サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog

ネコの舌(langue de chat)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

皆さまご存知のように、日本語で、熱い食べ物が苦手な人のことを「ネコ舌」と言います。個人的な印象では女性に多いようで、少なくとも私は、男性で「ネコ舌」という人には会ったことがありません。まあ、男性の場合、カワイコぶってもしようが無いから、あえて言わないだけなのかも知れませんが。
しかし、なぜ、熱い食べ物を食べられない人を「ネコ舌」と言うのでしょう。もともと、ものを煮たり焼いたりして食べるのは人間だけですから、普通、動物はすべて熱い食べ物は苦手なはずですし、そういう意味では、「イヌ舌」でも「ウマ舌」でも「ウサギ舌」でもよかったはずです。実際に家の中、しばしばテーブルの近くにいて、人間の食事の残り物として熱い物を食べる機会がたくさんありそうな「ネコ」が、代表として選ばれた、ということなのでしょうか。
私の高校の同級生で、6年(!)も浪人して国立大医学部に入って医者になった友人によれば、「ネコ舌」は毎日ドッグフード(←犬のエサ)を食べると、一ヶ月ぐらいで治るそうです(w)。多分ウソだと思いますが、気になる方は試してみてはいかがでしょう(w)。
※      ※      ※
さて、フランス語にも「ネコ舌=ラング・ド・シャ(langue de chat)」という表現があります。熱い食べ物とは何の関係もありません。楕円形のビスケットやクッキーのこと(↓)で、形が「ネコの舌」に似ているためにそのように言うそうです。
ネコ舌=ラング・ド・シャ 「形」と言うなら、人間の舌も同じような形ではないかと思いますが、お菓子の呼称としては「ネコ」の方がよいのでしょう。ネットでレシピと調べてみると、本当に形がネコの舌に似ているだけで、実態はただのクッキーです。
話は変わりますが、フランス語には「自分の舌をネコにあげる(donner sa langue au chat)」という表現もあります。もともとは「(役に立たない)自分の舌をイヌに投げ与える(jeter sa langue au chien)」が変化してできた言い回しで、ネット辞書(donner sa langue au chat)によると、「ある問題の解答を見つけることができないと認める(se reconnaître incapable de trouver la solution à un problème)」ということ、つまり「クイズなどの解答を諦める、わからないと認める」という意味ですね。
具体的な用法としては、なぞなぞやクイズを出した人が答えに窮する人に対して、「降参しますか=あなたはネコに舌をあげますか(Donnez-vous votre langue au chat ?)」のように言ったり、答えられない人が「降参します=私はネコに舌をあげます(Je donne ma langue au chat)」のように言ったりします。
ちょっと「シュール(surréaliste)」な表現ですが、覚えておくと、意外と使える場面は多いかも知れません。

-blog

執筆者:

関連記事

ヒナゲシ

フランスの国花(Emblèmes végétaux de France)

こんにちは。バゲットです。 今年の春は例年よりも早く気温が上がって、東京都心では早くも3月24日に桜が満開になりました。私は機会がありませんでしたが、皆さまの中にも、お花見に興じられた方は多いと思いま …

魚についてのクイズです。フランスには、面白い名前を持った魚がいます。

地球魚に月魚 こんにちは。バゲットです。 フランスは北を大西洋、南を地中海と、海に挟まれています。漁港もたくさんあって、漁師で生計を立てている人もたくさんいるようです。 それでも日本と比べると、魚を食 …

大天使ミカエル

悪魔の尻尾を引っ張る(tirer le diable par la queue)

こんにちは。バゲットです。 私は収入の少ない、「恵まれない階層(classe défavorisée)」の人間なので、できるだけ質素に生活するよう努めています。特に食事や衣類等、日常の生活費は可能な限 …

マルグリット・ド・ナヴァール

スタンダール流女の子の口説き方(la manière stendhalienne de séduire une fille)(3)

こんにちは。バゲットです。 スタンダール(Stendhal)の『赤と黒(Le rouge et le noir)』で、美しく高慢な侯爵令嬢マチルド(Mathilde de La Mole)は、16世紀 …

キャベツ

キャベツを植えに行く(aller planter ses choux)

こんにちは。バゲットです。 若い方は聞いたことがないかもしれませんが、私が子供の頃(1960~70年代)、漫画やテレビドラマで、「ニワトリでも飼って余生を過ごせ」というセリフをよく目/耳にしました。 …

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。