サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog grammaire

フランス語・不定冠詞と定冠詞(Les articles définis et indéfinis)(2)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

前回書いたように、不定冠詞は「不特定」の「可算名詞」につけて用います。ここで「不特定」とは、「どれを指すか聞き手にはわからない」、あるいは話し手にとっても聞き手にとっても「どれでもいい」ということでした。

で、今回のテーマは定冠詞の使い方。定冠詞は、 le+男性名詞単数形、 la+女性名詞単数形、 l’+母音(あるいは無音のh)で始まる男女単数形、 les+複数形で、「特定のもの」もしくは「総称」を表す名詞につけて用います。「可算」「不可算」の区別はなく、どちらにも使える(もちろん「不可算」なら複数形にはなりませんが)。「総称」に関しては次回に回すとして、まず「特定のもの」について解説しましょう。

ここで「特定」とは「会話のその場面で特定されている」ということ、もっと簡単に言えば「どれを指すか聞き手がわかっている」ということです。これにはいくつかパターンがあって、まず「文脈、話の筋道からわかる」ケース。前回書いた「どこかで見かけたイヌ」の場合がそうで、初めて言及するときは聞き手にはどのイヌかわかりませんから、不定冠詞をつけて“un chien”。二度目からは「そのイヌ」だとわかりますから、定冠詞とともに“le chien”です。

不定冠詞

あるいは、「どれを指すか状況からわかる」ケースもあります。たとえば「ドアを開けなさい」。目の前のドア、近くのドア、誰かがノックしたドア、もしくはその部屋にドアが一つしか無くて、聞き手がどのドアかわかるなら、“Ouvrez la porte”。これを“Ouvrez une porte”と言ってしまうと、「どれでもいいからドアを一つ開けなさい」という意味になってしまいます。

あるいは、私は田園都市線の三軒茶屋駅から徒歩5分くらいのところに住んでいますが、友人が初めて家に遊びに来るとして、「迎えに行くから、駅に着いたら電話してね(Appelle-moi quand tu arriveras à la station)」。ここで「駅」と言えば「三軒茶屋駅」だとわかりますから、定冠詞をつけて“la station”です。

さらに「もともと一つしかないから、聞き手はどれを指すかわかる」ケースもあります。よく挙げられるのが「太陽(le soleil)」と「月(la lune)」。他にも「(その国の)大統領(le Président)」、「(その国の)首相(le Premier ministre)」、「(その会社の)社長(le PDG)」「(その会社の)営業部長(le directeur commercial)」(言うまでもなく、以上は女性形も可能です)、「(その国の)政府(le gouvernement)」、「(居住地の)市役所(la mairie)」など、いくらでもありますね。

「de+名詞で限定されると定冠詞」などと書いてある教科書・参考書もありますが、それほど単純ではありません。つまり「de+名詞」がついても、「一つ」に限定されなければ不定冠詞をつけるのです。たとえば「ポールのお母さん」は一人しかいないので、“la mère de Paul”でよい。しかし、フローベールは複数の小説を書いていますから、「小説(roman)」に“de Flaubert”をつければ自動的に定冠詞になるというわけではありません。「フローベールのある小説」なら“un roman de Flaubert”で、二度目に言及するなど、聞き手が「フローベールのその小説」とわかるときに初めて、“le roman (de Flaubert)”となります。「ルイ・ヴィトンのバッグ」も同様で、聞き手がどのバッグか特定できないなら、“un sac de Louis Vuitton”ですね。

作家やブランド以外でも、事情は変わりません。たとえばあなたが知人に一人の女性を、「この人はマリーの友達です」と紹介する場合。マリーに友人が一人しかいないということは普通ありえませんから、このケースは“C’est une amie de Marie”です。聞き手が「どの友人」を指すかわかるときに初めて、“l’amie de Marie”と定冠詞になりますね。

さて、次回は「総称」の定冠詞について書きましょう。

-blog, grammaire

執筆者:

関連記事

フランス語・不定冠詞と定冠詞(Les articles définis et indéfinis)(1)

