サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog

君は「ガリ勉」?(Tu es fort en thème ?)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

私は学生時代、仏作文のトレーニングとして、フランス語の原文テクストを「再構成」(要するに「暗記」)する練習をしていました。
英語学者で上智大学教授(当時)の渡部昇一さんが『知的生活の方法』で紹介していた英作文の勉強方法を、私流にアレンジしたもので、まず、フランス語原文のテクストを適当な分量(私の場合は文庫で20行程度)自分で日本語に訳し、次にその和訳をもとにフランス語原文を再構成(=仏訳)します。で、間違いをチェックし、文法事項や単語の意味・ニュアンス等を確認した後、もう一度フランス語に翻訳する。翌日は、前日の復習をしてから、新しい箇所で同じ作業を繰り返す。そして、4~5日に一回、前の4~5日分を総復習する(←これをやると死ぬほど頭が疲れますがw)・・・という流れです。
テクストは、最初はサン=テグジュペリ(Antoine de Saint-Exupéry)の『人間の土地(Terre des Hommes)』を用いましたが、その後、アルベール・カミュ(Albert Camus)の『シーシュポスの神話(Le mythe de Sisyphe)』に変え、こちらは本全体の3分の2ほど「暗記」=「再構成」したように思います。
効果は十分にあったようで、後年、カーン大学(l’Université de Caen)の学内新聞にエッセイを掲載したとき、編集長から「あなたは完璧なフランス語を書く」というお褒めの言葉をいただきました。
皆さまも、上記の方法を自分なりにアレンジして、試してみたらいかがでしょう。
※      ※      ※
さて、フランス語で外国語作文(=自国語から外国語への翻訳練習)のことを「テーム(thème)」と言います。「外国語作文が得意[な人](fort en théme)」という表現があって、私はずっと「ガリ勉」の意味に理解していたのですが、改めてネットで検索してみると(http://www.expressions-francaises.fr/expressions-f/2491-fort-en-theme.html)、「真面目で熱心な生徒(élève consciencieux et appliqué)」、別のサイトでは「何にでも即答できる人(qui a réponse à tout)」と出てきます。19世紀半ば頃、ラテン語(あるいはギリシア語)作文が上手なラテン語(ギリシア語)学者を指す言い方から派生した表現だそうで、上の語義だと、「真面目な優等生」とか「博学な人」といった日本語に対応しそうです。他方、「軽蔑的な意味にも用いられる(utilisé aussi dans un sens péjoratif)」とありますから、それだと「ガリ勉」ですね。リンク先(↑)の「用例」では、フロ-ベール(Gustave Flaubert)が自分のことを、そう言っています。
自分を「書く才能に恵まれていない
サルトル(Jean-Paul Sartre)もまた、自伝『言葉(Les Mots)』の中で、自分を「書く才能に恵まれていない(Je ne suis pas doué pour écrire)」「ガリ勉(fort en thème)」と呼び、「私の著作は汗と苦労の臭いがする(mes livres sentent la sueur et la peine)」と書いています。
このように、ニュアンスは肯定的にも否定的にもなりますから、自分について言うときも、他人について言うときも、ちょっと注意が必要かもしれません。

-blog

執筆者:

関連記事

ケーキの画像

C’est du gâteau. そんなの簡単さ。

こんにちは。バゲットです。 さて、フランス語に、“C’est du gâteau”という表現があります。“du” は、数えられないものにつけて「適量」を示す「部分冠詞」で、直訳すれば「そんなのお菓子み …

聖霊降臨祭

キリスト昇天祭と聖霊降臨祭(L’Ascension et la Pentecôte)

こんにちは。バゲットです。 私が若いころ、毎年、私の誕生日(anniversaire=記念日)になると、旧ソビエト連邦の赤の広場で、盛大な軍事パレードが催されました。その日、11月7日は私が生を受けた …

現在のフランスでは、ナポレオンのイメージを損なうとして、豚にナポレオンと名付けることを禁止している

ナポレオンという名のブタは存在するか?(Y a-t-il un cochon qui s’appelle Napoléon ?)

こんにちは。バゲットです。 先日、ちょっと調べものをしていて、ウィキペディア・日本語ヴァージョンの「ナポレオン・ボナパルト」の項目を読んでいたら、目を疑うような一節に遭遇しました。 「現在のフランスで …

マリー・アントワネット

パンがないなら・・・(S’ils n’ont pas de pain)

こんにちは。バゲットです。 「パンがないなら、ケーキを食べればいいのに」。フランス革命の前夜、パンを求めて暴動を起こしたパリの民衆に対し、王妃マリー・アントワネットが口にした「妄言」として知られていま …

自分の桃を割る

自分の桃を割る(se fendre la pêche)

こんにちは。バゲットです。 今回も「桃」のお話です。クレープについて二回連続で書き、桃についても二回連続なので、クレープも桃も嫌いな方(←もしいればw)は「もう、うんざり(J’en ai ras le …

いかにして月末を丸くするか

2021/05/10

月末を丸くする(arrondir ses fins de mois)

faire la cour a quelqu'un

2021/04/23

ボクと付き合ってよ(Tu veux sortir avec moi ?)

ゴキブリを持つ(avoir le cafard)

2021/02/27

ゴキブリを持つ(avoir le cafard)

2021/01/27

フランス語・部分冠詞と不可算名詞(Les articles partitifs et les noms non-comptables)

2020/12/07

オレの趣味じゃないよ(Ce n’est pas mon genre !)

ニンジンが煮えた

2020/11/12

ニンジンが煮えた(Les carottes sont cuites)

地位が不安定だ

2020/10/12

枝の上の鳥のように(comme un oiseau sur la branche)

2020/09/12

馬車馬のように働く(travailler comme une bête de somme)

2020/07/31

イチゴを持ち帰る(ramener sa fraise)

サラダを語るのイラスト

2020/06/29

サラダを語る(raconter des salades)

2020/05/29

死んだネズミのように(comme un rat mort)

不定冠詞

2020/04/28

フランス語・不定冠詞と定冠詞(Les articles définis et indéfinis)(3)

スカイプ

2020/04/08

コロナウイルス:Skypeでレッスンを受けたい学生向け

(お知らせ)新型コロナウィルス感染症への対応について

2020/04/05

(お知らせ)新型コロナウィルス感染症への対応について

2020/03/16

フランス語・不定冠詞と定冠詞(Les articles définis et indéfinis)(2)

2020/02/26

フランス語・不定冠詞と定冠詞(Les articles définis et indéfinis)(1)

2020/02/10

オシッコ・テロに気をつけて!(Faites attention aux attentats au pipi !)

頭の内側に髪の毛が生える

2020/01/24

頭の内側に髪の毛が生える(avoir les cheveux qui poussent à l’intérieur)

Joyeux Noel

2019/12/23

JOYEUX NOEL A TOUS!!!

2019/12/09

2020の予約システムアップデート(生徒さんへ)

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。