サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog

アニメでフランス語(apprendre le français avec des films d’animation)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

外国語を勉強する人にとって、その国で作られた映画を観ることは、その言語を実地で使ってみる最も簡単な機会の一つです。フランス語を勉強している人ならフランス映画を観て、英語ならアメリカ映画を観て、聞き取れるセリフがあれば嬉しいし、ときには「こんな場面でこんな風に言うんだ」と、目から鱗が落ちるような思いをすることもあります。
私も若い頃、フランス映画をフランス語学習の「教材」のように考えて、一生懸命に観ていたことがありました。そんなとき、親しい先輩からアドヴァイスを受けました、「勉強に使うなら、外国映画のフランス語吹き替えの方がよい」と。
確かに、フランス映画のセリフでは、若者言葉や俗語、汚い言い方など、私たち非ネイティヴが実際に使うことなどないような表現も出てきます。また、発音も訛りが強かったり、あるいは口の中でムニャムニャと話して、明瞭でないことも多いように思います。
それに対して外国映画のフランス語吹き替えでは、セリフは比較的きちんとした表現で、はっきりと発音されていて、実際に映画を観ると、明らかによく聞き取れます。やはり「勉強」に使うのなら、吹き替えの方が有用だという意見には、一理あると思います。
※      ※      ※
そんなわけで、私はときどき、フランス語の「勉強」のために、スタジオジブリのアニメをフランス語ヴァージョンで観ています。
まず渋谷のツタヤで買ったのが、『紅の豚(Porco Rosso)』『千と千尋の神隠し(Le voyage de Chihiro)』『ハウルの動く城(Le château ambulant)』の三作。
他は日本で売っているDVDには英語(+日本語)ヴァージョンしか入っていないので、フランスのアマゾン(https://www.amazon.fr/)に注文。手に入れたのが『ルパン三世・カリオストロの城(Le château Cagliostro)』『風の谷のナウシカ(Naussicaä de la vallée du vent)』『天空の城ラピュタ(Le château dans le ciel)』『隣のトトロ(Mon voisin Totoro)』『魔女の宅急便(Kiki la petite sorcière)』『もののけ姫(Princesse Mononoké)』『崖の上のポニョ(Ponyo sur la falaise)』『コクリコ坂から(La Colline aux coquelicots)』の八点。ジブリ以外では『時をかける少女(La traversée du temps)』もゲットしました(註)。
で、ときどき(って、最近はサボリ気味ですが)観ているのですが、同じ「吹き替え」でも、作品によって聞き取りやすいものと聞き取りにくいものがあって、ちょっと驚きます。
比較的判りやすいのは、『魔女の宅急便』と『千と千尋』でしょうか。
千と千尋
『隣のトトロ』も、隣人のお婆さん(かなり発音にクセがある)以外は聞き取りやすいように思います。
隣のトトロ
日本で買ったものには日本語字幕がついているので、音声をフランス語、字幕を日本語にして観ることもできます。なお『紅の豚』の「豚」の声は、ジャン・レノです。
言うまでもありませんが、英語ヴァージョンを使えば、英語の勉強もできますね。

(註)フランスから個人輸入したものには、日本語字幕がありませんので、注文される方は注意してください。

-blog

執筆者:

関連記事

フランスのレジオン・ドヌール

レジオン・ドヌール勲章(Légion d’honneur)(1)

こんにちは。バゲットです。 記憶がひどく曖昧で申し訳ないのですが、私が子供の頃(1960年代)のテレビアニメ(あるいはマンガ?)の登場人物で、普通の子供なのにどういう訳か胸に勲章をつけていて、ことある …

ルパン

フランスのルパン三世(Lupin Ⅲ en France)

こんにちは。バゲットです。 皆さまもご存知のように、今年のカンヌ映画祭(Festival de Cannes)では、是枝裕和監督の『万引き家族』が最高賞のパルム・ドール(Palme d’Or)を獲得し …

男性名詞と女性

男性名詞と女性名詞(les noms masculins et les noms féminins)(2)

こんにちは。バゲットです。 前回に続いて、名詞の「性」について書きましょう。 フランス語では、人間(+身近な動物)以外を指す名詞は、何の根拠もなく男性名詞/女性名詞に分類されます。それは、どのようにし …

ピンクのチョコレート

ピンクのチョコレート(le chocolat rose)

こんにちは。バゲットです。   もう30年近くも昔、私が初めてフランスに滞在したときのこと。ある日、日本人の友人が、カフェのカウンターで「アン・ショコラ・ショ、スィル・ヴ・プレ(s’il v …

なまいき娘(L'effrontée)

『なまいきシャルロット(l’effrontée)』

こんにちは。バゲットです。   多少なりともフランス文化に興味をお持ちの方なら、シャルロット・ゲンズブール(Charlotte Gainsbourg)はご存知でしょう。フランス語テキスト『ス …

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。