フランス語・不定冠詞と定冠詞

サンマの料理

サバとサンマと真っ赤な嘘と(des poissons et un gros mensonge)

こんにちは。バゲットです。 私が高校生のとき、お姉さまが東京外国語大学でフランス語を勉強しているという同級生がいました。彼は私に、「姉から聞いた話」として、次のように教えてくれました。 ・・・・・・フランス語では、挨拶で「サバ (Ça va) ?」と言う。英語の How are you ? に対応する表現で、「元気かい」という意味だ。サバ(↓)です。 そう挨拶された相手は、元気なら「サバ」と答える。もし元気じゃなかったら、「サンマ」と答える。サンマ(↓)です。 「偏差値」と「権威」に弱い、素直な(?)高校生だった私は、「東京外大」の権威にコロリとだまされ、友人の話を全面的に信じました(註)。そして思ったのでした、「フランス語はなんと不思議な言語なのだろう、私も大学に入ったら、絶対にフランス語を勉強しよう」と。 ※       ※       ※ さて、フランスでもサバ(maquereau)はよく食べるようで、ネットで検索すると、サバの料理はたくさんヒットします。たとえば、これ(↓)とかです。 おいしそうですね。 でもサンマは、辞書で引いてみると、学名(scombrésocidé)しか出てきません。ウィキペディア日本語版によると「北太平洋に広く生息する」とありますから、大西洋にはいないのでしょう。 サバもマグロ(thon)もサケ(saumon)もイワシ(sardine)も、さらにはタイ(daurade)やウナギ(anguille)でさえ、太平洋にも大西洋にもいるのに、なぜサンマは太平洋にだけいて、大西洋にはいないのでしょうか??? 「進化の謎」だとしか言いようがありません。ただ、サンマの塩焼きが大好きな私は、「日本に生まれて本当に良かった」と思うだけです。 ※       ※       ※ さて、「真っ赤なウソ」は、フランス語では何と言うのでしょう。辞書で引くと“ un gros mensonge ”と出てきます。 あるいは、驚いたとき、信じられないときに言う「ウソ~!」だったら、“Tu blagues/plaisantes /rigoles !(=冗談だろ)”、“C’est pas vrai !(=ホントじゃない)” でいいでしょう。“Sans blague !(=冗談はナシだぞ)” という言い方もありますね。 まあ、これらの表現を覚える切っ掛けになったということで、高校の同級生の「真っ赤なウソ」は、水に流すことにしましょうか。 (註)フランス語を全く知らない方のために書いておきますが、「サバ (Ça va) ?」は事実です。「サンマ」は、全くのデタラメです。

ノミの市

ノミの市(le marché aux puces)

