サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog

フランス語クイズです。

投稿日:

私を置いていかないで!

 こんにちは。バゲットです。

 皆さんは、約束をすっぽかしたり、すっぽかされたりした経験がありますか。
私は、二人きりの待ち合わせでは一度もないように思いますが、友人たち何人かの待ち合わせでは、すっぽかしたことが二度、すっぽかされたことも何度かあるように記憶しています。昔は携帯電話がなかったので、急に熱を出したり、寝過ごしたりする(私の場合は二度ともこれでしたw)と、連絡のしようがなく、やむなく「無断欠席」となってしまったのです。
そういう意味で言えば、携帯電話の開発は、私たちの生活の質を向上させる上で、画期的な出来事だったと言えそうです。少なくとも、寝坊して約束をすっぽかすことだけは、なくなりましたから。

※       ※       ※

 さて、今回も、フランス語クイズです。

フランス語には、「待ちぼうけを食わせる、約束をすっぽかす」という意味で、poser ( ) à +人 [人に( )を置いていく]という表現があります。( )には、ある動物の名前が入ります。
Elle m’a posé ( ). 「ボクは彼女にデートをすっぽかされたよ」のように用います。
( )に入る動物は、次のうちのどれでしょう。

1. Un chat 「彼女は私にネコを置いていった」

2. Un lapin 「彼女は私にウサギを置いていった」

3. Un chien 「彼女は私にイヌを置いていった」

4. Une souris 「彼女は私にハツカネズミを置いていった」

正解は・・・・











ウサギです。

Elle m’a posé un lapin. 「あの娘、ボクにウサギを置いて行っちゃったよ」で、「ボクは彼女にデートをすっぽかされた」です。

なるほどね・・・。皆さま、恋人にデートをすっぽかされた夜は、一人で寂しくフレンチレストランに行って、ウサギのシチューを食べましょう。

-blog

執筆者:


comment

Votre adresse de messagerie ne sera pas publiée.

関連記事

私のウサギちゃん

私のかわいいウサギさん(mon petit lapin)

大学1年の冬だったように記憶しているのですが、アーネスト・ヘミングウェイ(註)の『誰がために鐘は鳴る』を読みました。スペイン内戦(1936~1939)を舞台に、義勇兵として参戦したアメリカ人の青年ロバート・ジョーダンと、両親をファシストに殺されたスペイン人少女マリアとの悲しい恋を描いた、恋愛小説の名作です。宝塚歌劇団でミュージカルになっているので、そちらでご存知の方も多いと思います。 さて、その小説の中で、主人公はマリアのことを「ウサギさん」と呼んでいます。 あまりに照れくさくて、読んでいて恥ずかしくなったものでしたが、その後、フランス語では実際にそういう言い方をすることを知って、驚きました。 Mon lapin(私のウサギちゃん)と。 恋人同士、夫婦間あるいは子供に対する、愛情を込めた「呼びかけ」だそうです。 そこにpetit(かわいい)という形容詞を入れて、mon petit lapin(私のかわいいウサギちゃん)のように言うこともできますね。 同様の言い方は他にもあって、mon chat(私のネコちゃん)と言うこともあります。 「相手が女性の場合、女性形にするのかな?」と思って、レコール・ド・フランセでパスカルに尋ねてみましたが Ma lapine(私のウサギちゃん)は「ダメ」(lapine は「子だくさん」というニュアンスがあるようです)、Ma chatte(私のネコちゃん)は、「自分は聞いたことはないが、あり得るのではないか」とのことでした。 辞書で調べてみると、mon rat(私のネズミちゃん)もありましたが、パスカルは「聞いたことがない」と言っていました。 動物以外では、mon bijou(私の宝石さん)、あるいは変わったところでは、mon chou(私のキャベツちゃん)もあります。 というか、そもそも若い恋人同士が密室に中で言うのなら、「何でもあり」っていう気もしますけどね。 ※       ※      ※ ヘミングウェイの小説の舞台はスペイン内戦ですが、スペイン語でも普通に言うのかもしれません。 (註)アーネスト・ヘミングウェイ(1899年~1961年)。『日はまた昇る』、『武器よさらば』、『誰がために鐘は鳴る』、『老人と海』などが有名。1954年、ノーベル文学賞受賞。

