サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog

ジル・ド・レ、あるいは青い髯(Gilles de Rais ou la Barbe bleue)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

前々回はジャンヌ・ダルク(Jeanne d’Arc)について書きましたが、彼女の周辺、と言うか当時の宮廷では、相当にクセのある人物たちが暗躍していたようです。まず国王シャルル7世のお后の母で、権勢の限りを尽くすヨランド・ダラゴン(Yolande d’Aragon)。王室侍従長として策謀を巡らし、私腹を肥やすラ・トレモイユ(Georges de la Trémoille←カトリーヌ・ド・メディシスの高祖父!)。その宿敵で敬虔なキリスト教徒、「正義の人(Le Justicier)」アルチュール・ド・リッシュモン(Arthur de Richemont)。

そして、今回紹介したいのが、神をも恐れず悪のかぎりを尽くした男、ジル・ド・レ(Gilles de Rais)です(↓)。

ジル・ド・レ(Gilles de Rais)
ジル・ド・レ(Gilles de Rais)

ジルは1403年頃、ロワール渓谷周辺に広大な所領を持つ大貴族の家に生まれます。11歳のときに両親を相次いでなくし、その後は強欲で悪名高い祖父に育てられますが、長じて軍人になると、遠縁のラ・トレモイユに引き立てられて宮廷に入ります。1429年、26歳のときに、当時17歳のジャンヌ・ダルクと出会い、彼女に伴って軍を進めてオルレアンを解放。その後も彼はジャンヌと行動を共にし、フランス本土からイギリス軍を駆逐することに貢献します。

ジャンヌが処刑されたころから宮廷を離れて、ほとんど所領に閉じこもってしまいますが、凄まじいのはそれから。湯水のようにお金を使って享楽にふけり、錬金術や黒魔術にまで耽溺する。さらには領内の何百人もの美少年を居城に召し抱え、あるいは単に誘拐して、性的快楽の対象として陵辱し、虐殺する。1440年に聖職者とのトラブルが元で逮捕され、裁判の結果、絞首刑、死体が火刑になっています。37歳、ジャンヌの火刑から9年後のことでした。

このようにジルは理不尽な殺戮を繰り返したため、シャルル・ペローの童話「青髯(la Barbe bleue)」のモデルになったとも言われます。もっともジルの容姿に関しては史料が全く無いそうで(註・上の肖像画は1835年)、本当に青々とした髭を湛えていたのかどうかはわかりません。彼はまたマンガやゲームにも、悪魔的なキャラクターとして登場するようです(↓)。

マンガやゲームのジルの容姿

なぜジルは、上記のように、ほとんど「狂気」とも言えるような悪行に走ったのでしょうか。小説家たちは、その原因をジャンヌの処刑に求めています。

たとえば、ミッシェル・トゥルニエ(Michel Tournier)の小説『聖女ジャンヌと悪魔ジル(Gilles et Jeanne)』では、ジルはジャンヌを「聖女」として崇拝しており、彼女が火刑になったことで絶望して、狂乱。外見がほとんど男の子のようだったジャンヌ(←いつも男装していた)のイメージを追い求めて、美少年たちを陵辱し続けるのです。

また、藤本ひとみさんの『ジャンヌ・ダルク暗殺』(文庫本タイトルは『聖女ジャンヌと娼婦ジャンヌ』)でも、ジルはジャンヌに対し友情と崇拝が交錯する奇妙な感情を抱いていて、彼女の処刑後に「復讐」を誓います。「神のいないこの世で、思うまま悪を行ってやる、それが復讐だ」と。

しかし調べてみると、歴史上ジルとジャンヌの実際の関係がどのようなものだったのかは、よくわかっていないようです。ジルはラ・トレモイユの指示でジャンヌを監視していたのか、絶対的な忠誠と献身があったのか、それともほとんど無関心だったのか。

ジャンヌ・ダルクとジル・ド・レについては、日本語で読める文献もたくさんあります。興味のある方は調べてみたらいかがでしょう。

-blog

執筆者:

関連記事

パンテオン

パンテオンなんか大嫌い! (Je déteste le Panthéon !)

