「絶対的」と言っていいほど口に合わないw。何と言う食べ物なのか知らないのですが、酸っぱくはなかったので「シュークルート/choucroute」ではないと思います。「これが人間の食い物か~ww」と思いつつ、お金がもったいないので無理して半分だけ食べましたが、それが限界でした。
※         ※         ※
さて、「キャベツ」です。フランス語に“faire chou blanc/白いキャベツを作る”という表現があります。いつものようにネットで調べてみると(https://fr.wiktionary.org/wiki/faire_chou_blanc#:~:text=%C3%89tymologie,un%20coup%20nul%2C%20sans%20r%C3%A9sultat.)、“subir un échec, échouer/挫折する、失敗する”。別のサイトでは、“ne rien gagner/何も獲得しない”。起源はボーリングに似た16世紀のゲームです。一点も取れないことを“coup blanc/白い一撃”と呼んだのですが、この“coup/クー”をフランス中央部のベリー地方では“chou/シュー=キャベツ”と発音していたそうで、そのことから「白い一撃」が「白いキャベツ」にすり替わって、今日まで伝わっている、ということです。

Un chou blanc(faire chou blanc)

具体的な使い方としては、何であれ試み・挑戦に失敗したとき、努力したにもかかわらず結果を得られなかったときに、“J’ai fait chou blanc/まるでダメだったよ”のように言えばよいでしょう。
※         ※         ※
以前にも書いたように、私は大学入試で浪人して、第二志望の大学に入学しました。「第二志望」と言っても、「本命」への思い入れが強かったので、前年は受験さえしなかった大学です。まさしく「白いキャベツ/chou blanc」を作ったわけで、一時はひどく落ち込んでいました。
さて、私が修士課程の学生だったとき、浅田彰さんの『構造と力』が切っ掛けになって、知的関心の高い若者の間でフランスの現代哲学が流行しました。特に脚光を浴びたのが三人のスーパースター。ジャック・デリダ(Jacques Derrida)、ミッシェル・フーコー(Michel Foucault)、ジル・ドゥルーズ(Gilles Deleuze)の三人です。
私はドゥルーズがソルボンヌ大学出身であることを知ったときは、すごく驚きました。フランスでは著名な哲学者たちは、そのほとんどがエコール・ノルマル(École normale supérieure/高等師範学校)を卒業しているからです。
調べてみるとドゥルーズは、ノルマルの受験に失敗して、ソルボンヌに入学したのでした。さらに調べてみると、フーコーとデリダはエコール・ノルマルを出ているとはいえ、入学試験ではフーコーが一浪、デリダは何と二年(!)も浪人しています。
この記事を読んでくださっている方の中には、大学入試で第一志望の受験に失敗し、失意の中で滑り止めの大学に入った方もいらっしゃることでしょう。でも、あまり気落ちしなくてもよいと思います。作ったのは、本当に小さな「白いキャベツ/chou blanc」ですから。

-blog, 未分類

執筆者:

関連記事

大天使ミカエル

悪魔の尻尾を引っ張る(tirer le diable par la queue)

こんにちは。バゲットです。 私は収入の少ない、「恵まれない階層(classe défavorisée)」の人間なので、できるだけ質素に生活するよう努めています。特に食事や衣類等、日常の生活費は可能な限 …

花粉症

花粉症(rhume des foins/allergie aux pollens)

こんにちは。バゲットです。 2011年3月、東日本大震災のニュースは、フランスのテレビでも、連日トップで報道されました。ある日、国営チャンネルFrance2の夜のニュースで、福島原子力発電所からの放射 …

マルグリット・ド・ナヴァール

スタンダール流女の子の口説き方(la manière stendhalienne de séduire une fille)(3)

こんにちは。バゲットです。 スタンダール(Stendhal)の『赤と黒(Le rouge et le noir)』で、美しく高慢な侯爵令嬢マチルド(Mathilde de La Mole)は、16世紀 …

ナポレオンの写真

彼の辞書に「不可能」という文字はあるか(Impossible est-il français ?)

こんにちは。バゲットです。 フランスの「英雄」といえば、ナポレオン・ボナパルト。ベートーヴェンの交響曲第3番『英雄』をめぐるエピソードも有名です(註)。 そして、ナポレオンの言葉といえば、「私の辞書に …

ノミの市

ノミの市(le marché aux puces)

こんにちは。バゲットです。 「ノミの市」については、かなり若い頃から知っていたように思います。その呼称の由来まで考えたことはありませんでしたが、使いようのないガラクタや不潔な古着なども売っていて、汚い …

2021/06/16

白いキャベツを作る(faire chou blanc)

いかにして月末を丸くするか

2021/05/10

月末を丸くする(arrondir ses fins de mois)

faire la cour a quelqu'un

2021/04/23

ボクと付き合ってよ(Tu veux sortir avec moi ?)

ゴキブリを持つ(avoir le cafard)

2021/02/27

ゴキブリを持つ(avoir le cafard)

2021/01/27

フランス語・部分冠詞と不可算名詞(Les articles partitifs et les noms non-comptables)

2020/12/07

オレの趣味じゃないよ(Ce n’est pas mon genre !)

ニンジンが煮えた

2020/11/12

ニンジンが煮えた(Les carottes sont cuites)

地位が不安定だ

2020/10/12

枝の上の鳥のように(comme un oiseau sur la branche)

2020/09/12

馬車馬のように働く(travailler comme une bête de somme)

2020/07/31

イチゴを持ち帰る(ramener sa fraise)

サラダを語るのイラスト

2020/06/29

サラダを語る(raconter des salades)

2020/05/29

死んだネズミのように(comme un rat mort)

不定冠詞

2020/04/28

フランス語・不定冠詞と定冠詞(Les articles définis et indéfinis)(3)

スカイプ

2020/04/08

コロナウイルス:Skypeでレッスンを受けたい学生向け

(お知らせ)新型コロナウィルス感染症への対応について

2020/04/05

(お知らせ)新型コロナウィルス感染症への対応について

2020/03/16

フランス語・不定冠詞と定冠詞(Les articles définis et indéfinis)(2)

2020/02/26

フランス語・不定冠詞と定冠詞(Les articles définis et indéfinis)(1)

2020/02/10

オシッコ・テロに気をつけて!(Faites attention aux attentats au pipi !)

頭の内側に髪の毛が生える

2020/01/24

頭の内側に髪の毛が生える(avoir les cheveux qui poussent à l’intérieur)

Joyeux Noel

2019/12/23

JOYEUX NOEL A TOUS!!!

2019/12/09

2020の予約システムアップデート(生徒さんへ)

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。