男性名詞と女性

男性名詞と女性名詞(les noms masculins et les noms féminins)(2)

こんにちは。バゲットです。 前回に続いて、名詞の「性」について書きましょう。 フランス語では、人間(+身近な動物)以外を指す名詞は、何の根拠もなく男性名詞/女性名詞に分類されます。それは、どのようにして覚えたらよいのでしょう。 実は、語尾で分ることが多いのです。 まず、統計的には、e で終わる名詞の80%が「女性」だそうです。ですから、――eという語は、分らないときは、「女性」だと思って使えばいい。間違えたところで、たいていは通じます(笑)。 さらに、「接尾辞」で分ることもあります(↓)。 この表にもあるように、tionで終わる語は、すべて女性名詞です。例えば、ambition(野心), association(協会),émotion(気持ちの高ぶり), imagination(想像力), impression(印象), intention(意図), motivation(動機), natation(水泳), nation(国家), opposition(反対), organisation(組織), position(位置), question(質問), situation(状況), station(地下鉄の駅), utilisation(使用)など、たくさんあります。 ――sionも同様。conclusion(結論), décision(決定), illusion(幻想)など。 ――té(英語の――ty)もすべて女性名詞です。efficacité(有効性),égalité(平等), liberté(自由), natalité(出生率), nationalité(国籍), société(社会), utilité(有用性), vitalité(生命力)など。 逆に、――ment はすべて男性名詞(この形は名詞より副詞が多いのですが)。bâtiment(ビル), gouvernement(政府), sentiment(感情), vêtement(服)などです。 ――isme もすべて男性名詞です。capitalisme(資本主義), communisme(共産主義), égoïsme(エゴイズム), individualisme(個人主義), libéralisme(自由主義), socialisme(社会主義)など。 以上すべて、仏和辞典の巻末の「付録」にある「接尾辞表」に載っています。ことさら暗記しようなどとは考えず、ときどき「接尾辞表」を見て確認する(「ああ、そう言えば、この前出てきたあの単語がそうだなあ・・・」のように)のがよろしいかと思います。 (続く)

ナポレオンの写真

彼の辞書に「不可能」という文字はあるか(Impossible est-il français ?)

こんにちは。バゲットです。 フランスの「英雄」といえば、ナポレオン・ボナパルト。ベートーヴェンの交響曲第3番『英雄』をめぐるエピソードも有名です(註)。 そして、ナポレオンの言葉といえば、「私の辞書に不可能という文字はない」。 私も小学生のとき、小学館の『小学〇年生』(何年生だったかは忘れましたが)で読んで、「何てカッコイイことを言う人がいるのだろう」と感嘆しました。そんなこともあって、一時は、「尊敬する人物は?」と聞かれるたびに、躊躇なく「ナポレオン!」と答えていましたが・・・ ナポレオン さて、その名言「私の辞書に不可能という文字はない」。大学の仏文科の学生だったとき、初めてフランス語の原文を知って、驚きました。 Impossible n’est pas français ! 直訳すれば、「不可能(という語)はフランス語ではない」です。日本で流布している訳文と、まるで違うじゃないですか!!! あるいは、これを上記のように訳した人のセンスが秀逸だった、と言うべきでしょうか。 その後、大学院生になって、この原文自体が、本当は少し違うということを知って、さらに驚きました。正確には Ce n’est pas possible, m’écrivez-vous ; cela n’est pas français. 「それは可能ではないと、あなたは私に書いている。だが、それ(=そんな言い方)はフランス語ではない」。ドイツ(プロシア)遠征の際、ある司令官から送られて来た手紙への、返信として書かれたということです。 ※       ※      ※ そうだとすれば、私たちが知っているあのセリフ(「私の辞書に不可能という文字はない」)は、本来は部下に対する叱咤激励の言葉だったわけです。「弱音を吐くな」「諦めるな」「最後まで頑張れ」みたいな。 あるいは、一歩進めて、自分や仲間達を鼓舞する言葉と解釈することもできるでしょう。 さらには、ナポレオンの信念の深さや決意を示すという見方もできる。「それがやらねばやらないことであるなら、どんなことでも私はやり遂げてみせる」と。 少なくても、彼の自信とか傲慢さを意味する言葉ではないですね。 註・伝えられるところでは、ベートーヴェンは交響曲第3番をナポレオンに捧げる意図で作曲した。しかし、その後、ナポレオンが皇帝に即位したことに激怒し、取りやめた、ということです。事実ではない、という説もあるようですが・・・