こんにちは。バゲットです。 今年7月、厚生大臣や欧州議会議長を歴任し、アカデミー・フランセ-ズの会員でもあったシモーヌ・ヴェイユ(Simone Veil)が、パンテオン(Panthéon)に合祀されました。ヴェイユは「フランス人が最も敬愛する女性」(2010年の調査)として絶大な人気を誇った人物で、死後わずか1年という異例の早さだったこともあって、大きな話題になりました。 パンテオンは、フランス語の教科書でもしばしば紹介されている、パリで屈指の観光名所です。私も一度訪れたことがありますが、ルソーだったかゾラだったか(あるいは二人とも?)のお墓がひどく古びていて、墓石の角が欠けているのに、微妙な「無常観」を感じたことを覚えています(註)。 ・・・ということで、今回はパンテオンについて、ちょっと調べてみました。 パンテオンがあるのは、セーヌ川左岸のカルティエ・ラタン(Quartier latin)。18世紀の半ば、国王ルイ15世の命で、当初はパリの守護聖人・聖ジュヌヴィエーヴに捧げられた教会として建設が着手され、フランス革命真っ只中の1792年に完成しました。建物は新古典主義建築の傑作とされ、完成当時の憲法制定議会が、フランスの歴史に貢献した偉人たちを祀るために、転用することを決めました。 2018年現在で、過去の政府が合祀(panthéonisation)を決定した人物が81人、しかし実際にお墓があるのは74人だそうです。うち、作家・文学者は前述のルソー(Jean-Jacques Rousseau)とゾラ(Émile Zola)に加え、ヴォルテール(Voltaire)、ユゴー(Victor Hugo)、デュマ(Alexandre Dumas)、マルロー(André Malraux)の計6人がいます。 ミラボーやマラーのように一旦合祀されながらお墓が撤去された人、デカルトのように決定したのに墓が移されていない人もいるそうです。 ※      ※      ※ さて、私の勤務先のある大学では、キャンパスの真ん中に創立者の銅像が建っています。私はそれを見るたびに思います、「この人はこんな銅像にされてしまって、恥ずかしくないのだろうかw、まるでどっかの独裁者みたいじゃんww」と。 銅像と比べればずっとマシだとは思いますが、パンテオンに立派なお墓があるのも、一種の「神格化」であることに変わりはないでしょう。もちろん、本人の責任ではないわけですが。 サルトル(Jean-Paul Sartre)は自伝『言葉』の中で、ゾラの名前を挙げながら、パンテオンを揶揄するようなことを書いています。カミュ(Albert Camus)は、2009年、当時のサルコジ大統領がパンテオンへの合祀を検討しましたが、遺族の反対にあって実現しませんでした そのカミュのお墓(↑)は、南仏プロヴァンスの田舎村・ルールマランの共同墓地にあります。すごく小さなお墓で、見つけるのに苦労するそうです。「不条理(absurde)」を唱え、人間の生に意味は無いと考えていたカミュには、パンテオンのきらびやかで栄光に包まれた墓地よりも、こちらの方がずっとお似合いだと思います。 註・その後、2007年に改修工事がなされたそうで、現在の墓石は新しくなっています。ちなみに、ルソーの遺骨がパンテオンに移されたのは1794年、ゾラは1906年です。

フランスの祝日

フランスの祝日(Fêtes et jours fériés en France)

こんにちは。バゲットです。 日本は「国民の祝日」が年間16日もあって、世界で三番目に多い国だそうです。日曜日と重なったときの「振替休日」や、「祝日」に挟まれた平日を休日とする「国民の休日」も考慮すれば、順位はもっと上がるのかもしれません。 私が10代のころは年間11日~12日だったのですが、働き過ぎの是正とか観光業の振興とかいろいろあって、「祝日」の数はどんどん増えました。今のところ六月には一日もありませんから、近いうちにもう一日増えるのではないかと期待している方も、いらっしゃるのではないでしょうか。 では、フランスの「祝日(jours fériés)」事情は、どうなっているのでしょうか。 ウィキペディア・フランス語ヴァージョンの「フランスにおける祝祭日(Fêtes et jours fériés en France)」の項目によれば、フランスの祝祭日は年間に11日あります。「世俗祭(Fêtes civiles)」と「宗教祭(Fêtes religieuses)」に分類され、「世俗祭」は、「元旦(Jour de l’An=1月1日)」、「メーデー/労働の日(Fête du Travail=5月1日)」、「第二次世界大戦戦勝記念日(Fête de la Victoire=5月8日)」、「革命記念日(Fête nationale française=7月14日)」、「第一次世界大戦休戦記念日(Armistice=11月11日)」の5日です。 「元旦」は単に一年の始まりというだけですが、フランス革命で1日、世界大戦の終戦で2日と、歴史上極めて重要な日が祝日になっています。個人的に興味深いのが、「メーデー」。19世紀の末、アメリカの労働組合(後の「AFL/アメリカ労働総同盟」)が、一日8時間労働を求めてストライキを開始した日だそうで、現在ではOECD(経済協力開発機構、フランス語ではOCDE)加盟国のほとんどを含む、80以上の国で祝日になっているそうです。 一方、「宗教祭」は「復活祭の月曜日(Lundi de Pâques=移動祝日、18年は4月2日)」、「キリスト昇天祭(Ascension=移動祝日、同じく5月10日)」、「聖霊降臨祭の月曜日(Lundi de Pentecôte=移動祝日、同じく5月21日)」、「聖母被昇天祭(Assomption=8月15日)」、「諸聖人の祝日(Toussaint=11月1日)」、「クリスマス(Noël=12月25日)」の6日です。 当然、すべてがキリスト教の祭日です。お恥ずかしいことに私はかなり年齢を経るまで知らなかったのですが、イエス・キリストが刑死したのが金曜日で、復活したのが日曜日。それを祝うのが「復活祭」で、翌日が休日になるのですね。 ※      ※      ※ 以上のように、フランスの祝日はそのほとんどが、歴史的・宗教的に重要な意味を持った日です。ひるがえって、ここ日本では、「みどりの日」、「山の日」、「海の日」など、休日を増やすためだけに作ったとしか思えない祝日もありますし、「建国記念の日」(=紀元前660年、神武天皇が即位したとされる日)のように、「ちょっとヤバそうw」というか、国民の間で意見が分かれそうな祝日もあります。 まあ、日仏はそれぞれ異なった歴史と国内事情を抱えているわけで、「どちらが良い」という問題ではないわけですが、改めて「お国柄の違い」を感じますね。

