サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog grammaire

どんなケーキが好きですか(Quels gâteaux aimez-vous ?)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

私が学生時代、住んでいたアパートの近くに、チーズケーキの美味しい喫茶店がありました。毎日、大学の図書館で閉館時間まで勉強し、帰宅する前によく寄ったものでした。後は帰ってお風呂に入って寝るだけという状況で、そのお店でコーヒーを飲みながら、甘酸っぱいチーズケーキを食べていると、「至福」と言ってもよい、すごく幸せな気分になったものでした。
その後、フランス留学を機会に私はブクブクと太ってしまい、帰国してからはダイエットのため、甘いものは極力控えるようになりました。好きだったチーズケーキも、もう25年くらい食べていないように思います。
先日、レコール・ド・フランセで教師のフランク(Franck)に、チーズケーキについて尋ねてみました。フランスでは「チーズケーキ=ガトー・オ・フロマージュ(gâteau au fromage)」は、あまり人気がないそうです。「個人的な印象」と前置きした上で話してくれたところでは、「ケーキ=ガトー」が与える「甘い(sucré)」イメージと、「チーズ=フロマージュ」の「しょっぱい(salé)」イメージが合わないのではないか、とのことでした。
※       ※      ※
さて、フランス語の勉強です。今回は、ケーキ等、スイーツの「フレーバー」あるいは「つけ合わせ」のお話。
たとえば「ガトー・ショコラ」はフランスのお菓子を代表するものの一つですが、フランス語では「ガトー・オ・ショコラ(gâteau au chocolat)」と、「オ(au)」が入ります。
ガトー・オ・ショコラ
この「オ(au)」は、前置詞の à と定冠詞の le とで「縮約」が生じたもので、ここで前置詞 à は「添加物、つけ合わせ(accompagnement)」を意味します。「フレーバー」と言ってもいいでしょう。要するに、「チョコレ-ト(chocolat)」を加えた「ケーキ(gâteau)」ですね。
スイーツの呼称で、à + 添加物を伴う言い方は他にもたくさんあります。例えば「イチゴのケーキ」だったら「ガトー・オ・フレーズ(gâteau aux fraises)」(auxは à + 定冠詞 les の縮約)、「イチゴ(fraises)」を加えた「ケーキ」。バニラアイスクリームは「グラ-ス・ア・ラ・バニーユ(glace à la vanille)」、「バニラ(vanille)」を加えた「アイスクリーム」です。
他にもオレンジシャーベットなら、「ソルベ・ア・ロランジュ(sorbet à l’orange)」、バナナパフェは「パルフェ・ア・ラ・バナンヌ(parfait à la banane)」。
日本語になっているものでは、カフェ・オ・レ(café au lait)は、「ミルク(lait)」を加えた「コーヒー」ですね。シュークリームも、フランス語では「シュウ・ア・ラ・クレーム(chou à la crème)」で、「クリーム(crème)」を加えた「キャベツ(chou)」。形がキャベツに似ているから、そのように言うそうです。
以上、スイーツに興味のある方は、覚えておくとよろしいかと思います。

-blog, grammaire

執筆者:

関連記事

プワソン・ダヴリル=四月の魚

エイプリルフールと四月の魚(le poisson d’avril)

こんにちは。バゲットです。 私は、自己意識のレベルではとても正直で誠実でウソなんかめったに言わない人間なのですが、反面、サーヴィス精神が旺盛なので、目の前にいる人を喜ばせようと、いつの間にか話が事実か …

大天使ミカエル

悪魔の尻尾を引っ張る(tirer le diable par la queue)

こんにちは。バゲットです。 私は収入の少ない、「恵まれない階層(classe défavorisée)」の人間なので、できるだけ質素に生活するよう努めています。特に食事や衣類等、日常の生活費は可能な限 …

ラタトゥイユ

ラタトゥイユを作る(faire de la ratatouille)

こんにちは。バゲットです。   数年前に初めて気づいたのですが、私は授業をしていて黒板に「100」という数字を書くとき、どういうわけか二つの「0」を同じ大きさで書くことができません。どんなに …

カトリーヌ・アルレー わらの女

わらの女(La femme de paille)

こんにちは。バゲットです。 皆さま、『わらの女(La femme de paille)』というミステリー小説をご存知ですか。 フランスの女性作家カトリーヌ・アルレーの作品で、週刊文春の『東西ミステリー …

男性名詞と女性

フランス語・男性名詞と女性名詞(les noms masculins et les noms féminins)(1)

こんにちは。バゲットです。 たまには趣向を変えて、今日はフランス語の文法について書きましょう。 多くの場合、フランス語の勉強を始めたばかりの方が、まず最初に戸惑うのは、名詞に「性」があることではないで …

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。