こんにちは。バゲットです。 「ノミの市」については、かなり若い頃から知っていたように思います。その呼称の由来まで考えたことはありませんでしたが、使いようのないガラクタや不潔な古着なども売っていて、汚いから「ノミの市」と言うのだろうと、漠然と考えていました。 「ノミの市」がフランス語の marché aux puces の翻訳で、その発祥の地がパリであることを知ったのは、大学入学後、フランス語の勉強を始めてからのこと。 以前読んだ、あるエッセイによれば、昔、パリの町は城壁によって取り囲まれていて、ゴミ回収のような行政サービスはなかったため、パリの市民たちは城壁の外に勝手にゴミを捨てていた。一部の人たちは、そうして捨てられたゴミの中から、まだ使えそうなものを拾ってきて、市内に持ち込んで売っていた。それらの中にはノミ(puces)の付いた古着等もたくさんあったため、いつの間にか、「ノミの市(marché aux puces)」と呼ばれるようになった・・・ということでした。 今回、この記事を書くに当たって調べ直してみたのですが、上に書いたことはおおむね正しいようで、ウィキペディア・フランス語ヴァージョンには、「パリのノミの市はその起源を、町の中心部で開かれた中世(!)の市場まで遡る」とか、「ゴミ回収業者たち(récupérateurs)は、その場所(ces lieux=町の中心部)から追い出されて、パリの郊外に(vers l’extérieur de Paris)店を構え、小さな市を形成した」とか、「1635年、リシュリュー(Richelieu)は、新品の取引を推奨するため、首都の内部における回収品の取引を禁止した」とか、出てきます。 パリで最大なのが、サントゥーアン(Saint-Ouen)のノミの市。最寄りの駅名からクリニャンクール(Clignancourt)とも呼ばれます。公式には1885年の設立で、現代では「骨董屋と古物商の世界最大の密集地帯(la plus importante concentration d’antiquaires et de brocanteurs du monde)」になっています。年間500万人が訪れ、フランス人・外国人観光客の他、しばしばセレブリティーを見かけることもあるそうです。モントルーユ(Montreuil)とヴァンヴ(Vanves)を加えて、「三大ノミの市」と言いますが、開くのは終末(+月曜)だけですので、行かれる方は気をつけましょう。 私は、パリは旅行程度でしか滞在したことがないので、ノミの市には行ったことがありません。今度パリを訪れたら、ぜひとも、覗いてみたいと思っています。    ※        ※       ※ さて、「フリーマーケット」という呼称も、私は若い頃から知っていました。しかし私は長い間、それを「自由な(free)市場」だと信じていました。正規の商品ルートから外れたところで、不要になった中古品を、法律による厳しい規制は無しに「自由(free)」に売買しているから、そのように呼ぶのだと思い込んでいたのです。「フリーマーケット」の「フリー」がノミ=fleaだと知ったときは、本当に驚きました。 他愛ない勘違いで間違って覚えていることは、いろいろとあるようです。「自分は何も知らない」という謙虚な気持ちは、持ち続けたいものですね。

頭の内側に髪の毛が生える

頭の内側に髪の毛が生える(avoir les cheveux qui poussent à l’intérieur)

こんにちは。謎のキャラクター、バゲットです。 年末・年始は「忘年会」、「新年会」とお酒を飲む機会が多く、飲み過ぎて悪酔いして嘔吐したり、あるいは翌朝に二日酔いで苦しむ方も多いでしょう。 私も大学に入ったばかりのころはまだお酒の飲み方を知らず、6月の中頃までにクラスや友人たちとのコンパで三回も泥酔して前後不覚になり、内二回は吐いてしまいました。二浪して入学したクラスメートから、「酒の飲み方に少し気をつけろ」と叱られたことを今でも覚えています。 その後、一時は禁酒したこともあるのですが、20代の終わりごろからは毎晩、寝る前にお酒を飲むようになりました。ここ10年ほどは少し血糖値が高いので、もっぱら糖分ゼロのバーボン・ウイスキー。毎日8時半には仕事を切り上げ、フロアスタンドの間接照明以外は全ての明かりを消して、マンションの大きな窓から見る東京の夜景(←すごくキレイです)を背景に、一人でお酒を飲む。私にとって至福のひとときです。 Avoir les cheveux qui poussent a l’interieur フランス語で「二日酔い」を意味する最も一般的な表現は、“la gueule de bois”。直訳すれば「木の口」で、多くは動詞“avoir”とともに用います。「私は二日酔いだ」は、“J’ai la gueule de bois(=私は木の口を持っている)”ですね。 いつものようにウィクショネール(https://fr.wiktionary.org/wiki/gueule_de_bois)で調べてみると、“Malaises matinaux dus à un abus d’alcool(=酒の飲み過ぎに起因する朝の身体的不調)”。まさに「二日酔い」です。語源としては、“avoir la bouche sèche comme du bois après avoir bu trop d’alcool(=お酒を飲み過ぎた後に木のように乾いた口を持つ)”とありますね。 面白いのは「同義語(synonymes)」の項目。たとえば、“avoir la tête dans le cul(=頭が尻にある)”。「今朝、オレの頭は尻についてるよ(Ce matin, j’ai la tête dans le cul)」のように用いるのでしょう。 さらに奇抜なのは、“avoir les cheveux qui poussent à l’intérieur(=[頭の]内側に髪の毛が生えている)”。二日酔いでアタマがガンガンするときは、「昨夜は飲み過ぎた、髪の毛が頭の内側に生えてるみたいだ(J’ai trop bu hier-soir, j’ai les cheveux qui poussent à l’intérieur)」と言えばよいわけです。 ※      ※      ※ 私は体質的にお酒には強いようで、生涯で一度も二日酔いになったことがありません。夜中の2時、3時に目が覚めて激しい頭痛がしたことは何回かありますが、朝起きて頭が痛かったことは一度も無いのです。とは言え、飲み過ぎると風邪を引きやすくなりますし、また年齢のせいか、風邪を引いたときにお酒を飲むと、その風邪が何週間も治りません(←若いころは治ったのですが)。そのため、2年ほど前から、毎晩飲むお酒の量を少し減らすようにしています。 皆さまも飲み過ぎて二日酔いになったり風邪を引いたりしないよう、お気をつけてくださいませ。