たんぽぽ

たんぽぽと夜尿症(オネショ)(pissenlit/pisse en lit)

こんにちは。バゲットです。 ロバート・F・ヤングというアメリカのSF作家の作品で、「たんぽぽ娘(The dandelion girl/La fille aux cheveux d’or)」という短編小説があります。『SFマガジン』の「オールタイムベストSF」で海外短編部門8位に選ばれるなど、SFファンの間では知らない者のない名作です。調べてみると、竹宮恵子が漫画にしていますし、最近では「ビブリア古書堂の事件手帖」(剛力彩芽主演)でも紹介されていますから、そちらでご存知の方も多いと思います。 40代の妻帯者の弁護士が、避暑地の丘の上で、「風におどるたんぽぽ色の髪」の若い女性と出会う。彼女は240年後の未来から、父親が開発したタイムマシンでやって来たという。何度か逢瀬を重ねるうちに互いに恋に落ちるのだが、女性の父は病気で亡くなり、タイムマシンは消耗が激しい。「マシンはあと一度しか使えない」と言い残して、女性は去って行く。 翌日も、その翌日も、さらにその翌日も、彼女は来ない。2ヶ月ほどしたある日、ちょっとした切っ掛けで、主人公は、20年前、彼の妻が初めて彼の前に現われたときのことを思い出す(分かりますか?彼女はタイムマシンを使うのです)・・・。 中年男性が愛した若い女性は、実は彼の奥さまだったという、ロマンチックで心温まるお話です。 さて、「たんぽぽ」を意味するフランス語には、英語のdandelionに対応する「ダンドゥリヨン(dent-de-lion=ライオンの歯)」があって、花の形がライオンの歯に似ているためにそのように言うのですが、この語を使うことは「まれ」だということです。 通常、フランス語で「たんぽぽ」は「ピッサンリ(pissenlit)」。Pisse(小便)+en lit(ベッドの中で)、つまり「夜尿症(オネショ)」ですね。フランスなどヨーロッパでは、たんぽぽはサラダ用植物として一般に食されており、利尿作用があることから、この名前が来たそうです。ヨーロッパの先進国でも、大部分の国民に十分な食料が行き渡るようになったのは、ほんの百数十年前のことでしょう。それ以前は野に咲くたんぽぽも、貴重な食料の一つだったはず。たんぽぽをたくさん食べてオネショをする子供も、本当にいたのでしょう。 サラダにするときは、葉っぱも花も根も食べるそうで、根はコーヒーの代用にされたこともあるそうですが、フランス語には「たんぽぽの根をかじる(manger les pissenlis par la racine)」という言い回しもあります。「死んで埋葬されている」という意味で、日本語でも「草葉の陰」と言いますから、発想は似ていますね。 ※    ※      ※ というわけで、上で紹介した「たんぽぽ娘」、フランス語に直訳すると「オネショ娘」みたいな感じになっちゃいます。そんなタイトルでは、折角のロマンチックSFも台無しですね。

千と千尋

アニメでフランス語(apprendre le français avec des films d’animation)