CatherineDeMedicis

マカロンはお好き?

こんにちは。バゲットです。  最近、日本国内のフランス好きやフランス関係者の間で、フランス共和国大統領エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)に名前が似ているということで、一躍、脚光を浴びて(?)いるお菓子があります。 これ(↓)です。マカロン(macaron)です。 ちなみに、これ(↓)も名前は似ています。マクロー(maquereau=サバ)です。 同じような名前なのに、こちらは少しも有名になれません。可哀想だと思っているのは、私だけでしょうかw。 ※       ※       ※ さて、皆さま、そのマカロンですが(「マクロン」とタイプミスしそうで怖いw)、一般にはイタリアが起源だと言われています。  何でも、カトリーヌ・ド・メディシス(註)が、フランス国王アンリ2世(当時は王子)と結婚する際に、イタリアからお抱えの菓子職人たちを連れてきて、彼らがマカロンのレシピをフランスに伝えたのだとか。 その後、フランス全土に広まり、地方ごとに独自の発展を遂げたのですが、1980年代になって、「パティスリー界のピカソ」とも称されるピエール・エルメ(Pierre Hermé)が、ブームに火をつけたそうです。で、そのエルメですが、調べてみると新宿伊勢丹、渋谷西武、渋谷ヒカリエ、池袋西武など、東京だけでも10もお店を持っています。 私は血糖値が少し高いので、普段、甘いものは控えるようにしているのですが、ネットで画像を見ていると、やっぱり食べてみたくなりますね。 (註)カトリーヌ・ド・メディシス(1519年~1589年)。フィレンツェの大富豪メディチ家の出身で、「稀代の悪女」とも言われます。いずれこのブログでも紹介したいと考えています。

カトリーヌ・アルレー わらの女

わらの女(La femme de paille)

こんにちは。バゲットです。 皆さま、『わらの女(La femme de paille)』というミステリー小説をご存知ですか。 フランスの女性作家カトリーヌ・アルレーの作品で、週刊文春の『東西ミステリーベスト100』(新版・2012年)では、海外編第53位(1986年の旧版では23位)にランクされる名作です。ミステリーファンなら知らない者などないと言ってもよいでしょう。 調べてみると、イギリスで映画化された他、日本でもドラマの原作として何度も使われています。 カトリーヌ・アルレーわらの女 若くて美しい貧しい女性が、財産目当てに年老いた大富豪に近づいて、首尾よく妻の座を手にするが・・・というお話ですが、皆さま、このタイトル(「わらの女」)、意味不明だと思いませんか。 わら人形を作って、丑三つ時に釘をカンカンw・・・というような場面とは全く関係ありません。 実は私も、フランス人の教師とこの小説について話していて初めて知ったのですが、フランス語には homme de paille (わらの男=わら人形)という表現があるのです。「怪しい事業などの名義貸し人、ダミー」という意味です。「わらの女」はその女性ヴァージョンだったのですね。 まっ、ヒロインが本当に「名義貸し人、ダミー」なのかは、読んだときのお楽しみ。 面白いですよ。お薦めです。

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。