サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog

スタンダール流女の子の口説き方(la manière stendhalienne de séduire une fille)(2)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

スタンダール(Stendhal)の『赤と黒(Le rouge et le noir)』で、大貴族ラ・モール侯爵の秘書となったジュリアン・ソレル(Julien Sorel)は、高慢な侯爵令嬢マチルド(Mathilde de La Mole)の侮辱的な言葉に激怒し、壁に掛かった剣に飛びつきます。そして彼が鞘から剣を引き抜くと、マチルドは感動してしまうのです、「私は恋人に殺されそうになったんだわ(J’ai donc été sur le point d’être tuée par mon amant !)」と。
そして自室に戻った彼女は、「うっとりとして(ravie)」、「殺されそうになったという幸福(le bonheur d’avoir été sur le point d’être tuée)」で心が一杯になってしまいます。
ジュリアン・ソレル(Julien Sorel)
なぜそんなふうに考えるのでしょう。普通、殺されそうになって感動してしまうなんて、あり得ないように思いますが。
実を言うと、マチルドは筋金入りの「歴女」、熱狂的な「歴史オタク」だったのです。
彼女が憧れるのは16世紀、当時より150年ほど前の宗教戦争の時代です。そのころ、ラ・モール家の祖先であるボニファス・ド・ラ・モール(註2)は、謀反の疑いで逮捕され、死刑執行人によって斬首されてしまいます。するとボニファスの愛人だった王妃マルグリット・ド・ナヴァール(註3)は、彼の生首を入手し、自らモンマルトルの丘の麓の礼拝堂まで運んで、埋葬するのです(註4)。
マチルドは王妃マルグリットを崇拝しており、彼女のような波瀾万丈の人生を送りたいと考えています。そのため、あまた存在する求婚者たちは、マチルドの目には「平凡(plat)」で「退屈(ennuyeux)」だとしか映りません。そんな彼女の前に現れたのが、農民の息子で美貌の野心家、ジュリアン・ソレルだったのです。
だから彼女は、ジュリアンに興味を持った。そして彼が鞘から剣を抜いたとき、マチルドは感動してしまいます。「殺されそうになった」と思うと、彼女は「シャルル9世やアンリ3世の世紀の最も華やかな時代(=16世紀、宗教戦争の時代)に連れて行かれたような心地がした(Cette idée la transportait dans les plus belles années du siècle de Charles Ⅸ et de Henri Ⅲ)」のです。
(この項続く)

(註1)文中の写真は、テレビドラマ(1998年)でジュリアン・ソレルを演じたイタリア人俳優キム・ロッシ・スチュアート(Kim Rossi Stuart)です。
(註2)調べてみたら、驚いたことに実在の人物(1526年-1574年)でした。
(註3)マルグリット・ド・ヴァロワ(1553年-1615年)。国王アンリ2世と王妃カトリーヌ・ド・メディシスの娘で、「ナントの勅令」(1598年)を発した国王アンリ4世の妻。王妃マルゴとも呼ばれます。文中の「ナヴァール」は即位前の夫の姓。萩尾望都がマンガにしていますので、興味のある方はどうぞ。
(註4)以上は、『赤と黒』作中での説明。他にも「生首に防腐処置をして宝石箱に入れて保存した」など、諸説あるようです。なお、マチルドはこの話を大層気に入っており、小説の末尾でジュリアンが刑死したとき、同じように行動します。

-blog

執筆者:

関連記事

もう、うんざり!

もう、うんざり!(J’en ai assez !)

こんにちは。バゲットです。 このブログを定期的に読んで下さっている方はお気づきのことと思いますが、最近の記事で「もう、うんざり!」という意味の表現を三つ紹介しました。せっかくですので、ここで整理してお …

ネコ舌=ラング・ド・シャ

ネコの舌(langue de chat)

こんにちは。バゲットです。 皆さまご存知のように、日本語で、熱い食べ物が苦手な人のことを「ネコ舌」と言います。個人的な印象では女性に多いようで、少なくとも私は、男性で「ネコ舌」という人には会ったことが …

ムシュワール=鼻かみ布

四角いハンカチ(le mouchoir carré)

こんにちは。バゲットです。 私が高校生のとき、太田裕美さんの歌「木綿のハンカチーフ」が大ヒットしました。田舎に残った女の子が都会に出て変わってゆく恋人を想う歌で、魅力的な歌詞やメロディーに加えて、太田 …

パリの浜辺

ヴァカンスに行こう!(2)

こんにちは。バゲットです。 しばらく間が開きましたが、ヴァカンスのお話の続きです。 さて、ほとんどのフランス人が海や山でヴァカンスを過ごすようなイメージがありますが、昨年の統計によれば、実際に休暇で自 …

ラタトゥイユ

ラタトゥイユを作る(faire de la ratatouille)

こんにちは。バゲットです。   数年前に初めて気づいたのですが、私は授業をしていて黒板に「100」という数字を書くとき、どういうわけか二つの「0」を同じ大きさで書くことができません。どんなに …

自分のお皿の中にいない

2021/09/27

自分のお皿の中にいない(ne pas être dans son assiette)

2021/08/02

お風呂の中に入る(se mettre dans le bain)

2021/06/16

白いキャベツを作る(faire chou blanc)

いかにして月末を丸くするか

2021/05/10

月末を丸くする(arrondir ses fins de mois)

faire la cour a quelqu'un

2021/04/23

ボクと付き合ってよ(Tu veux sortir avec moi ?)

ゴキブリを持つ(avoir le cafard)

2021/02/27

ゴキブリを持つ(avoir le cafard)

2021/01/27

フランス語・部分冠詞と不可算名詞(Les articles partitifs et les noms non-comptables)

2020/12/07

オレの趣味じゃないよ(Ce n’est pas mon genre !)

ニンジンが煮えた

2020/11/12

ニンジンが煮えた(Les carottes sont cuites)

地位が不安定だ

2020/10/12

枝の上の鳥のように(comme un oiseau sur la branche)

2020/09/12

馬車馬のように働く(travailler comme une bête de somme)

2020/07/31

イチゴを持ち帰る(ramener sa fraise)

サラダを語るのイラスト

2020/06/29

サラダを語る(raconter des salades)

2020/05/29

死んだネズミのように(comme un rat mort)

不定冠詞

2020/04/28

フランス語・不定冠詞と定冠詞(Les articles définis et indéfinis)(3)

スカイプ

2020/04/08

コロナウイルス:Skypeでレッスンを受けたい学生向け

(お知らせ)新型コロナウィルス感染症への対応について

2020/04/05

(お知らせ)新型コロナウィルス感染症への対応について

2020/03/16

フランス語・不定冠詞と定冠詞(Les articles définis et indéfinis)(2)

2020/02/26

フランス語・不定冠詞と定冠詞(Les articles définis et indéfinis)(1)

2020/02/10

オシッコ・テロに気をつけて!(Faites attention aux attentats au pipi !)

頭の内側に髪の毛が生える

2020/01/24

頭の内側に髪の毛が生える(avoir les cheveux qui poussent à l’intérieur)

Joyeux Noel

2019/12/23

JOYEUX NOEL A TOUS!!!

2019/12/09

2020の予約システムアップデート(生徒さんへ)

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。