こんにちは。バゲットです。 外国語を勉強する人にとって、その国で作られた映画を観ることは、その言語を実地で使ってみる最も簡単な機会の一つです。フランス語を勉強している人ならフランス映画を観て、英語ならアメリカ映画を観て、聞き取れるセリフがあれば嬉しいし、ときには「こんな場面でこんな風に言うんだ」と、目から鱗が落ちるような思いをすることもあります。 私も若い頃、フランス映画をフランス語学習の「教材」のように考えて、一生懸命に観ていたことがありました。そんなとき、親しい先輩からアドヴァイスを受けました、「勉強に使うなら、外国映画のフランス語吹き替えの方がよい」と。 確かに、フランス映画のセリフでは、若者言葉や俗語、汚い言い方など、私たち非ネイティヴが実際に使うことなどないような表現も出てきます。また、発音も訛りが強かったり、あるいは口の中でムニャムニャと話して、明瞭でないことも多いように思います。 それに対して外国映画のフランス語吹き替えでは、セリフは比較的きちんとした表現で、はっきりと発音されていて、実際に映画を観ると、明らかによく聞き取れます。やはり「勉強」に使うのなら、吹き替えの方が有用だという意見には、一理あると思います。 ※      ※      ※ そんなわけで、私はときどき、フランス語の「勉強」のために、スタジオジブリのアニメをフランス語ヴァージョンで観ています。 まず渋谷のツタヤで買ったのが、『紅の豚(Porco Rosso)』『千と千尋の神隠し(Le voyage de Chihiro)』『ハウルの動く城(Le château ambulant)』の三作。 他は日本で売っているDVDには英語(+日本語)ヴァージョンしか入っていないので、フランスのアマゾン(https://www.amazon.fr/)に注文。手に入れたのが『ルパン三世・カリオストロの城(Le château Cagliostro)』『風の谷のナウシカ(Naussicaä de la vallée du vent)』『天空の城ラピュタ(Le château dans le ciel)』『隣のトトロ(Mon voisin Totoro)』『魔女の宅急便(Kiki la petite sorcière)』『もののけ姫(Princesse Mononoké)』『崖の上のポニョ(Ponyo sur la falaise)』『コクリコ坂から(La Colline aux coquelicots)』の八点。ジブリ以外では『時をかける少女(La traversée du temps)』もゲットしました(註)。 で、ときどき(って、最近はサボリ気味ですが)観ているのですが、同じ「吹き替え」でも、作品によって聞き取りやすいものと聞き取りにくいものがあって、ちょっと驚きます。 比較的判りやすいのは、『魔女の宅急便』と『千と千尋』でしょうか。 『隣のトトロ』も、隣人のお婆さん(かなり発音にクセがある)以外は聞き取りやすいように思います。 日本で買ったものには日本語字幕がついているので、音声をフランス語、字幕を日本語にして観ることもできます。なお『紅の豚』の「豚」の声は、ジャン・レノです。 言うまでもありませんが、英語ヴァージョンを使えば、英語の勉強もできますね。 (註)フランスから個人輸入したものには、日本語字幕がありませんので、注文される方は注意してください。

ナポレオンの写真

彼の辞書に「不可能」という文字はあるか(Impossible est-il français ?)

こんにちは。バゲットです。 フランスの「英雄」といえば、ナポレオン・ボナパルト。ベートーヴェンの交響曲第3番『英雄』をめぐるエピソードも有名です(註)。 そして、ナポレオンの言葉といえば、「私の辞書に不可能という文字はない」。 私も小学生のとき、小学館の『小学〇年生』(何年生だったかは忘れましたが)で読んで、「何てカッコイイことを言う人がいるのだろう」と感嘆しました。そんなこともあって、一時は、「尊敬する人物は?」と聞かれるたびに、躊躇なく「ナポレオン!」と答えていましたが・・・ ナポレオン さて、その名言「私の辞書に不可能という文字はない」。大学の仏文科の学生だったとき、初めてフランス語の原文を知って、驚きました。 Impossible n’est pas français ! 直訳すれば、「不可能(という語)はフランス語ではない」です。日本で流布している訳文と、まるで違うじゃないですか!!! あるいは、これを上記のように訳した人のセンスが秀逸だった、と言うべきでしょうか。 その後、大学院生になって、この原文自体が、本当は少し違うということを知って、さらに驚きました。正確には Ce n’est pas possible, m’écrivez-vous ; cela n’est pas français. 「それは可能ではないと、あなたは私に書いている。だが、それ(=そんな言い方)はフランス語ではない」。ドイツ(プロシア)遠征の際、ある司令官から送られて来た手紙への、返信として書かれたということです。 ※       ※      ※ そうだとすれば、私たちが知っているあのセリフ(「私の辞書に不可能という文字はない」)は、本来は部下に対する叱咤激励の言葉だったわけです。「弱音を吐くな」「諦めるな」「最後まで頑張れ」みたいな。 あるいは、一歩進めて、自分や仲間達を鼓舞する言葉と解釈することもできるでしょう。 さらには、ナポレオンの信念の深さや決意を示すという見方もできる。「それがやらねばやらないことであるなら、どんなことでも私はやり遂げてみせる」と。 少なくても、彼の自信とか傲慢さを意味する言葉ではないですね。 註・伝えられるところでは、ベートーヴェンは交響曲第3番をナポレオンに捧げる意図で作曲した。しかし、その後、ナポレオンが皇帝に即位したことに激怒し、取りやめた、ということです。事実ではない、という説もあるようですが・・・

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。