サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog

三たび、全国共通大学入試資格試験・バカロレアについて書きましょう。

投稿日:

バカロレアについて(3)

こんにちは。バゲットです。

三たび、全国共通大学入学資格試験・バカロレアについて書きましょう。

バカロレア写真
前回も書いたように、90%前後の若者が人生を賭けて受験するわけですから、バカロレアはフランスでは国民的なイベントになります。当然、マスコミのチェックは厳しく、出題ミス等があった場合、政府は激しい批判を浴びることになります。
今年は、一部の技術系バカロレアのスペイン語の問題が、去年の追試験(註)と同一だったことが判明し、該当する受験生は、全日程終了後、別の問題で再試験を受けさせられる羽目になりました。「わりと出来たように思っていたのですが・・・」と、インタビューに答える男子生徒の、うんざりした顔が印象に残っています。 

※       ※       ※

さて、2011年、バカロレアの試験問題の一部が、インターネット上に事前に漏出していたことがわかり、大騒ぎになったことがあります。
警察の調査によれば、発端となったのは、エックスマルセイユの大学区本部(rectorat)に出入りしていた印刷技術者が、一枚の紙を自宅に持ち帰ったこと。その紙には、その年の普通バカロレア科学系コースの数学の問題一問が印刷されていたのです。
男は警察に「メモ用紙にするつもりで、印刷ミスの紙の山から一枚取っただけだ」と主張しましたが、その男には高校三年生の息子がいましたから、息子に見せようとの意図的な行為だったのかもしれません。もっとも、その息子が受験したのは技術系バカロレアだったので、彼が直接利益を得たわけではないようです。
その後、技術者の息子がその問題を友人に見せ、その友人が問題を写真に撮って、メールで別の友人に送り、その男がまた別の友人に送り、最終的にその男がインターネットの若者向け掲示板に問題を投稿、拡散したという経緯のようです。
このような事件をうけて、当時の国家教育大臣(Ministre de l’Education Nationale)は、流出した問題を採点の対象から外すという措置をとりました。多くの受験生が不満の声を挙げたようですが、結局、決定はくつがえりませんでした。
なお、漏出したのは、比較的平易な「確率」の問題だったそうです。それが採点の対象から外れたわけですから、数学が苦手な受験生の中には、「人生が変わった」という人もいたかもしれませんね。

(註)バカロレアは全科目加重平均が10/20で合格ですが、8/20以上の得点で不合格になった場合は、追試験を受験することができます。

-blog

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

エミール・ゾラ

バカロレアに落ちちゃった?(Si je rate mon bac ?)

こんにちは。バゲットです。 フランスでは今年も7月6日、バカロレア(baccalauréat)=「大学入学資格試験」の合格発表がありました。 今年の受験者は753,000人超で、合格率は78.8%。僅 …

モン・サン・ミシェル

モン・サン・ミシェル(Le Mont-Saint-Michel)

こんにちは。バゲットです。 フランスの観光スポットの中でも最も有名なものの一つ、モン・サン・ミシェル。私も15年以上前に訪れたことがあります。 フランス人の若い女性のガイドさんについて修道院を回った( …

ヒナゲシ

フランスの国花(Emblèmes végétaux de France)

こんにちは。バゲットです。 今年の春は例年よりも早く気温が上がって、東京都心では早くも3月24日に桜が満開になりました。私は機会がありませんでしたが、皆さまの中にも、お花見に興じられた方は多いと思いま …

フランス人作家ピエール・ルメートル(Pierre Lemaitre)の『その女アレックス(Alex)』

『その女アレックス(Alex)』

こんにちは。バゲットです。 ミステリー小説の「本場」とされるのは一般に英米で、フランスのミステリーは、ガストン・ルルー(Gaston Leroux)の『黄色い部屋の謎(Le mystère de la …

月の中にいる

彼女はいつも月にいる(Elle est toujours dans la lune)

こんにちは。バゲットです。 最近は廃れてしまったのかもしれませんが、私が子供のころ、少なくとも千葉の農村地帯では、まだお月見の習慣が残っていました。9月半ばの満月の夜(=十五夜)に、月見団子を作って、 …

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。