千と千尋

アニメでフランス語(apprendre le français avec des films d’animation)

こんにちは。バゲットです。 外国語を勉強する人にとって、その国で作られた映画を観ることは、その言語を実地で使ってみる最も簡単な機会の一つです。フランス語を勉強している人ならフランス映画を観て、英語ならアメリカ映画を観て、聞き取れるセリフがあれば嬉しいし、ときには「こんな場面でこんな風に言うんだ」と、目から鱗が落ちるような思いをすることもあります。 私も若い頃、フランス映画をフランス語学習の「教材」のように考えて、一生懸命に観ていたことがありました。そんなとき、親しい先輩からアドヴァイスを受けました、「勉強に使うなら、外国映画のフランス語吹き替えの方がよい」と。 確かに、フランス映画のセリフでは、若者言葉や俗語、汚い言い方など、私たち非ネイティヴが実際に使うことなどないような表現も出てきます。また、発音も訛りが強かったり、あるいは口の中でムニャムニャと話して、明瞭でないことも多いように思います。 それに対して外国映画のフランス語吹き替えでは、セリフは比較的きちんとした表現で、はっきりと発音されていて、実際に映画を観ると、明らかによく聞き取れます。やはり「勉強」に使うのなら、吹き替えの方が有用だという意見には、一理あると思います。 ※      ※      ※ そんなわけで、私はときどき、フランス語の「勉強」のために、スタジオジブリのアニメをフランス語ヴァージョンで観ています。 まず渋谷のツタヤで買ったのが、『紅の豚(Porco Rosso)』『千と千尋の神隠し(Le voyage de Chihiro)』『ハウルの動く城(Le château ambulant)』の三作。 他は日本で売っているDVDには英語(+日本語)ヴァージョンしか入っていないので、フランスのアマゾン(https://www.amazon.fr/)に注文。手に入れたのが『ルパン三世・カリオストロの城(Le château Cagliostro)』『風の谷のナウシカ(Naussicaä de la vallée du vent)』『天空の城ラピュタ(Le château dans le ciel)』『隣のトトロ(Mon voisin Totoro)』『魔女の宅急便(Kiki la petite sorcière)』『もののけ姫(Princesse Mononoké)』『崖の上のポニョ(Ponyo sur la falaise)』『コクリコ坂から(La Colline aux coquelicots)』の八点。ジブリ以外では『時をかける少女(La traversée du temps)』もゲットしました(註)。 で、ときどき(って、最近はサボリ気味ですが)観ているのですが、同じ「吹き替え」でも、作品によって聞き取りやすいものと聞き取りにくいものがあって、ちょっと驚きます。 比較的判りやすいのは、『魔女の宅急便』と『千と千尋』でしょうか。 『隣のトトロ』も、隣人のお婆さん(かなり発音にクセがある)以外は聞き取りやすいように思います。 日本で買ったものには日本語字幕がついているので、音声をフランス語、字幕を日本語にして観ることもできます。なお『紅の豚』の「豚」の声は、ジャン・レノです。 言うまでもありませんが、英語ヴァージョンを使えば、英語の勉強もできますね。 (註)フランスから個人輸入したものには、日本語字幕がありませんので、注文される方は注意してください。

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。